八戸学院光星の甲子園優勝回数と通算成績!同校出身プロ野球選手も紹介!

この記事では青森県の野球の名門校である八戸学院光星について取り上げたいと思います。八戸学院光星は読売ジャイアンツの坂本勇人を輩出した東北有数の名門校です。

そんな八戸学院光星の甲子園の出場回数・優勝回数と通算成績を紹介いたします。さらに八戸学院光星出身のプロ野球選手の紹介に加え学校の基本情報と野球部の歴史についてもお伝えしたいと思いますのでどうぞお楽しみに。

八戸学院光星の甲子園優勝回数及び出場回数と通算成績

ここでは八戸学院光星の甲子園出場回数と通算成績を紹介していきたいと思います。

選抜大会(春の甲子園)

■出場回数・・・・・9回
(1997~1998、2006、2009、2011~2012、2014~2016)

■優勝回数・・・・・0回

□準優勝回数・・・・1回
(2012)

■通算成績・・・・・8勝9敗(※勝率47%)

選手権大会(夏の甲子園)

■出場回数・・・・・9回
(1997、2000~2001、2003、2011~2012、2014、2016、2018)

■優勝回数・・・・・0回

□準優勝回数・・・・2回
(2011、2012)

■通算成績・・・・・20勝9敗(※勝率69%)

春夏合わせて

最後に春夏合わせての数字も書いておこうと思います。

■出場回数・・・・・18回
■優勝回数・・・・・0回
□準優勝回数・・・・3回
■通算成績・・・・・28勝18敗(※勝率61%)

スポンサーリンク

八戸学院光星出身のプロ野球選手一覧

<1978年度生まれ>
■洗平竜也・・・・(元中日ドラゴンズ)
1979年1月9日生 178cm/75kg 左投左打 投手

<1982年度生まれ>
■根市寛貴・・・・(元読売ジャイアンツ→大阪近鉄バファローズ→東北楽天)
1982年10月21日生 177cm/71kg 右投右打 投手

<1983年度生まれ>
■松崎伸吾・・・・(元東北楽天ゴールデンイーグルス→阪神タイガース)
1983年9月17日生 180cm/90kg 左投左打 投手

<1988年度生まれ>
坂本勇人・・・・(読売ジャイアンツ)
1988年12月14日生 186cm/83kg 右投右打 遊撃手、一塁手、二塁手

<1991年度生まれ>
■下沖勇樹・・・・(元福岡ソフトバンクホークス)
1991年9月8日生 179cm/81kg 右投右打 投手

<1993年度生まれ>
■川上竜平・・・・(元東京ヤクルトスワローズ)
1993年5月8日生 181cm/80kg 右投右打 外野手 遊撃手

<1994年度生まれ>
■田村龍弘・・・・(千葉ロッテマリーンズ)
1994年5月13日生 174cm/80kg 右投右打 捕手

■北條史也・・・・(阪神タイガース)
1994年7月29日生 177cm/78kg 右投右打 遊撃手、二塁手、三塁手

<1997年度生まれ>
■呉屋開斗・・・・(中日ドラゴンズ)
1997年9月30日生 180cm/75kg 左投左打 投手

<1998年度生まれ>
■田城飛翔・・・・(福岡ソフトバンクホークス)
1999年3月19日生 180cm/72kg 右投左打 外野手

スポンサーリンク

八戸学院光星の基本情報と野球部の歴史

基本情報
校名:八戸学院光星高等学校
旧校名:光星学院高等学校
国公私立の別:私立学校
設置者:学校法人光星学院
設立年月日:1956年4月18日
共学・別学:男女共学
中高一貫教育:
所在地:青森県八戸市湊高台6-14-5
電話番号:0178-33-4151

野球部の歴史

八戸学院光星高校の野球部は学校創立と同じ1956年(昭和31年)に創部されました。甲子園初出場は1997年の選抜大会でこの時は残念ながら初戦敗退でした。
甲子園初勝利は4度目の甲子園出場となった2000年の選手権大会でこの時はベスト4まで勝ち進みました。
八戸学院光星は2011年の選手権大会、2012年の選抜大会と選手権大会で3期連続で決勝まで進んだのですが惜しくも3度とも準優勝に終わりました。

※最終更新日 2018年11月4日

スポンサーリンク
スポンサーリンク