松本航の経歴や家族の情報!出身中学や高校は?ドラフト1位で西武ライオンズへ!

本記事では日本体育大学野球部に所属する松本航選手について紹介いたします。松本選手は150キロに迫る速球と完成度の高いピッチングを武器にチームのエースとしてだけではなく大学日本代表として日本の世界一に貢献するなど同年代でも実力派の選手として知られ、2018年のドラフト会議で西武ライオンズから1位指名を受けたプロからも注目の即戦力投手です。

そんな松本選手の気になる出身高校などの経歴やプロフィール、家族など、気になる情報を紹介します。

松本航の出身高校や中学など経歴

プロフィール
名前:松本航(まつもとわたる)
生年月日:1996年11月28日
年齢:
出身地:兵庫県朝来市
身長/体重:176cm/83kg
出身中学:朝来市立梁瀬中学校
出身高校:明石市立明石商業高等学校
出身大学:日本体育大学
趣味・特技:体が柔らかいこと
ポジション:投手

松本選手は兵庫県に生まれ、地元となる梁瀬少年野球クラブで野球を始めました。当初は内野手としてプレーしていましたが、途中から投手に転向すると中学も投手として活躍し高校は明石商業高校へと進学します。
明石商ではエースとして活躍し、甲子園への出場こそなりませんでしたがその潜在能力は高く評価され当時からドラフト候補として注目されました。

その後日本体育大学に進学すると1年生からリーグ戦に出場し続けて実力を伸ばし、2年生で早くも最優秀投手に輝くなど中心選手に成長。
特徴である150キロ超えのストレートは球速だけでなくノビが良いとされ、変化球も多彩でスタミナもあることから非常に投手としての完成度を評価され、プロ入り1年目から活躍できる逸材として大学日本代表にも選ばれました。

スポンサーリンク

松本航の投球術のルーツはスポーツ一家?クールな性格?

松本選手が育った家庭はスポーツ一家のようで、父親は野球を、母親はバレーやバスケットの経験があるそうです。
そんな家族のもとで育った松本選手は姉や妹と共に幼い頃から母に教えられたストレッチが日課になっており、その成果で指の関節が非常に柔らかくなっていることが多彩な変化球と伸びのあるストレートという松本選手の武器を支えているようです。
祖父からプレーに対するアドバイスを受けて実践するなどアマチュア球界では抜群の実力者となった今でも家族とのつながりは松本選手を支えているようです。

さらに松本選手はスポーツの技術に限らず普段の生活についての考え方も家族から受けた教えを守り、自分のやるべきことをやれば結果はついてくるとして練習に励んでいるようです。
子供の頃から無理に周りに合わせてふざけたりするようなタイプでもなく、練習の時も無理に限界までプレーせずコンディションに応じて力の入れ方を変えるなど調整能力も高いと言われていますが、そうした面や取材対応への冷静さからクールな印象を持たれているようです。

それでも必要な時には全力で努力し勝利をもたらすプレーでチームメートから厚く信頼されており、リーグ通算30勝という記録達成の要因は「松本選手を勝たせよう」と試合をしてくれたチームメートの力があったからだと本人も感謝のコメントをしています。

スポンサーリンク

一本釣りで1位指名の西武ライオンズ入団へ

2018年のドラフト会議では有名な高校生選手に人気が集まる中、12球団で唯一西武ライオンズがそうした競合を避けて松本選手をいわゆる「一本釣り」で指名しました。
有力な即戦力選手を確実に獲得したい場合に使われる戦略で、他の全ての選手の中で最も西武が高く評価していた選手ということを意味します。球団スカウトもドラフト前後に「どう見ても即戦力投手」と評価コメントしており、1年目から10勝以上を期待する声も挙がっています。

正式な契約はまだ行われていませんが、元々12球団OKの姿勢を明らかにしていたこともあり指名後には松本選手も「ホッとした」とコメントしており、球団からの指名あいさつにも「1年目から活躍できるように」と笑顔で活躍を誓うなど入団は間違いなく、規定上限の1億円レベルの契約金になると見込まれています。
アマチュアでの実績も十分な松本選手ですので、強力な打者が揃うパリーグでも十分に1年目から通用するピッチングが可能なのではないでしょうか。

ドラフト会議では甲子園のスターに注目が集まりがちですが、高校時代も甲子園出場が無かった松本選手が一本釣り1位指名されるというのはそれほどすぐにプロで通用する選手として評価されたという事になります。

プロの舞台でも持ち味である質の良いストレートを武器に活躍を期待しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク