東海大甲府の甲子園優勝回数と通算成績!同校出身プロ野球選手も紹介!

この記事では山梨県の野球の名門校である東海大甲府について取り上げたいと思います。東海大甲府はご存知の通り東海大系列の高校で、同じ東海大系列の高校には神奈川の東海大相模や東京の東海大菅生など全国レベルの強豪がいますが東海大甲府も甲子園に良く顔を見せる強豪です。

そんな東海大甲府の甲子園の出場回数・優勝回数と通算成績を紹介いたします。さらに東海大甲府出身のプロ野球選手の紹介に加え学校の基本情報と野球部の歴史についてもお伝えしたいと思いますのでどうぞお楽しみに。

東海大甲府の甲子園優勝回数及び出場回数と通算成績

ここでは東海大甲府の甲子園における通算成績を紹介したいと思います。合わせて甲子園優勝回数と出場回数についてもご紹介します。

選抜大会(春の甲子園)

■出場回数・・・・・5回
(1987~1988、1990~1991、2016)

■優勝回数・・・・・0回

□準優勝回数・・・・0回

■通算成績・・・・・8勝5敗(※勝率62%)

選手権大会(夏の甲子園)

■出場回数・・・・・13回
(1981~1982、1984~1988、1992、2003~2004、2012、2014~2015)

■優勝回数・・・・・0回

□準優勝回数・・・・0回

■通算成績・・・・・20勝13敗(※勝率61%)

春夏合わせて

最後に春夏合わせての数字も書いておこうと思います。

■出場回数・・・・・18回
■優勝回数・・・・・0回
□準優勝回数・・・・0回
■通算成績・・・・・28勝18敗(※勝率61%)

スポンサーリンク

東海大甲府出身のプロ野球選手一覧

<1966年度生まれ>
■四條稔・・・・・(元読売ジャイアンツ→オリックス・ブルーウェーブ→横浜ベイスターズ)
1966年9月27日生 183cm/84kg 左投左打 一塁手、外野手

<1968年度生まれ>
■山根善伸・・・・(元横浜ベイスターズ)
1968年12月18日生 173cm/86kg 右投右打 捕手

<1969年度生まれ>
■久慈照嘉・・・・(元阪神タイガース→阪神タイガース→中日ドラゴンズ→阪神タイガース)
1969年4月19日生 169cm/75kg 右投左打 遊撃手、二塁手

<1970年度生まれ>
■山口幸勇・・・・(元横浜ベイスターズ)
1970年4月24日生 182cm/82kg 右投右打 外野手

<1972年度生まれ>
■榎康弘・・・・・(元千葉ロッテマリーンズ→読売ジャイアンツ→千葉ロッテマリーンズ)
1972年5月22日生 180cm/83kg 右投右打 投手

<1973年度生まれ>
■萩原淳・・・・・(元オリックス・バファローズ→北海道日本ハム→東京ヤクルト)
1973年8月20日生 182cm/88kg 右投右打 内野手, 投手

<1977年度生まれ>
■箕田卓哉・・・・(元日本ハムファイターズ)
1977年11月2日生 180cm/80kg 右投右打 外野手

<1986年度生まれ>
■仲澤広基・・・・(元読売ジャイアンツ→東北楽天ゴールデンイーグルス)
1987年1月22日生 182cm/82kg 右投右打 内野手

<1987年度生まれ>
■村中恭兵・・・・(東京ヤクルトスワローズ)
1987年10月25日生 188cm/88kg 左投左打 投手

<1993年度生まれ>
高橋周平・・・・(中日ドラゴンズ)
1994年1月18日生 180cm/85kg 右投左打 三塁手、二塁手

<1995年度生まれ>
■渡邉諒・・・・・(北海道日本ハムファイターズ)
1995年4月30日生 178cm/79kg 右投右打 内野手

<プロフィール不明>
■五島長登志・・・(元プロ野球選手)

■金子歩・・・・・(元プロ野球選手)

スポンサーリンク

東海大甲府の基本情報と野球部の歴史

基本情報
校名:東海大学付属甲府高等学校
旧校名: 山梨商業高等学校、東洋大学第三高等学校、東海甲府高等学校、東海大学甲府高等学校
国公私立の別:私立学校
設置者:学校法人東海大学甲府学園
設立年月日:1957年
創立者:石部栄永
共学・別学:男女共学
所在地:400-0063 山梨県甲府市金竹町1-1
電話番号:055-227-1111

野球部の歴史

東海大甲府高校の野球部は1958年に創部されました。初の甲子園出場は1981年の選手権大会でこの時は残念ながら初戦敗退でした。東海大甲府の甲子園最高成績は春夏ともにベスト4となっています。

※最終更新日 2018年11月24日

スポンサーリンク
スポンサーリンク