根尾昂の経歴や家族!プロで二刀流?医学部進学?ストイック過ぎるエピソードも!

本記事では大阪桐蔭高校に通うプロ注目のドラフト候補、根尾昂選手について紹介いたします。根尾選手は高校野球の名門大阪桐蔭高校で投手兼内野手として活躍しており、中心選手として同校の史上初となる2度目の春夏連覇にも大きく貢献しました。

今回はそんな投手としても野手としてもプロから注目を浴びる根尾選手の家族などのプロフィール、そして気になる進路に関する情報まで紹介いたします。

根尾昂の出身中学など経歴

プロフィール
名前:根尾昂(ねおあきら)
生年月日:2000年4月19日
年齢:
出身地:岐阜県飛騨市
血液型:O型
身長/体重:177cm/75㎏
出身中学:飛騨市立古川中学校
出身高校:大阪桐蔭高等学校
趣味・特技:スキー
ポジション:投手、遊撃手、外野手

根尾選手は岐阜県で生まれ、兄の影響から小学校の頃に地元で野球を始めました。当時から優れた運動神経で活躍していたという根尾選手は中学校でも硬式野球クラブで野球を続ける一方で、スキーでも全国大会優勝という成績を残しスキー界でも将来有望な選手として期待されていました。

オリンピックも視野に入る状況でありながら、それでも野球選手としての道を選択し、高いレベルでプレーしたいとして大阪の名門である大阪桐蔭高校へと進学しました。

大阪桐蔭高校では全国から有望な実力者があつまる高校で10年ぶりとなる1年生でのベンチ入りを果たすと、翌年の春の甲子園から3年の夏まで4季連続で甲子園に出場し投打に渡って好プレーを連発しました。
特に3年生では史上初となる2度目の春夏連覇に副主将しょうとして貢献し、高校日本代表として海外の舞台にも立ちました。

チームでは打ってはクリーンナップ、守っては内野の要であるショート、投げても最速150km/hオーバーという抜きんでた実力で二刀流として活躍し、日本代表では強肩を生かして外野も守るなどバイプレイヤーぶりで話題を呼んでおり、2018年のドラフト会議では複数球団が1位指名で競合間違いなしの逸材とされています。

スポンサーリンク

根尾昂は大阪桐蔭史上最もストイックな選手

大阪桐蔭と言えば甲子園常連の超名門校で、西谷浩一監督が実際にその目で確かめた選手たちを各地からスカウトしている、全国の有望株が集まる高校として知られています。卒業後にプロ入りした選手が非常に多く、しかもプロでも活躍しているケースが目立つことから単純な中学時代の実力だけでなく野球に取り組む姿勢も大阪桐蔭に入るためには必要だと言われています。

そんな中でも根尾選手は歴代でも群を抜いてストイックな選手と言われており、両親が医者で姉が看護師、兄が医学部在学中という一家で英才教育を受け中学の頃から学業の成績も抜群。高校でも野球部としてハードな練習をこなしながら学年トップクラスの成績を維持しています。その頭脳は野球にも生かされていて、練習内容についてまとめたノートの内容があまりに細かくて監督を驚かせたそうです。

とにかく勉強と野球に全ての時間を費やしているので、一般的な高校生が興味を持ちがちな流行りの音楽やアイドルについても全く興味がないとコメントしており、あまりのストイックぶりからチームメートや監督からも根尾「さん」と呼ばれているというエピソードも知られています。

スポンサーリンク

プロか医学部?根尾昂の進路予想

プロからは1位指名での競合間違いなしと言われており本人もプロ志望届を提出しているため進路としてはプロ入りが有力視されていますが、投手としてのプロ入りになるのか野手としてのプロ入りになるのかはまだ不透明な部分です。根尾選手としても投打両方でプロの世界で勝負してみたいという意向を表明しており、プロで二刀流に挑戦するかどうかも注目のポイントです。

また、プロ志望届を提出してから進学するというケースも過去には例があり、万が一指名された球団との条件交渉で折り合いがつかなかった場合は入団拒否からの大学進学と言う可能性も残されています。元々根尾選手は進路を大学進学として考えていたらしく、今ほどプロから注目されなかった場合は家族と同様に医学部へ進む意向だったそうです。

今回はプロ注目のドラフト候補である大阪桐蔭高校の根尾昂選手について紹介いたしました。現在メジャーリーグで活躍する大谷翔平選手のような二刀流として活躍するのか、それともどちらかに絞るのか、今後に非常に注目が集まります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク