野村大樹の家族など経歴!早大進学への噂は?気になる進路も紹介!

この記事では早稲田実業学校へ通う野村大樹選手について取り上げたいと思います。2年生のころにあの清宮幸太郎選手のあとの4番打者としてプレーしていたスラッガーです。高校球界屈指のスラッガーとしてドラフト候補へ名前を連ねました。

今回は野村選手のこれまでの経歴や野球歴、早稲田大学への進学の噂、そして気になる進路についても紹介します。

野村大樹の出身中学など経歴

プロフィール
名前:野村大樹
生年月日:2000年9月10日
年齢:
出身地:兵庫県宝塚市
血液型:不明
身長/体重:172㎝/81㎏
出身中学:同志社中学校
出身高校:早稲田大学系属早稲田実業学校高等部
趣味・特技:不明
ポジション:三塁手、捕手

野村大樹選手の家族構成については調べても分かりませんでした。ただ野村選手の父親は大手企業の会社役員を務めていると言われています。

野村選手の父親は大変厳しく、野村選手に「文武両道」、勉強もしっかりしなさいと説いていたそうです。 野村選手は父親の言葉に応えて偏差値69の同志社中学校へ通い、大学進学も視野に入る早稲田実業へ入学しました。野村選手の偏差値はなんと70と言われています。

そんな野村選手が野球を始めたのは6歳のときです。阪神甲子園球場で阪神タイガースの試合を見たことがきっかけだそうです。

中学では全国区の強豪である枚方ボーイズへ所属します。枚方ボーイズには同学年に同じくドラフト候補である藤原恭大選手や小園海斗選手がいます。しかし中学2年生のときに大阪福島シニアへ所属を変えました。

野村選手は2015年のU-15に出場するなど、当時からその才能を発揮していました。

早稲田実業進学後、野村選手は1年の夏から4番・三塁のレギュラーを獲得します。2年の春には甲子園デビューを果たし2試合で打率.556を記録します。

2年生の5月からチーム事情として捕手に回り、秋からはキャプテンも務めます。3年夏からは三塁に復帰しますが、甲子園出場はなりませんでした。

野村選手は2年生のときまで清宮選手の後の4番を打ち、高校生屈指の強打者である清宮選手が勝負を避けられることを防いでいたと言われています。野村選手の高校通産本塁打は68本となりました。

2018年のドラフト会議では福岡ソフトバンクホークスが野村選手をドラフト3位で指名し、交渉権を獲得しました。

スポンサーリンク

野村大樹に早大進学の噂があったって本当?

野村大樹選手は右のスラッガーとして2018年の高校生の中では抜きんでた存在でした。何よりあの清宮選手の後を打った打者と言うのは話題性抜群です。

しかしドラフト前の報道ではそこまで大きく扱われていませんでした。

野村選手は一度しか甲子園に出たことがなく、3年の夏も逃しました。何度も出ている大阪桐蔭の選手や吉田輝星選手と比べて扱いは小さくなってしまうのは仕方がないかもしれません。

ですが野村選手の扱いが小さかったのは、実は早稲田大学への進学が濃厚だと思われていたからというのもあるのです。

早稲田実業は早稲田大学の系列であり、推薦で早稲田大学へ進学ができます。野球部も多くの部員がそのまま早稲田大学野球部へ入部します。

例えば北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹選手も早稲田実業から早稲田大学へ進んでいます。野村選手の代でも早稲田実業の好投手として注目された雪山幹太選手は早稲田大学への進学が噂されています。

野村選手も長くプロ志望を表明しておらず、前年に清宮選手がプロ入りしたこともあって早稲田大学への進学が決まっていると思われていました。

しかし野村選手は誕生日である9月10日にプロ志望届を提出しています。野村選手は10回も家族会議を重ねたうえでプロへの挑戦を決意したそうで、かなり悩んでいたようです。

進学も噂ではなく、実際に選択肢としてはあったのではないかと思います。野村選手のプロ志望届提出は、少なからず話題となりました。

スポンサーリンク

野村大樹の進路はどうなる?

野村大樹選手は福岡ソフトバンクホークスからドラフト3位で指名されました。

ホークスは早稲田実業の大先輩である王貞治氏が会長を務めており、野村選手の指名検討をする記事も出ていました。そのため順当にホークスへ指名される形となりました。

ホークスは柳田悠岐選手や松田宣浩選手など球界を代表する強打者を輩出するなど育成には定評のある球団です。また野村選手が主に守る三塁のレギュラーは35歳の松田選手であり、世代交代もそろそろ考えなければいけません。

松田選手の後継者として攻守にその能力を発揮することが期待されます。まずはシーズン中に一軍に昇格することが野村選手の2019年の目標となるでしょう。

この記事では早稲田実業で1年生から4番を務めた天才打者である野村大樹選手のこれまでの野球歴や経歴、早大進学の噂、気になる進路について紹介しました。

野村選手は率と長打を両立した打撃が魅力の選手です。すぐに大活躍とはいかないかもしれませんが、プロでもその高いセンスを武器に分厚い選手層のホークスで台頭してほしいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク