辰己涼介の経歴を紹介!ビッグマウスって本当?気になる進路も!

この記事では立命館大学に所属する辰己涼介選手について取り上げたいと思います。辰己選手は抜群の身体能力を武器にした走攻守揃った外野手で、大学ナンバーワン野手として名高い選手です。特に野手が弱いチームは上位指名するだろうと言われていました。
この記事では辰己選手のこれまでの経歴や性格、気になる進路について紹介したいと思います。

辰己涼介の出身高校や中学など経歴

プロフィール
名前:辰己涼介
生年月日:1996年12月27日
年齢:
出身地:兵庫県神戸市
血液型:A型
身長/体重:172㎝/80㎏
出身中学:神戸市立有野中学校
出身高校:兵庫県立社高等学校
出身大学:立命館大学
趣味・特技:野球
ポジション: 外野手

辰己涼介選手の家族については残念ながらよく分かりませんでした。辰己選手がプロで活躍すれば、また情報が出てくるかもしれません。

辰己選手は小学1年生のときに野球を始めました。きっかけはテレビで巨人戦を見たことだそうです。中学では外野手のほかに投手、遊撃手としてもプレーしていました。

社高校進学後、辰己選手は1年の夏に本格的に外野手に転向し、またスイッチヒッターから左打ちに専念します。2年夏にはレフトで、秋からはセンターのレギュラーへ定着します。

高校3年の夏には大会優勝校となる神戸国際大学附属高校に敗れ、甲子園出場は叶いませんでした。高校通産本塁打は20本でした。

立命館大学進学後、辰己選手は1年春からリーグ戦へ出場します。センター兼ライトとして1年春から3割打つなどスタメンへ定着し、4年間で関西学生野球連盟記録にあと1本と並ぶ122安打を放ちました。

また2年次からは毎年国際大会に選ばれ、打率3割、本塁打も4本記録しています。大学の野球部や日本代表でも主将を務めるなどリーダーシップも発揮しています。

2018年のドラフト会議では辰己選手は即戦力外野手と注目され、最初に入札こそされませんでしたが外れ1位として東北楽天ゴールデンイーグルス、阪神タイガース、読売ジャイアンツ、福岡ソフトバンクホークスに指名され、楽天が交渉権を獲得しました。

スポンサーリンク

辰己涼介はビッグマウスで天然って本当?

辰己選手は抜群の身体能力と打撃技術で大学生ナンバーワン野手と言われていますが、実はそのビッグマウスさでも大学生ナンバーワンと言えるほどなのです。

大学入学時、辰己選手は目標として「2年生までに日本代表に選ばれる」ということを掲げました。辰己選手は目標通りに2年生から毎年日本代表に選ばれます。

ドラフト会議後のインタビューでも辰己選手は「自分より肩の強い選手は見たことない」、「トリプルスリーもできる」など、ビッグマウスを連発しています。

グラブに「野球バカ」と刺繍するほどの野球バカだそうなので、プロでも努力でビッグマウスを実現させる姿を見たいですね。

また辰己選手は天然で、生粋の関西人気質でもあると言われています。社高校時代も辰己選手はプロ志望があり、ドラフト会議では記者会見の用意をしていたそうなのですが、なんとプロ志望届を提出し忘れたために指名されなかったそうなのです。

加えて神戸出身で大学まで関西にいた辰己選手は生粋の関西人気質の持ち主。楽天が交渉権を獲得した際も「まずは楽天カードを作ります」と冗談を飛ばしていました。

プレーはもちろん、発言も個性豊かな辰己選手には要注目です。

スポンサーリンク

辰己涼介の進路について

辰己涼介選手は外れ1位ながら楽天、阪神、巨人、ソフトバンクの4球団で競合し、楽天が交渉権を獲得しました。

辰己選手は遠投125メートル、50メートル5秒7という高い身体能力とハマれば120メートルも飛ばす打撃力が魅力の選手です。

2018年の楽天は貧打に悩まされて最下位に終わっており、新任の石井一久GMも「一にも二にも、十二にも野手」と野手中心の指名を公言していました。

石井GMはドラフト1位に対しても「根尾を含む野手3人」から選ぶと発言しており、辰己選手はそのうちに入っていたものと思われます。

楽天の外野にはレギュラーの島内宏明選手、大ブレイクし、日米野球にも選ばれた田中和基選手などライバルは数多くいますが、「新人王を取る自信もある」と辰己選手は公言しています。

一軍のレギュラーに殴り込みをかける姿を見たいですね。

この記事では大学生ナンバーワン野手との呼び声も高い辰己涼介選手についてこれまでの経歴や野球歴、ビッグマウスとの噂、気になる進路について紹介しました。

辰己選手の身体能力はプロに混ぜても遜色なく、むしろ上位に行くものと思われます。ただ身体能力だけで成功できるほど、プロは甘くありません。

同じくドラフトで指名された小郷裕哉選手や、2015年にドラフト1位指名されたオコエ瑠偉選手など外野を争うライバルはたくさんいます。その中でスタメンを掴む辰己選手の姿をぜひ見たいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク