常総学院の甲子園優勝回数と通算成績!同校出身プロ野球選手も紹介!

この記事では茨城県の野球の名門校である常総学院について取り上げたいと思います。茨城県内には甲子園で優勝したことがある高校が2校存在します。その内の1校が常総学院です。
ちなみにもう1校は取手二なのですが優勝回数で見ると常総学院が取手二を上回っているので常総学院は県内一番の強豪とも言えます。

そんな常総学院の甲子園の出場回数・優勝回数と通算成績を紹介いたします。さらに常総学院出身のプロ野球選手の紹介に加え学校の基本情報と野球部の歴史についてもお伝えしたいと思いますのでどうぞお楽しみに。

常総学院の甲子園優勝回数及び出場回数と通算成績

ここでは常総学院の甲子園における通算成績を紹介したいと思います。合わせて甲子園優勝回数と出場回数についてもご紹介します。

選抜大会(春の甲子園)

■出場回数・・・・・9回
(1987、1993~1994、1998、2001、2005、2013、2015~2016)

■優勝回数・・・・・1回
(2001)

□準優勝回数・・・・1回
(1994)

■通算成績・・・・・13勝8敗(※勝率62%)

選手権大会(夏の甲子園)

■出場回数・・・・・16回
(1987~1989、1992~1993、1998、2001~2003、2006~2009、2012~2013、2016)

■優勝回数・・・・・1回
(2003)

□準優勝回数・・・・1回
(1987)

■通算成績・・・・・28勝15敗(※勝率65%)

春夏合わせて

最後に春夏合わせての数字も書いておこうと思います。

■出場回数・・・・・25回
■優勝回数・・・・・2回
□準優勝回数・・・・2回
■通算成績・・・・・41勝23敗(※勝率64%)

スポンサーリンク

常総学院出身のプロ野球選手一覧

<1988年卒業>
■島田直也・・・・(元日本ハム→横浜→ヤクルト→大阪近鉄バファローズ)
1970年3月17日 175cm/78kg 右投右打 投手

<1989年卒業>
■仁志敏久・・・・(元読売ジャイアンツ→横浜ベイスターズ)
1971年10月4日 171cm/80kg 右投右打 二塁手、三塁手

<1994年卒業>
■金子誠・・・・・(元北海道日本ハムファイターズ)
1975年11月8日 185cm/84kg 右投右打 遊撃手、二塁手

<2003年卒業>
■横川史学・・・・(元東北楽天ゴールデンイーグルス→読売ジャイアンツ)
1984年12月3日 186cm/90kg 右投左打 外野手、一塁手

■大崎雄太朗・・・(元埼玉西武ライオンズ)
1984年10月18日 169cm/79kg 右投左打 外野手

<2004年卒業>
■坂克彦・・・・・(元大阪近鉄バファローズ→東北楽天ゴールデンイーグルス→阪神タイガース)
1985年9月6日 180cm/84kg 右投左打 内野手、外野手

<2007年卒業>
■小池翔大・・・・(元千葉ロッテマリーンズ)
1988年6月24日 183cm/86kg 右投右打 捕手

<2008年卒業>
■清原大貴・・・・(元阪神タイガース)
1989年6月11日 180cm/70kg 右投右打 投手

<2009年卒業>
■飯田大祐・・・・(オリックス・バファローズ)
1990年9月19日 181cm/85kg 右投右打 捕手

<2014年卒業>
■内田靖人・・・・(東北楽天ゴールデンイーグルス)
1995年5月30日 185cm/86kg 右投右打 三塁手、一塁手

スポンサーリンク

常総学院の基本情報と野球部の歴史

基本情報
校名:常総学院高等学校
旧校名:常総学院中学校
国公私立の別:私立学校
設置者:学校法人常総学院
設立年月日:1905年10月1日
創立者:渡辺嘉重
共学・別学:男女共学
中高一貫教育:併設型
所在地:300-0849 茨城県土浦市中村西根1010番地
電話番号:029-842-8771

野球部の歴史

常総学院高校の野球部は学校創立と同じ1983年(昭和58年)に創部されました。甲子園初出場は1987年の選抜大会でこの時は残念ながら初戦敗退でした。
甲子園初勝利は同年に出場した選手権大会でこの時は初勝利の勢いに乗って決勝まで進み敗れはしたものの準優勝と大健闘しました。
甲子園初優勝は2001年の選抜大会でその後2003年には選手権大会も制しました。

※最終更新日 2018年11月4日

スポンサーリンク
スポンサーリンク