佐々木朗希の経歴や家族!出身中学は?卒業後はプロ志望が有力!

本記事では大船渡高校に所属するプロ注目の大型右腕、佐々木朗希選手について紹介いたします。

佐々木選手は高校生にして160km/hを超えるストレートを持っている剛腕で、日本のプロ野球だけでなくメジャーリーグからも注目される逸材です。

佐々木朗希の出身中学など経歴

プロフィール
名前:佐々木朗希(ささきろうき)
生年月日:2001年11月3日
年齢:
出身地:岩手県陸前高田市
身長/体重:189cm/81㎏
出身中学:大船渡市立第一中学校
出身高校:大船渡高校
ポジション:投手

佐々木選手は岩手県の陸前高田市で産まれ、高田小学校3年生のころに野球を始めました。

その後2011年に発生した東日本大震災の影響で大船渡市に移り住むこととなりましたが、そこでも野球を続け大船渡市立第一中学校へと進学。

中学では軟式野球部に所属して投手として活躍し、軟球と硬球の中間であるKWBボールの大会では選抜チームに入り東北大会準優勝を記録しました。

中学時代からストレートが140km/hを超えており、その才能に目をつけた大阪の名門校・大阪桐蔭高校からも勧誘があったそうですが、佐々木選手は地元の大船渡高校へと進学する道を選びました。

決して名門校ではない大船渡高校では佐々木選手のタレントは群を抜いており、一年生のころから試合に出場。

2年からはエースとしてチームを牽引し、県大会ベスト4にも進出しました。

高校入学からは体づくりとして一日に何度も食事とトレーニングを繰り返したことで身長も189cmまで伸び、体重も増えています。基本は投手でありながら外野手としても出場するほどの打撃センスを持ち合わせている佐々木選手ですが、何といっても2年生時点で157km/hを記録した速球のスピードは全国区で見てもトップクラスとして注目され、日本代表候補にも選ばれました。

そして遂にU18日本代表合宿にて以前から目標としていた160km/hを上回る163km/hをマークし、一躍時の人に。

過去に類を見ないレベルの剛腕投手として 、これまで甲子園大会出場とは無縁ながらも同年代のエース級の投手たちと共に「四天王」と称される存在に。

その力強いピッチングから、平成の怪物と呼ばれた松坂大輔投手になぞらえて「令和の怪物」と呼ぶ声も挙がっています。

スポンサーリンク

佐々木朗希は地元愛を優先し大船渡高校へ

150km/hを軽く超える高校生離れした直球の持ち主である佐々木選手。

日本代表合宿では大台の160km/hを超えるスピードも記録しましたが、その時の捕手は指に裂傷が出来てしまったらしく、球威も申し分ない剛腕投手です。

そんな佐々木選手ですが、中学卒業時には数々の名門校からの誘いを断って岩手県立の大船渡高校へと進学しています。

その理由は「中学校時代の仲間と甲子園を目指したい」というもので、大船渡一中の同級生たちと野球をするために進路を決めたそうです。

これは単純に仲が良いというエピソードでもありますが、実は佐々木選手は先述のように東日本大震災を家族で被災しており、その時にお父さんが亡くなっています。

家族で移住することとなり大変なことも多かったということ想像されますが、そこで自分が野球を続けることをサポートしてくれた家族と、一緒にプレーした仲間への感謝の気持ちというのは人一倍あるのでしょう。

2年生ではチームを県ベスト4にも進出しており、佐々木選手の活躍があれば岩手県は強豪校も多いですが甲子園は手の届くところまで来ていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

メジャーも注目する佐々木朗希の進路は国内プロ一本!日本ハムが1位指名を名言

国内のプロ野球だけでなく、その素材にメジャーリーグのスカウトも視察に訪れるほど注目の存在である佐々木選手。

その気になる進路ですが、卒業後に国内プロ野球に進むことがほぼ確実となっています。
というのも高校から直接メジャーリーグへ進むためには高校の部活を退部するなど様々な手続きが必要で、ドラフトの時期が異なるため早々に決断が必要になります。

佐々木選手の才能は十分メジャーリーグを目指せると評価されていますが、やはり甲子園を目指すためにも野球部としての活動を続けており、本人も国内プロ野球一本を明言しています。

ここから大きな怪我や決定的な心境の変化がない限りは2019年秋のドラフト会議で多数の指名があると見られますが、既に北海道日本ハムファイターズは「他と比較するレベルではない」と評価して1位指名を明言しています。

ただ、このまま一本釣りになることはあり得ないでしょう。他の球団も注目する逸材であり、佐々木選手の地元愛を考慮すると東北に本拠地を構える東北楽天ゴールデンイーグルスも有力候補と見て間違いありません。

今回は大船渡高校野球部に所属する佐々木朗希選手について紹介いたしました。

高校生としては史上最速を誇る大型右腕で、既に体格も出来上がりつつあるレベルにしてこれからの更なる成長も見込めるという稀にみる逸材です。

今年の甲子園大会、そして秋のドラフトからプロ生活まで、その活躍を期待して見守りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク