及川雅貴の経歴や家族の情報!出身中学は?卒業後はプロ志望が有力!

本記事では横浜高校に所属するプロ注目の左腕、及川雅貴選手について紹介いたします。
及川選手は180cmを超える長身と長い腕を生かして投げ込む150km/h超えの直球と鋭いスライダーを武器に神奈川の名門である横浜高校のエース投手として活躍する高校生です。

及川雅貴の出身中学など経歴

プロフィール
名前:及川雅貴(およかわまさき)
生年月日:2001年4月18日
年齢:
出身地:千葉県匝瑳市
身長/体重:182cm/74㎏
出身中学:匝瑳市立八日市場第二中学校
出身高校:横浜高校
ポジション:投手

及川選手は千葉県の匝瑳(そうさ)市に生まれ、地元の須賀小学校のスポーツ少年団で野球を始めました。
千葉ロッテマリーンズジュニアに選抜されるなど当時から優秀な選手で、中学校に進学すると匝瑳リトルシニアに所属し快速左腕として鳴らしました。

U-15年代の日本代表にも選出されワールドカップでは最優秀選手を獲得するなどスーパー中学生として知られていました。

神奈川県の名門である横浜高校に進学した及川選手は1年生からベンチ入りし甲子園にも出場。さらに2年生では上級生の板川投手と共にWエースとして150km/h超の球速をマークするなど早くも2019年秋のドラフト候補としてプロからも注目される存在となっています。

3年生卒業後のセンバツの予選大会ではチームの中心選手として活躍しています。

U-15日本代表にも選ばれるなど投手として活躍していた及川投手ですが、その名を全国に広めるキッカケとなったのはテレビ番組。

有力な中学生がプロ野球選手と対戦するという企画に世界大会の最優秀選手として参加した及川選手はプロ野球選手を次々と打ち取り、特に現在中日ドラゴンズに所属する平田良介選手からは鋭いスライダーで空振りさせると自慢のストレートで完全にタイミングで上回り空振り三振を奪いました。

当時から身長は180cm以上ありましたが球速は最速140km/h程度で、今では高校入学後の体づくりで体重も増え球速がアップしているのでプロが即戦力級として注目するのも頷ける実績です。

スポンサーリンク

珍しい名字で「オヨヨ」の愛称で親しまれる及川選手

及川選手は字こそよく見る名字ですが読み「およかわ」であり、非常に珍しい読み方です。

これは及川選手の出身である千葉県の匝瑳方面での特徴的な名字であり、チームメイトからもそこを取って「オヨヨ」というあだ名で親しまれているようです。

投手は自己中心的な性格の方が向いているとされることもありますが、及川投手は横浜高校の投手では歴代最速のストレートを誇りながらインタビューなどでも自分のことを「安定感がない」「完成度が低い」と語るなど非常に謙虚かつ自分を客観視できる性格のようです。

指導者からも真面目な性格を高く評価されているので、チームメイトも気軽に名前をモジったあだ名で呼びやすいのかもしれません。

スポンサーリンク

及川雅貴の進路はプロが有力!12球団OKで争奪戦も

最近は有力な高校生がプロを選ばず大学進学を経由するケースも増えていますが、及川選手はかねてからプロを目指すと公言しています。

中学生時代に日本代表へ選出された際のインタビューには好きな球団について「ジャイアンツ」と回答しており、憧れの選手に同じ左腕で当時巨人に所属していた内海哲也投手を挙げています。

ただ及川選手の視察にはほぼ全球団のスカウトが訪れており、横浜高校卒の選手を多く獲得している横浜DeNAベイスターズや北海道日本ハムファイターズも争奪戦に加わることが予想されます。

及川選手本人もこれまでに特定の希望球団は口にしておらず、プロ入りを第一の目標として横浜高校へ入学しているためこのまま成長を続け12球団OKのドラフト候補となれば1位指名競合も必至です。

今回は横浜高校野球部に所属する及川雅貴選手について紹介いたしました。左腕で150km/hを超える速球というのはプロでも数少ない存在で、及川選手のポテンシャルの高さが伺えます。
17歳とまだまだ伸びしろも豊富であり、今後のさらなる成長に期待せずにはいられません。


スポンサーリンク