仙台育英の甲子園優勝回数と通算成績!同校出身プロ野球選手も紹介!

この記事では宮城県の野球の名門校である仙台育英について取り上げたいと思います。仙台育英は宮城県にとどまらず東北を代表する強豪といっても過言ではありません。「優勝旗が白河の関を越えたことがない」なんて言葉を良く聞くかもしれませんが、実は東北勢は今まで甲子園で優勝したことがありません。(※ただし北海道は優勝したことがあります。)
もし東北勢が優勝する日が来るのだとすればそれは仙台育英の可能性が高いような気が個人的にはしています。

そんな仙台育英の甲子園の出場回数・優勝回数と通算成績を紹介いたします。さらに仙台育英出身のプロ野球選手の紹介と学校の基本情報と野球部の歴史についてもお伝えしたいと思いますのでどうぞお楽しみに。

仙台育英の甲子園優勝回数及び出場回数と通算成績

ここでは仙台育英の甲子園における通算成績を紹介したいと思います。合わせて甲子園優勝回数と出場回数についてもご紹介します。

選抜大会(春の甲子園)

■出場回数・・・・・12回
(1968、1975、1989、1991、1992、1995、1998、2001、2007、2013、2015、2017)

■優勝回数・・・・・0回

□準優勝回数・・・・1回
(2001)

■通算成績・・・・・12勝12敗(※勝率50%)

選手権大会(夏の甲子園)

■出場回数・・・・・27回
(1963、1964、1973、1975、1977、1978、1981、1986、1989、1990、1992、1994、1995、1996、1997 、1999、2000、2001、2006、2007、2008、2010、2012、2013、2015、2017 、2018)

■優勝回数・・・・・0回

□準優勝回数・・・・2回
(1989、2015)

■通算成績・・・・・33勝27敗(※勝率55%)

春夏合わせて

最後に春夏合わせての数字も書いておこうと思います。

■出場回数・・・・・39回
■優勝回数・・・・・0回
□準優勝回数・・・・3回
■通算成績・・・・・45勝39敗(※勝率54%)

仙台育英は甲子園で優勝こそないものの準優勝を3回もしています。しかも敗れたとはいえ決勝の舞台では3度とも接戦でした。勝負は時の運とも言いますのでいずれは優勝できると思います。

スポンサーリンク

仙台育英出身のプロ野球選手一覧

<1945年度生まれ>
■山本多聞・・・・(元南海)
1945年7月20日生 176cm/74kg 左投左打 外野手

<1946年度生まれ>
■倉橋寛・・・・・(元南海ホークス→大洋ホエールズ)
1946年6月2日生 172cm/66kg 右投右打 投手

<1947年度生まれ>
■石崎一夫・・・・(元大洋ホエールズ)
1947年6月2日生 180cm/73kg 右投右打 内野手

■加藤俊夫・・・・(元東映フライヤーズ→日拓ホームフライヤーズ→日本ハムファイターズ→横浜大洋ホエールズ)
1948年1月20日生 178cm/85kg 右投右打 捕手・内野手

<1949年度生まれ>
■渡辺勉・・・・・(元阪急ブレーブス)
1949年4月25日生 172cm/75kg 右投右打 内野手

<1951年度生まれ>
■関東孝雄・・・・(元中日ドラゴンズ)
1951年9月2日生 181cm/81kg 右投左打 内野手

<1954年度生まれ>
■高橋正巳・・・・(元日本ハムファイターズ→横浜大洋ホエールズ)
1954年12月20日生 188cm/86kg 右投右打 投手

<1959年度生まれ>
■長島哲郎・・・・(元ロッテオリオンズ)
1959年11月9日生 183cm/85kg 右投右打 投手

<1960年度生まれ>
■大久保美智男・・(元広島東洋カープ)
1960年7月29日生 183cm/88kg 右投右打 投手・外野手

<1971年度生まれ>
■大越基・・・・・(元福岡ダイエーホークス)
1971年5月20日生 176cm/81kg 右投右打 外野手・投手

<1974年度生まれ>
■高橋顕法・・・・(元広島東洋カープ→阪神タイガース)
1975年1月24日生 189cm/82kg 左投左打 投手

<1975年度生まれ>
■鈴木郁洋・・・・(元中日ドラゴンズ→オリックス・バファローズ)
1975年5月23日生 181cm/75kg 右投右打 捕手

<1976年度生まれ>
■金村曉・・・・・(元北海道日本ハムファイターズ→阪神タイガース)
1976年4月19日生 187cm/83kg 右投右打 投手

<1977年度生まれ>
■天野勇剛・・・・(元千葉ロッテマリーンズ→ロッテ・ジャイアンツ)
1977年12月11日生 188cm/82kg 右投右打 内野手

<1978年度生まれ>
■中濱裕之・・・・(元大阪近鉄バファローズ→読売ジャイアンツ)
1978年4月10日生 180cm/82kg 右投右打 外野手

<1979年度生まれ>
■志田宗大・・・・(元東京ヤクルトスワローズ)
1979年6月16日生 178cm/75kg 右投右打 外野手

■新沼慎二・・・・(元横浜DeNAベイスターズ)
1979年6月22日生 185cm/84kg 右投右打 捕手

<1981年度生まれ>
■眞山龍・・・・・(元西武ライオンズ)
1981年6月5日生 180cm/69kg 右投右打 投手

<1982年度生まれ>
■星孝典・・・・・(元読売ジャイアンツ→埼玉西武ライオンズ)
1982年5月4日生 175cm/82kg 右投右打 捕手

<1983年度生まれ>
■矢貫俊之・・・・(元北海道日本ハムファイターズ→読売ジャイアンツ)
1983年12月15日生 190cm/95kg 右投右打 投手

<1984年度生まれ>
■菊池俊夫・・・・(元オリックス・バファローズ)
1984年8月20日生 178cm/86kg 右投右打 内野手

■中谷翼・・・・・(元広島東洋カープ)
1984年9月30日生 180cm/80kg 右投左打 内野手

<1989年度生まれ>
■中根佑二・・・・(元東京ヤクルトスワローズ)
1989年9月7日生 182cm/83kg 右投右打 投手

■佐藤由規・・・・(東京ヤクルトスワローズ→東北楽天ゴールデンイーグルス)
1989年12月5日生 179cm/80kg 右投左打 投手

<1990年度生まれ>
■橋本到・・・・・(読売ジャイアンツ→東北楽天ゴールデンイーグルス)
1990年4月28日生 172cm/78kg 右投左打 外野手

<1992年度生まれ>
■木村謙吾・・・・(元東北楽天ゴールデンイーグルス)
1992年4月20日生 179cm/88kg 左投左打 投手

■佐藤貴規・・・・(元東京ヤクルトスワローズ)
1993年1月29日生 180cm/77kg 右投左打 外野手

<1994年度生まれ>
■松原聖弥・・・・(読売ジャイアンツ)
1995年1月26日生 173cm/73kg 右投左打 外野手

<1995年度生まれ>
■馬場皐輔・・・・(阪神タイガース)
1995年5月18日生 180cm/90kg 右投右打 投手

上林誠知・・・・(福岡ソフトバンクホークス)
1995年8月1日生 184cm/85kg 右投左打 外野手

■熊谷敬宥・・・・(阪神タイガース)
1995年11月10日生 173cm/70kg 右投両打 内野手

<1997年度生まれ>
■佐藤世那・・・・(オリックス・バファローズ)
1997年6月2日生 181cm/84kg 右投右打 投手

■平沢大河・・・・(千葉ロッテマリーンズ)
1997年12月24日生 176cm/80kg 右投左打 内野手・外野手

<1999年度生まれ>
■西巻賢二・・・・(東北楽天ゴールデンイーグルス)
1999年4月22日生 167cm/68kg 右投右打 内野手

スポンサーリンク

仙台育英の基本情報と野球部の歴史

基本情報
校名:仙台育英学園高等学校
旧校名:育英塾→仙臺育英學校→私立仙臺育英中學校
国公私立の別:私立学校
設置者: 学校法人仙台育英学園
設立年月日:1905年
創立者: 加藤利吉
共学・別学:男女共学
所在地:983-0045 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目4 -1
電話番号:022-256-4141

野球部の歴史

仙台育英高校の野球部は1930年(昭和5年)に創部されました。甲子園初出場は1963年の選手権大会でこの時は初戦負けでした。甲子園初勝利は3度目の甲子園出場となった1968年の選抜大会でした。
仙台育英は現在まで甲子園出場回数は春が12回、夏が27回とかなりの常連校となっています。春は2001年に準優勝、夏は1989年と2015年に準優勝と全国制覇まであと一歩の所まで3度行きました。

そんな東北きっての名門校の仙台育英ですが実は不祥事が結構多かったりします。ネットで知り得た3つの不祥事について紹介いたします。

1つ目は2001年に上級生から下級生への暴力行為がありました。この事実を隠蔽したとして当時の佐々木監督が引責辞任し、2002年6月まで部活動及び部員獲得を自粛する運びとなりました。それから半年後の2003年の春に佐々木監督が復帰しました。

2つ目は東日本大震災が起こった直後の2011年4月のこと。被災した店舗に部員7名が侵入し、いわゆる「火事場泥棒」を行いました。窃盗事件ですから逮捕案件かなと思ったのですが部員たちは1週間の謹慎に加えボランティア活動をすることで許されたそうです。ちなみにこの時は佐々木監督は辞任しませんでした。

3つ目はごく最近の2017年にありました。同年12月6日に部員9名が飲酒並びに喫煙をしていたことが発覚、この一件で佐々木監督が辞任し現在の須江航監督に交代となりました。

とまぁそんな不祥事もある仙台育英ですが、悲願の甲子園初優勝がいつ成し遂げられるのか大変注目です。

※最終更新日 2018年12月19日

スポンサーリンク
スポンサーリンク