西純矢の出身中学など経歴と家族!ドラフト1位で阪神タイガースへ!

この記事では岡山・創志学園高校に所属する、西純矢選手について取り上げたいと思います。西選手は150キロ超えの速球と闘志あふれるプレーが魅力の、高校生投手です。

そんな西選手の出身中学など経歴や家族のことなど気になる情報を紹介します。

西純矢の出身中学など経歴

プロフィール
名前:西純矢(にし・じゅんや)
生年月日:2001年9月13日
年齢:
出身地:広島県広島市
血液型:O型
身長/体重:184cm/85kg
出身中学校:阿品台中学校
在籍高校:創志学園高校
ポジション:投手

一昨年に父親を亡くし、現在は母親と弟1人という家族構成の西選手は広島県広島市の出身です。

小学2年生から野球を始め、阿品台中学校時代には地元の「ヤングひろしま」というヤングリーグ所属チームで硬式野球をプレーしていました。

高校は甲子園出場経験のある岡山県の創志学園高校に進学、入学直後からベンチ入りします。

2年生の春からはエースとなり、同年夏の甲子園に出場します。

甲子園では初戦の長崎県代表・創成館高校戦で16個もの三振を奪う完封勝利を挙げ、注目を集めます。と同時に派手なガッツポーズで審判から注意を受けるという一幕もありました。

2回戦の山口県代表・下関国際高校戦では惜しくも4-5で敗れます。

3年生になってからは春夏とも甲子園出場はなりませんでしたが、西選手への高評価は変わらず、高校日本代表に選出されます。

韓国で行われたU-18ワールドカップ大会では投手としてはもちろん、打者としても活躍。南アフリカ戦では1試合2本塁打を放ち、大会の本塁打王を獲得しました。

ちなみに西選手の高校通算本塁打は、25本となっています。

西選手最大の評価ポイントは、最速154キロというストレートです。スライダー、フォークなどの変化球も投げますが、ストレートを中心とした強気のピッチングが魅力です。

西選手強気のピッチングの象徴が前述した「ガッツポーズ」です。

2年生夏の甲子園では初戦突破後、2回戦の試合前に「必要以上のガッツポーズはしないように」と球審から注意を受けました。

そのことが微妙に影響し、2回戦では本来のピッチングができずに敗退します。このことから「西選手にはメンタルに難あり」という評価がついてしまいました。

しかし、3年生になった西選手に昨年ほどのガッツポーズはなく、下級生のチームメートがエラーしても笑顔で励ますなど著しいメンタル面での成長の跡が見て取れました。

残念ながら甲子園に帰ってくることはありませんでしたが、それでも西選手に涙はなく、むしろ「この3年間は楽しかった」と微笑みながら振り返れるほどになっていました。

そんな西選手はマスコミ・ファンから岩手・大船渡高校の佐々木朗希、石川・星稜高校の奥川恭伸、そして横浜高校・及川雅貴各選手と並び「高校生BIG4」と呼び、ドラフト上位候補として注目を集める存在となっています。

スポンサーリンク

阪神の主力投手と遠縁の西選手。かつては4兄弟がプロ選手になった例があった?

西選手は阪神の主力投手・西勇輝選手と遠縁にあたるということでも話題を集めました。両選手の曽祖父同士が兄弟という関係だそうです。

プロ野球選手同士が親戚、あるいは兄弟でプロ野球選手、という例は数多くありますが、その中から2例紹介したいと思います。

まずは親戚ではありませんが、お隣さん同士がプロ選手になったという例です。

今シーズン、パ・リーグの最優秀防御率に輝いたオリックス・バファローズの山本由伸選手。

山本投手の実家の隣は、同じく2019年にオリックスにドラフト2位で入団した頓宮祐真選手の実家なのです。

頓宮選手のほうが2歳年上ということで、小さい時から一緒に遊んでいて仲良しだったという両選手。

幼なじみ2人がプロ選手になるだけでも凄いのに、同じチームに入団するとは、頓宮選手、山本選手ともよほど縁があるのでしょう。

両選手が並んでのヒーローインタビューも、そう遠くない未来に実現しそうです。

続いての例は、先ごろお亡くなりになられた400勝投手、金田正一さんのお話しです。

金田さんには留広選手という弟さんがいて、プロでも活躍されたということをご存知の方も多いと思います。1974年には兄正一監督率いるロッテオリオンズのエースとしてMVPを獲得しています。

その留広選手の他にもう2人の弟がプロ選手となっているのです。

1958年に金田高義選手、1960年には金田星雄選手が兄・正一選手が所属していた国鉄スワローズに入団しました。この2人の入団にはある事情が働いていました。

当時、弱小チームであったスワローズにあって孤軍奮闘していた正一投手。14年連続20勝を挙げ、球界のトッププレーヤーでした。

そんな正一選手は当然ながらしかるべき年俸を要求。しかし球団側はいくら成績がずば抜けているとはいえ、一人の選手だけ高額な年俸は払えないと拒否しました。

そこで妥協案として正一選手の弟たちを入団させ、契約金を支払うことにしたのです。

高義・星雄両選手とも一軍経験はなくすぐに引退しました。その後、星雄選手は歌手デビューを果たしています。

末弟である留広選手は、社会人野球で活躍し、ドラフト4位で東映フライヤーズに入団。トレードで兄のいるロッテへ、その後広島にも在籍。通算128勝、最多勝を2回も獲得した右腕でした。

スポンサーリンク

高校2年生時に躍動した甲子園を本拠地とする、阪神タイガースからドラフト1位指名!

2019年のドラフト会議、阪神は星稜・奥川投手を1位入札しましたが、抽選で東京ヤクルトスワローズに敗れました。阪神は2回目の1位入札に西選手を指名、見事交渉権を獲得しました。

広島県出身ということもあり、カープファンを公言していた西選手でしたが、阪神の指名に笑顔を見せ、喜びを表していました。

阪神としてもいわゆる「外れ1位」で西選手が競合するかと思いきや、単独指名となったので、してやったりといったところでしょうか。

このドラフトで阪神は2位に夏の甲子園を制した履正社高校の4番打者・井上広大選手、3位で西投手同様「BIG4」の一角を担っていた横浜高校の及川選手を指名。大成功のドラフトとなりました。

2019年、阪神投手陣で2ケタ勝利を挙げたのは西勇輝選手のみ、しかも10勝でした。

規定投球回に達したのも2人だけでした。それだけ救援陣がしっかりしていると言えなくもありませんが、やはり先発投手がある程度イニングを投げてくれなくては厳しいです。

加えてメッセンジャー選手が引退、藤浪晋太郎選手も復活の兆しが見えず、ますます苦しい阪神先発陣。

西選手がいきなりローテーションに入ることはないとは思われますが、近い将来にはエース級の働きが期待されます。

幸い、経験豊富な勇輝選手といういいお手本がいるのですから、西選手も勇輝選手に見習い、及川選手と切磋琢磨し、阪神のエースとして再び甲子園のマウンドで躍動する姿が見たいです!

この記事では西純矢選手の経歴など紹介して参りました。

一昨年、45歳という若さで亡くなられた西投手の父、雅和さんの命日は10月11日。その日はプロ野球ではシーズンやクライマックスシリーズで重要な試合を行うことが多い時期になります。

天国の父と共に戦う西純矢投手の雄姿を、10月11日の甲子園でぜひ見たいものです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク