上茶谷大河の家族など経歴!東洋大学三人衆の進路は?血行障害の噂は本当?

この記事では東洋大学に在籍する上茶谷大河選手について取り上げたいと思います。上茶谷選手は梅津晃大選手、甲斐野央選手と共に東洋大学三人衆として注目された本格派投手です。2018年のドラフトでは即戦力の先発投手として多くの注目を浴びています。

そこで上茶谷選手のこれまでの経歴や進路の情報、気になる故障歴を紹介したいと思います。

上茶谷大河の出身高校や中学など経歴

プロフィール
名前:上茶谷大河
生年月日:1996年8月31日
年齢:
出身地:京都府京都市
血液型:B型
身長/体重:181㎝/85㎏
出身中学:京都市立衣笠中学校
出身高校:京都学園高等学校
出身大学:東洋大学
趣味・特技:ゲーム
ポジション:投手

上茶谷選手の両親が何をしているのかは不明でした。ただ上茶谷選手の父親は野球に厳しく、上茶谷選手を自宅のガレージで練習をさせていたそうです。そこからドラフト1位候補にまで上り詰めたのは素晴らしいですよね。

また上茶谷という名字は全国におよそ90人しかいない非常にマイナーなもので、京都府発祥のようです。上茶谷選手の実家はきっと長く京都府にいたに違いありません。

そんな上茶谷選手が野球を始めたのは小学1年生のときです。中学時代は京都府の強豪硬式野球チームである京都レッドベアーズで投手としてプレーしました。

京都学園へ進学後、上茶谷選手は2年生の春からエースナンバーを背負いますが甲子園出場はできませんでした。

東洋大学へ進学後も1年秋の2部リーグから登板しますが、上茶谷選手は3年までは勝ち星を挙げられません。しかし体重を増やして身体づくりをすることで東洋大学の先発1番手へ上りつめ、4年の春季リーグで6勝2敗をマーク、MVPと最優秀投手、ベストナインのタイトルに輝きます。

駒大相手の登板では東都大学野球記録となる1試合20奪三振を記録するなど、一気にその名を広めました。全国大会には2度出場しますが、いずれも低調な結果に終わっています。

リーグ通算では10勝を記録。1年生から勝利していたわけではありませんが通算防御率は2.13と非常に優秀で、ドラフト1位候補として注目されました。

そして2018年ドラフト会議では横浜DeNAベイスターズが外れドラフト1位で上茶谷選手の交渉権を獲得しました。

スポンサーリンク

上茶谷大河の血行障害や故障の噂!

上茶谷選手は大学3年まで目立った実績がなく、1年で急に成績を向上させてドラフト上位候補に名前を連ねました。その陰には身体づくりで体重を増やして最速を152キロにまで伸ばしたことが大きく関連しています。

しかし実は上茶谷選手は大学3年生まで故障に悩まされていました。最初に故障したのは高校2年生のときです。この故障の影響もあってか3年の夏は福知山成美を相手に8失点を喫して敗れています。

また上茶谷選手は右手中指の血行障害に悩まされ、大学2年の冬に手術を受けています。野球選手の血行障害は投手や捕手に多く、投手は特に指先に多く表れます。

血行障害は同じ動作を続けることで血管の流れが悪くなったり塞がってしまう病気です。症状としては冷えや痺れなどが挙げられ、正常な動作に悪影響を及ぼします。

プロ野球でも東京ヤクルトスワローズの館山昌平選手や読売ジャイアンツの杉内俊哉選手など名だたる選手が血行障害に悩まされています。特に杉内選手は血行障害の影響か、気温が下がる野外球場での試合でやや打ち込まれる場面が見られました。

上茶谷選手が入団する横浜DeNAベイスターズの本拠地は野外の横浜スタジアムです。そのため上茶谷選手も春先などはもしかしたら成績が振るわないかもしれません。

しかし血行障害の手術を受け春季リーグから一気にブレイクした選手なので、克服したとみていいでしょう。きちんとケアをしていれば再発も防げるので球団側の配慮にも期待したいところです。

スポンサーリンク

上茶谷大河の進路について!東洋大のほかの2人はどうなった?

先にご紹介したように、上茶谷大河選手は横浜DeNAベイスターズに1位指名を受けました。横浜は報徳学園の小園海斗選手を指名しましたが抽選を外し、外れ1位という形で上茶谷選手を指名しています。

横浜DeNAベイスターズは過去にも山崎康晃選手や今永昇太選手、東克樹選手など大学生即戦力を多く1位指名し、チームの戦力にしています。この流れに乗って上茶谷選手も1年目から先発として投げてくれると期待したいですね。

上茶谷選手の在籍している東洋大学には他にもドラフト候補がいます。同じ投手である梅津晃大選手、甲斐野央選手は上茶谷選手と同じく150キロオーバーのストレートを投げるドラフト上位候補です。特に甲斐野選手は最速159キロという素晴らしいストレートがあり、中継ぎの即戦力として注目されていました。

また東洋大学には野手としても強打の二塁手である中川圭太選手がいます。PL学園最後のOBとして注目されていました。

2018年ドラフト会議では、上茶谷選手が横浜の1位、梅津選手が中日ドラゴンズの2位、甲斐野選手が福岡ソフトバンクホークスの1位、そして中川選手がオリックスバファローズの7位で指名されました。今年のドラフトで東洋大学は大阪桐蔭高校に並ぶ、1校から4人指名となりました。

惜しくも甲斐野選手、中川選手はパ・リーグの球団に指名されましたが梅津選手は同じセ・リーグの中日へ指名されたのでもしかしたら対戦の機会もあるかもしれません。同じ大学の同級生対決が待ち遠しいですね。

この記事では安定感のある投球でドラフトまで上りつめた上茶谷大河選手についてこれまでの経歴や野球歴、気になる故障歴や進路についてご紹介しました。

大学生の中では屈指の好投手である上茶谷選手ですが、そのまま活躍できるほどプロは甘くありません。それでも制球力や安定感などは本物の投手なので大成を期待したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク