小園海斗の経歴や家族!出身中学は?ドラフト1位で広島東洋カープへ!

本記事では報徳学園高校野球部に所属し、2018年のドラフト会議で4球団競合の末、広島東洋カープから1位指名を受けた小園海斗選手について紹介いたします。小園選手は既にプロレベルと称賛される華麗なショート守備と俊足巧打のバッティングで攻守にわたって活躍する内野手で、チームを2018年夏の甲子園準々決勝まで導きました。

そんな小園選手の出身中学や家族、経歴など気になる情報を紹介します。

小園海斗の出身中学など経歴

プロフィール
名前:小園海斗(こぞのかいと)
生年月日:2000年6月7日
年齢:
出身地:兵庫県宝塚市
身長/体重:178cm/79㎏
出身中学:宝塚市立光ガ丘中学校
出身高校:報徳学園高等学校
趣味・特技:遠投(110m)
ポジション:内野手(主に遊撃手)

小園選手は兵庫県宝塚市の出身で、ヤクルトスワローズの山田哲人選手も所属していた宝塚リトルリーグで宝塚市立逆瀬台小学校の頃から硬式野球を始めると、中学校は地元の宝塚市立光ガ丘中学校へ進学しながら大阪の名門であるオール枚方ボーイズへ所属し、中学生の全日本に選ばれるなど、この頃から既に注目を集める選手でした。

兵庫県の名門で甲子園常連校の報徳学園に進学すると、1年生の時から抜群の能力でトップバッターとしてスタメンに定着し、2度の甲子園出場に貢献しました。2年生から2年連続で高校日本代表に選ばれるなどその実力は非常に高く評価されており、特に50m走5秒8の俊足と遠投110mの強肩を生かした守備に関してはプロのスカウトが「プロの一軍に出ている選手より上手い」と評するほど。

打撃でもバットコントロールに優れており、国際大会では木製バットへの対応へ苦しむ選手もいる中でホームランを放つなどまさに三拍子そろった選手です。本人も目標として小学校時代のチームの先輩でありトリプルスリーを達成している山田哲人選手を挙げています。

スポンサーリンク

小園海斗の母は元なでしこ!ロッテ入団の藤原恭太とは家族ぐるみの付き合い?

先ほど紹介したように小園選手は俊足強肩と野球センスだけでなく身体能力も優れていますが、実はお母さんが女子サッカーの元日本代表だそうです。
小園選手の運動能力は現在の女子リーグの前進となるLリーグで中盤の選手としてプレイしていたアスリートの母譲りなんですね。

ちなみに小園選手は子供の頃から野球一筋を貫いていますが、お母さんのこずえさんはやはりサッカー選手に育てたかったようです。

そんな小園選手は中学校時代に所属していたオール枚方ボーイズは大阪の名門チームであり、数々の有力選手が所属していました。その時のチームメートの中でもロッテが1位で交渉権を獲得した大阪桐蔭高校の藤原恭大選手とは家族ぐるみの付き合いがあるほどの仲良しで、進学した高校は違えども同じメーカーの同じ色のグラブを使うなど未だに繋がりは健在のようで、日本代表ではチームメートとして再会しています。

今後はプロの舞台でもライバル関係が注目されます。

スポンサーリンク

4球団競合の1位指名!小園選手の進路は広島東洋カープ!

既にアマチュアトップクラスの守備力を持っており、内野の要のショートを長期に渡って任せられるとして2018年のドラフト会議では1位指名でカープ、ソフトバンク、DeNA、オリックスの4球団が競合。これは大阪桐蔭高校の根尾昂選手と同数で最多タイであり、同じく大阪桐蔭の藤原選手も3球団競合というドラフトになりました。
抽選の末、当たりクジを引き当てたカープが交渉権を獲得しており、小園選手も特に希望球団はなく「ホッとしている」というコメントをしており入団に至ると見られています。

高卒の野手が1年目から活躍するケースは稀ですが、小園選手自身は高校時代からプロを意識して肉体改造に着手しており体重も入学当初増えて80kg前後になるなど既に十分な体格を維持しています。
守備力を始めとした野球センスは誰もが認めるところであり、普通の高卒選手が取り組む体づくりの期間がそれほど必要ない小園選手ならルーキーイヤーからの活躍も可能なのではないでしょうか。

今回は広島東洋カープが1位指名で交渉権を獲得した報徳学園の小園海斗選手について紹介いたしました。カープは育成が上手い球団としても知られており同期の選手も多数指名されているので小園選手にとっては非常に良い環境でプロ生活をスタートできるのではないでしょうか。今後の活躍に期待しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク