吉田輝星の家族など経歴!進学の噂があったって本当?あのポーズの秘密も紹介!

この記事では秋田県立金足農業高等学校に通う吉田輝星選手について取り上げたいと思います。夏の甲子園で「金足旋風」を巻き起こし、秋田県の好投手から高校ナンバーワンにまで上り詰めた投手です。
今回はそんな吉田選手の進路について進学の噂があったこと、トレードマークとなったポーズについてご紹介します。

吉田輝星の出身中学など経歴

プロフィール
名前:吉田輝星
生年月日:2001年1月12日
年齢:
出身地:秋田県秋田市
血液型:O型
身長/体重:176㎝/81㎏
出身中学:潟上市立天王中学校
出身高校:秋田県立金足農業高等学校
趣味・特技:カラオケ
ポジション:投手

吉田選手の家族構成は両親と弟です。父親の正樹さんは会社員で、吉田選手と同じく金足農業野球部に所属していました。2年生と3年生の夏の大会で秋田県大会の決勝まで進んだそうです。

現在は父母会長をされているそうなので、自分の果たせなかった夢を息子が叶えてくれて嬉しかったに違いありません。

吉田選手の弟・大輝くんは小学5年生で、吉田選手と同じく野球をしているそうです。100キロのストレートを投げられるらしく、これは軟式でプレーする小学生としては破格の記録です。近い将来、吉田選手のように甲子園で活躍する大輝くんの姿も見られるかもしれません。

吉田選手は小学1年生のときから父親や祖父とキャッチボールを始め、小学3年生のときに少年野球チームへ入りました。中学へ進学後も野球部に所属し、3年生の夏には秋田県大会でベスト4に入り、潟上市の中学選抜にも選ばれています。

金足農業へ進学後、吉田選手は1年夏からベンチ入りをし、秋からエースになっています。猛特訓を重ねてストレートの球速を上げ、2年生の夏には金足農業を10年ぶりとなる秋田県大会決勝へ導きます。

しかし山口航輝選手を擁する明桜高校に敗れ、甲子園への出場はできませんでした。2年の冬には長靴を履いてランニングに励むなど吉田選手はスタミナ面とストレートの球威を強化しました。

そして3年春の秋田県大会では全試合に登板して優勝、東北大会でもベスト8に入りました。続く3年夏の大会でも吉田選手は全試合に先発し、前年に敗れた明桜を下して甲子園への進出を決めています。

夏の甲子園でも吉田選手は1回戦の鹿児島実業戦で14奪三振完投、2回戦の大垣日大戦では13奪三振完投、3回戦の横浜高校戦では14奪三振完投と三振の山を築き、横浜高校戦では自身で本塁打を放つ活躍をしました。

準々決勝の近江高校戦ではチームメイトが劇的なツーランスクイズを決めて勝利、準決勝の日大三高も下して第1回大会以来103年ぶりとなる秋田県勢の決勝進出を決めるなど、吉田選手が中心となって「金農旋風」を巻き起こしました。

決勝の大阪桐蔭戦ではこれまでひとりで投げ切ってきた疲労からか打ち込まれ、途中で打川選手に投手を交代してしまいますが吉田選手は高校ナンバーワン投手としての評価を確かなものとしました。

U-18のアジア大会でも吉田選手は登板した韓国戦、台湾戦で失点するなど本調子からはほど遠いものでした。ただ期間を空けて行われた秋の国民体育大会では事実上の決勝戦となる常葉大菊川戦に登板し、6回を無失点に抑えます。自己最速となる152キロを記録するなど完全復活を印象づけました。

スポンサーリンク

吉田輝星の「侍ポーズ」の秘密とは

そのピッチングもさることながら、吉田選手には話題になったことがもうひとつあります。それは「侍ポーズ」というルーティンです。

初回のマウンドに上がる前に片膝を突いて刀を抜くように右腕をセンターへ掲げ、9回に刀を収めるように腕を下ろすという動作は、吉田選手が毎試合完投していたのもあり、大きな話題となりました。

吉田選手だけでなく、甲子園ではセンターを守る大友朝陽選手も「侍仲間」として侍ポーズに応え、高野連から自粛を求めるよう要請されました。しかし決勝の大阪桐蔭戦でも侍ポーズを披露し、U-18でもセンターを守る藤原恭大選手と侍ポーズを見せるなど、かなり浸透しているようです。

吉田選手はこの「侍ポーズ」についてゲームが由来だと語っていました。侍が出てくるゲームだから、テレビゲームか何かだろうと思って調べていたのですが、実はこの由来となったゲームは「チンチ○侍」という飲み会で遊ぶゲームなんだそうです。

「チンチ○侍」には「シャキーン」と「びろーん」の2種類があるそうですが、「びろーん」は流石に球場では披露できないと考えたのかもしれませんグローブに刀を抜いたり収めたりする際の「シャキーン」という言葉を刺繍するなどかなりお気に入りのようです。

プロでも「侍ポーズ」は続けてくれるのか、楽しみにしたいですね。

スポンサーリンク

吉田輝星の進路予想!進学の噂があったって本当?

甲子園で一躍有名になった吉田選手が次に話題になるのは、やはり進路をどうするかです。吉田選手については、東北楽天ゴールデンイーグルスの石井一久ゼネラルマネージャーが8月27日に行った自身の就任記者会見で「仙台の駅に立ち寄っていただければ」とラブコールを送るなどプロも注目しています。

しかし準優勝に終わった後も吉田選手は進路をU-18、国体後に決める、と明らかにしませんでした。あれだけ甲子園で好投したのにプロ志望を明言しなかったため、実は進学が既に内定しているのではないかという噂が流れたのです。

吉田選手は八戸学院大学野球部の正村公弘監督から熱心に指導を受けていました。この関係から八戸学院大学への進学が決まっているのではないか、あるいは吉田選手本人が進学へ気持ちが傾いているのではないかと囁かれていたのです。

ただ国体が終わった後、吉田選手はプロ志望届を提出しました。吉田選手は会見を開き、12球団どこでもOKと発言しています。現在では11球団から調査票が届いているらしく、どこが指名するのか非常に楽しみです。

現在吉田選手を指名するのではないか、と考えられているのは読売ジャイアンツと東北楽天ゴールデンイーグルスです。巨人は新たなスター候補として、楽天は地元東北のスター選手として吉田選手をマークしているようです。

特に楽天は佐藤由規選手、菊池雄星選手、大谷翔平選手と東北出身のスター選手を逃し続けているので、特に強いこだわりを持っているのではないでしょうか。

またその大谷翔平選手を始め斎藤佑樹選手や清宮幸太郎選手など毎年話題になる選手を狙う北海道日本ハムファイターズも、根尾昂選手と同様に吉田選手を狙う可能性があります。

もちろんそれ以外の球団も吉田選手を指名する可能性はあるかと思います。ドラフト会議当日が楽しみですね。

この記事では人気、実力ともに高校ナンバーワン投手となった吉田輝星選手についてこれまでの経歴や野球歴、「侍ポーズ」の秘密、そして進路予想について紹介しました。

150キロを超える速球と、鋭い変化球、俊敏な守備と投手に必要なものをすべて兼ね備えた吉田選手はプロでも間違いなく活躍できる選手です。そのうえスター性も備えています。

それだけに今年のドラフト会議では根尾選手に次ぐ目玉として注目されています。どこが交渉権を獲得するのかは分かりませんが、新しいステージで快投する吉田選手をぜひまた見たいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク