井上広大の経歴や家族!出身中学は?ドラフト2位で阪神へ!

本記事では履正社高校野球部に所属し、2019年のドラフト会議で阪神タイガースから2位指名を受けた井上広大選手について紹介いたします。

井上選手は2019年の夏の甲子園で全国優勝を達成した大阪の履正社高校で全試合四番に座り快進撃を支えたスラッガーであり、高校通算49本塁打の長打力を備えた将来性豊かな外野手です。

井上広大の出身中学など経歴

プロフィール
名前:井上広大(いのうえこうた)
生年月日:2001年8月12日
年齢:
出身地:大阪府大東市
身長/体重:187cm/95㎏
出身中学:大東市立南郷中学校
在籍高校:履正社高校
趣味・特技:読書
ポジション:外野手

大阪府で生まれた井上選手。小学校の頃は野球ではなくソフトボールをプレーしていましたが、当時から恵まれた体格を生かして長打を放つ選手だったようです。

その後地元の中学校に進学するとシニアチームに入り捕手として活躍し、高校は現ヤクルトの山田哲人選手らプロを何人も輩出している名門である大阪の履正社高校へと進学しました。

高校でもそのパワーは注目され1年からベンチ入りを果たしましたが、大阪府内では大阪桐蔭高校が一時代を築いたこともあり2年生までは全国区の活躍は無く、井上選手自身も怪我でリハビリも経験しました。

3年生春には選抜高校野球で甲子園に出場するも、初戦で超高校級投手の星稜高校・奥川投手の前に完敗を喫しました。

しかしこの敗戦から奮起した井上選手は打撃に更に磨きをかけて夏の予選で遂に大阪桐蔭高校を破り夏の甲子園に出場すると、各チームの好投手を次々と打ち破る快進撃を披露。

そして決勝戦では春の再戦となる星稜高校との対戦になりましたが、ここでも井上選手が決勝の3ランホームランを奥川投手から放ち令和最初の甲子園で優勝を果たしました。

井上選手の魅力はやはりその長打力で、身長187cmと大きな体を柔らかく使った豪快なスイングで3年夏の大阪予選では3試合連続本塁打を放つなど四番打者としての勝負強さも兼ね備えています。

元捕手という強肩も持ち味で、外野手としてもじゅうぶんに動ける選手です。

スポンサーリンク

井上広大は母と弟の3人家族

井上選手は幼いころから母親の貴美さんと8つ年下の弟の3人家族で育ちました。

年齢が離れていることもあって、母親が忙しい時には弟を迎えに行くなど井上選手は優しくて献身的なお兄ちゃんという側面も持っているそうです。

母親も女手ひとつで井上選手と弟さんを懸命に育ててくれ、井上選手もそれに感謝して高校時代に打ったホームランボールは全て母親にプレゼントしています。

母の貴美さんは3年春の甲子園で敗戦して弱気になっていた井上選手に「それなら野球を辞めたら?」と母親らしく厳しさと愛情ある激励を送ったそうで、井上選手もそれが奮起のキッカケになったと語っています。

スポンサーリンク

井上広大の進路は阪神!ドラフト2位指名で再び甲子園へ

3年夏で一躍評価を挙げてプロ注目となった井上広大。ドラフト前には11球団から調査書が届き井上選手も12球団OKの姿勢と報道されていました。

結果、2019年のドラフト会議では地元球団でもある阪神タイガースから2巡目指名を受けてプロへの扉を開きました。

3年夏には甲子園で3本塁打を放ち優勝しており、井上選手も「必ずプロになってここに帰って来るから」と土は持って帰りませんでしたが、その甲子園を本拠地とするチームに指名をされました。

指名後には既にプロでの活躍に向けたコメントもあり、入団は間違いないでしょう。

プロと高校生での違いに木製バットと金属バットの違いがあり、この差とプロの変化球への対応に苦労する高校生野手も少なくありません。
しかし、井上選手の所属する履正社高校野球部は普段の練習から木製バットでの打撃を取り入れています。

井上選手は甲子園で奥川投手の変化球を特大ホームランにするなど変化球への対応能力も優れた選手とされているので、プロでの活躍に注目が集まります。

今回は阪神タイガースが2位指名で交渉権を獲得した履正社高校の井上広大選手について紹介いたしました。

甲子園のスターであり待望の地元から生え抜き長距離砲として高い期待がかかる井上選手。プロの舞台でも豪快なアーチに期待しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク