万波中正の経歴や家族の情報!出身中学は?ドラフト4位で日本ハムへ!

本記事では横浜高校野球部に所属し、2018年のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから4位指名を受けた万波中正選手について紹介いたします。
万波選手は名門横浜高校で主軸として活躍した選手で、その恵まれた体格と身体能力の高さはプロの世界でも屈指とされる潜在能力を秘めた素材です。

万波中正の出身中学など経歴

プロフィール
名前:万波中正(まんなみちゅうせい)
生年月日:2000年4月7日
年齢:18歳
出身地:東京都練馬区
身長/体重:190cm/90㎏
出身中学:練馬区立開進第二中学校
出身高校:横浜高校
趣味・特技:砲丸投げ
ポジション:外野手・投手

万波選手は東京都練馬区の出身。小学校で野球を始めましたが、当時からかなり背が高く小学校6年生で既に170cm後半という体格でホームランを量産していたというエピソードが知られています。その規格外のパワーで中学時代に所属していた東練馬シニアでも活躍し全国大会ベスト4に貢献しました。

神奈川県でも有数の名門校である横浜高校に進学すると1年生からベンチ入りし甲子園にも出場。中学校から続けている投手でもコンスタントに140km/h台を連発するパワーピッチャーでありながら、高校では俊足強肩という高い身体能力を生かして主に外野手としてプレーし、高校通算で40発のホームランを放ちました。ドラフトを控えた3年生のシーズンでは一時不調に陥りベンチ外という時期も経験しましたが、努力の末再びスタメンを勝ち取りました。

万波選手の魅力は何と言っても190cm90kgという体格から繰り出される圧巻のパワーで、金属バットを使用しているとはいえプロが使用する球場でバックスクリーンへホームランを打ちこむ姿は衝撃的です。まだまだ荒削りな面もありますが、高校から始めた外野守備も日に日に上達しており、将来は球界を代表する外野手へ成長する可能性を秘めています。

スポンサーリンク

万波中正は父親がコンゴ出身で、日本とコンゴのハーフ。身体能力は父譲り?

万波選手は一見すると外国籍の選手のようにも思われますが、実は父親のウィリーさんがアフリカにあるコンゴという国の出身で、母親は日本人。つまりコンゴと日本のハーフという事になります。

万波選手は中学校時代に野球はシニアリーグでプレーし学校では陸上部に所属していましたが、そんな二足のわらじで取り組んでいた砲丸投げでもなんとと大会で優勝してしまう程の実力の持ち主でした。

ちなみに万波選手にはお姉さんがいて、彼女も中学高校と陸上部で活躍していたようです。やはり万波選手の身体能力は父親のウィリーさん譲りなのかもしれません。

スポンサーリンク

万波中正の進路はプロ野球!ドラフト4位指名で日本ハムと契約!

万波選手は高校入学直後からプロ注目の素材として注目を集めました。3年生で一時ベンチを外れるなど不振に陥った事でドラフト会議以前は育成での指名もあるのではないかと予想もありましたが、2018年のドラフト会議では北海道日本ハムファイターズがドラフト4位と高卒野手としては高評価の順位で指名しました。

11月12日には契約金3500万円、年俸520万円という条件で仮契約を済ませ、プロ野球選手としての第一歩を踏み出しました。万波選手も常々目標としてプロを掲げていたため、念願のプロ入りとなり、活躍を目指してプロ入りまでに更なる肉体改造に努めているようです。
また、プロとしての心構えとして「ファンに喜ばれる選手になりたい」と積極的なファンサービスにも意欲を見せています。

今回は北海道日本ハムファイターズからドラフト4位で指名され入団を決定した横浜高校の万波中正選手について紹介いたしました。超素材型とも呼ばれる潜在能力に溢れた万波選手ですが、日本ハムは育成が上手い球団としても知られているので非常に良いチームに入ったのではないでしょうか。

いずれ球界を代表するようなスラッガーに成長し、日本ハムの新球場でホームランを放つ姿が今から楽しみな選手です。

スポンサーリンク