春日部共栄の甲子園優勝回数と通算成績!同校出身プロ野球選手も紹介!

この記事では埼玉県の野球の名門校である春日部共栄高校について取り上げたいと思います。2019年1月に監督による部員への体罰が発覚し野球部に逆風が吹いていますが同年春に開催される選抜高校野球大会への選出はほぼ間違いないと見られています。

そんな春日部共栄の甲子園の出場回数・優勝回数と通算成績を紹介いたします。さらに春日部共栄出身のプロ野球選手の紹介に加え学校の基本情報と野球部の歴史についてもお伝えしたいと思いますのでどうぞお楽しみに。

春日部共栄の甲子園優勝回数及び出場回数と通算成績

ここでは春日部共栄の甲子園における通算成績を紹介したいと思います。合わせて甲子園優勝回数と出場回数についてもご紹介します。

選抜大会(春の甲子園)

■出場回数・・・・・2回
(1991、1997)

■優勝回数・・・・・0回

□準優勝回数・・・・0回

■通算成績・・・・・3勝2敗(※勝率60%)

選手権大会(夏の甲子園)

■出場回数・・・・・5回
(1991、1993、1997、2005、2014)

■優勝回数・・・・・0回

□準優勝回数・・・・1回
(1993)

■通算成績・・・・・7勝5敗(※勝率58%)

春夏合わせて

最後に春夏合わせての数字も書いておこうと思います。

■出場回数・・・・・7回
■優勝回数・・・・・0回
□準優勝回数・・・・1回
■通算成績・・・・・10勝7敗(※勝率59%)

スポンサーリンク

春日部共栄出身のプロ野球選手一覧

<1965年度生まれ>
■平塚克洋・・・・(元横浜ベイスターズ→オリックス・ブルーウェーブ→阪神→埼玉西武)
1966年1月29日生 182cm/84kg 右投右打 外野手、一塁手

<1973年度生まれ>
■城石憲之・・・・(元日本ハムファイターズ→東京ヤクルトスワローズ)
1973年4月17日生 183cm/74kg 右投右打 二塁手、遊撃手、三塁手

<1974年度生まれ>
■橿渕聡・・・・・(元ヤクルトスワローズ)
1974年9月22日生 183cm/80kg 右投右打 外野手

<1976年度生まれ>
■土肥義弘・・・・(元西武ライオンズ→横浜ベイスターズ→埼玉西武ライオンズ)
1976年9月1日生 177cm/86kg 左投左打 投手

■本柳和也・・・・(元オリックス・バファローズ)
1976年11月5日生 172cm/65kg 右投右打 投手

<1978年度生まれ>
■小林宏之・・・・(元埼玉西武ライオンズ)
1978年6月4日生 185cm/85kg 右投右打 投手

<1982年度生まれ>
■中里篤史・・・・(元中日ドラゴンズ→読売ジャイアンツ)
1982年9月12日生 185cm/85kg 右投左打 投手

<1985年度生まれ>
■古川祐樹・・・・(元読売ジャイアンツ)
1985年4月5日生 168cm/67kg 左投左打 投手

<1987年度生まれ>
■靍岡賢二郎・・・(元横浜DeNAベイスターズ)
1987年7月7日生 178cm/87kg 右投右打 捕手

<1988年度生まれ>
■大竹秀義・・・・(元読売ジャイアンツ)
1988年7月26日生 180cm/85kg 右投右打 投手

<1989年度生まれ>
■斉藤彰吾・・・・(埼玉西武ライオンズ)
1989年5月14日生 178cm/80kg 左投左打 外野手

<1991年度生まれ>
■中村勝・・・・・(北海道日本ハムファイターズ)
1991年12月11日生 184cm/83kg 右投右打 投手

スポンサーリンク

春日部共栄の基本情報と野球部の歴史

基本情報
校名:春日部共栄中学高等学校
国公私立の別:私立学校
設置者:学校法人共栄学園
設立年月日:1980年
共学・別学:男女共学
中高一貫教育:併設型(外部混合無)
所在地:344-0037 春日部市上大増新田213
電話番号:048-737-7611

野球部の歴史

春日部共栄高校の野球部は学校創立と同じ1980年(昭和55年)に創部されました。甲子園初出場は1991年の選抜大会でこの時は甲子園初勝利を飾ったものの2回戦で敗退しました。甲子園3回目の出場となった1993年の選手権大会では決勝まで勝ち進み最後は敗れたものの準優勝という好成績を残しました。
なおこの時の準優勝が春日部共栄の甲子園における最高成績となっています。
ちなみ選抜大会だけに限定すれば1997年のベスト8が最高成績となっています。

※最終更新日 2019年1月21日

スポンサーリンク
スポンサーリンク