奥川恭伸の経歴や家族の情報!出身中学は?卒業後はプロ志望が有力!

本記事では星稜高校に所属するプロ注目の右腕、奥川恭伸選手について紹介いたします。

奥川選手は高校生ながら150km/hを超える直球を繰り出すプロ注目の投手で、2年生から4季連続で甲子園出場を果たしている安定感抜群の選手です。

奥川恭伸の出身中学など経歴

プロフィール
名前:奥川恭伸(おくがわやすのぶ)
生年月日:2001年4月16日
年齢:18歳
出身地:石川県
身長/体重:183cm/82㎏
出身中学:かほく市立宇ノ気中学校
在籍高校:星稜高校
ポジション:投手

石川県で生まれた奥川選手。

9歳の頃に野球をはじめたキッカケは兄の影響だったそうですが、あっという間に才能を発揮しエースとして活躍。

かほく市立宇ノ気中学校では野球部に所属し、3年生の時にはエースとしてチームを全国制覇に導きました。

高校は石川県の名門である星稜高校に進学すると、ここでも1年生からベンチ入り。本格的に主力として投げ始めた1年秋以降も抜群の成績を残し2年生春の選抜大会に出場すると、そこから3年夏の甲子園まで地区大会ではほぼ負けなしの戦績で4季連続の甲子園出場を果たしています。

奥川選手は2001年生まれの選手の中でもズバ抜けた実力を持っており、同世代で特に注目の4人「高校ビッグ4」に数えられています。

このメンバーは奥川選手の他に大船渡高校の佐々木朗希選手に、創志学園の西純矢選手、そして横浜高校の及川雅貴選手。全員が最速150km/h超えを誇る超高校級の実力を持った4人ですが、この中で高校野球生活の集大成と言える3年夏の甲子園に辿り着いたのは実は奥川選手ただひとり。

どれだけの実力があっても安定して勝利することは難しい高校野球で、チームを4季連続の甲子園に導いている奥川選手と、彼のバックを守る星稜高校野球部の完成度の高さがうかがえる事実ではないでしょうか。

何と言っても奥川選手の安定感の源は高い奪三振率と四死球の少なさ。

どれだけ速いボールと鋭い変化球を投げても制球難では四球からピンチを招くことになり、球数が増えると疲労も蓄積します。

奥川選手は常に投げたイニング以上の三振を奪いながら四死球も少ないのが特徴で、3年夏の甲子園では初戦でいきなり153km/hの速球を披露しつつも94球の省エネ投球での完封劇を披露。

総合力・完成度ではビッグ4の中でもトップだと目されており、2年生の時点で年代別の日本代表にも選ばれるなどプロのスカウトから熱視線を集めています。

スポンサーリンク

奥川恭伸の実力を引き出すのは「相棒」山瀬慎之助

高校全体で見てもトップクラスの実力の持ち主である奥川選手。

そんな彼がなんと小学校4年生のころからバッテリーを組み続けている捕手が同じく星稜高校の山瀬慎之助選手です。

単純計算で小学校4年生から高校3年生までで既にコンビ歴は9年を数えており、山瀬選手も奥川選手の成長を間近で見続けてきたという自覚があるそうです。

山瀬選手は強肩強打の捕手として攻守両面で星稜高校を支える主将であり、小学校時代のチーム「宇ノ気ブルーサンダー」時代から良い時も悪い時も奥川投手を見守っています。

気心のしれた山瀬選手が受けてくれるというのも奥川選手の安定感の秘密なのかも知れません。

スポンサーリンク

奥川恭伸の進路はプロが有力!争奪戦間違いなしの実力と実績

最近は有力な高校生がプロを選ばず大学進学を経由するケースも増えていますが、奥川選手については実績も抜群で大きな怪我などの不安要素もないので2019年のドラフトに向けてプロ志望届を提出することが有力視されています。

夏の甲子園にも12球団やメジャーのスカウトが視察に訪れており、打者としても非凡なセンスはありますがやはりドラフトでは投手として複数球団から1位指名されること間違いなしでしょう。

ちなみに奥川選手は好きな選手に上原浩治選手や田中将大選手の名前を挙げていますが、あくまで憧れの選手としてであって特に意中の球団がある訳ではないようです。

過去の星稜高校卒の選手を見ても直接のプロ入りが多く特定の球団の指名もありませんでしたので、12球団OKでドラフトに臨むと予想されます。

今回は星稜高校野球部に所属するプロ注目の右腕、奥川恭伸選手について出身中学校などの経歴や進路予想について紹介して参りました。

第101回夏の高校野球で頂点を目指して今まさに力投を続ける奥川選手。この夏の投球と、そしてこれからの野球人生に期待せずにはいられません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク