作新学院の甲子園優勝回数と通算成績!同校出身プロ野球選手も紹介!

この記事では栃木県の野球の名門校である作新学院について取り上げたいと思います。作新学院は栃木県内唯一の甲子園優勝経験のある高校です。

そんな作新学院の甲子園の出場回数・優勝回数と通算成績を紹介いたします。さらに作新学院出身のプロ野球選手の紹介に加え学校の基本情報と野球部の歴史についてもお伝えしたいと思いますのでどうぞお楽しみに。

作新学院の甲子園優勝回数及び出場回数と通算成績

ここでは作新学院の甲子園における通算成績を紹介したいと思います。合わせて甲子園優勝回数と出場回数についてもご紹介します。

選抜大会(春の甲子園)

■出場回数・・・・・10回
(1961~1962、1971、1973、1977、1979、2000、2004、2012、2017)

■優勝回数・・・・・1回
(1962)

□準優勝回数・・・・0回

■通算成績・・・・・12勝9敗(※勝率57%)

選手権大会(夏の甲子園)

■出場回数・・・・・14回
(1958、1962、1964、1973、1978、2009、2011~2018)

■優勝回数・・・・・2回
(1962、2016)

□準優勝回数・・・・0回

■通算成績・・・・・25勝12敗(※勝率68%)

春夏合わせて

最後に春夏合わせての数字も書いておこうと思います。

■出場回数・・・・・24回
■優勝回数・・・・・3回
□準優勝回数・・・・0回
■通算成績・・・・・37勝21敗(※勝率64%)

スポンサーリンク

作新学院出身のプロ野球選手一覧

<1943年度生まれ>
■島野育夫・・・・(元中日ドラゴンズ→南海ホークス→阪神タイガース)
1944年3月30日生 175cm/85kg 右投右打 外野手

<1944年度生まれ>
■高山忠克・・・・(元ヤクルトアトムズ→阪神タイガース)
1944年5月18日生 177cm/79kg 右投右打 外野手

■加藤斌・・・・・(元中日ドラゴンズ)
1944年5月21日生 180cm/74kg 右投右打 投手

■中野孝征・・・・(元ヤクルトアトムズ)
1944年6月14日生 171cm/73kg 右投右打 内野手

■八木沢荘六・・・(元ロッテオリオンズ)
1944年12月1日生 172cm/75kg 右投右打 投手

<1947年度生まれ>
■岩崎良夫・・・・(元広島東洋カープ)
1947年5月9日生 173cm/68kg 右投右打 内野手

<1955年度生まれ>
■江川卓・・・・・(元阪神タイガース→読売ジャイアンツ)
1955年5月25日生 183cm/90kg 右投右打 投手

■大橋康延・・・・(元横浜大洋ホエールズ)
1955年10月8日生 180cm/90kg 右投右打 投手

<1957年度生まれ>
■平川洋幸・・・・(元横浜大洋ホエールズ)
1957年9月3日生 183cm/82kg 左投左打 内野手

<1969年度生まれ>
■落合英二・・・・(元中日ドラゴンズ)
1969年7月25日生 178cm/84kg 右投右打 投手

<1971年度生まれ>
■渡辺秀一・・・・(元福岡ダイエーホークス)
1971年7月13日生 180cm/73kg 右投右打 投手

<1974年度生まれ>
■柳沼強・・・・・(元千葉ロッテマリーンズ)
1974年5月15日生 180cm/73kg 右投右打 捕手

<1984年度生まれ>
■岡田幸文・・・・(千葉ロッテマリーンズ)
1984年7月6日生 177cm/70kg 左投左打 外野手

<1987年度生まれ>
■寺田哲也・・・・(元東京ヤクルトスワローズ)
1987年4月2日生 183cm/92kg 右投右打 投手

■笹沼明広・・・・(元福岡ソフトバンクホークス)
1987年7月17日生 183cm/81kg 右投右打 捕手

<1991年度生まれ>
■松崎啄也・・・・(元読売ジャイアンツ)
1992年1月20日生 174cm/90kg 右投右打 捕手、一塁手

<1994年度生まれ>
■石井一成・・・・(北海道日本ハムファイターズ)
1994年5月6日生 180cm/77kg 右投左打 遊撃手

<1998年度生まれ>
■今井達也・・・・(埼玉西武ライオンズ)
1998年5月9日生 180cm/70kg 右投右打 投手

スポンサーリンク

作新学院の基本情報と野球部の歴史

基本情報
校名:作新学院高等学校
旧校名:下野英学校→私立尋常中学作新館→下野中学校→作新館高等女学校→作新学院高等部
国公私立の別:私立学校
設置者:学校法人作新学院
設立年月日:1885年(明治18年)
創立者:船田兵吾
共学・別学:男女共学
所在地:320-8525 栃木県宇都宮市一の沢1-1-41 
電話番号:028-648-1811

野球部の歴史

作新学院高校の野球部は1902年(明治35年)に創部されました。1958年の選手権大会でこの時はベスト4まで勝ち上がりました。甲子園初優勝は1962年の選抜大会でした。また同年の選手権大会も制し史上初となる甲子園春夏連覇を成し遂げました。
それからしばらく甲子園優勝から遠ざかりますが2016年の選手権大会で後に埼玉西武ライオンズからドラフトで1位指名され同球団に所属することになる今井達也投手を擁し通算3度目となる甲子園優勝を果たしました。

※最終更新日 2018年11月3日

スポンサーリンク
スポンサーリンク