宮崎敏郎の彼女と熱愛情報!出身大学や高校は?年俸推移と独特のフォームの秘密!

この記事では横浜DeNAベイスターズに所属する宮崎敏郎選手について取り上げたいと思います。巧みな打撃と特徴的な風貌で人気の選手です。

そんな宮崎選手はまだ結婚されていないようです。そこで彼女はいるのか、いるのならばどんな女性なのか、噂を含め熱愛に関する情報をお届けします。もちろん宮崎選手の出身高校や大学など経歴やこれまでの野球歴なんかもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移やトレードマークである独特のフォームの秘密などについても調べてみましたのでお楽しみに。

宮崎敏郎の出身大学や高校など経歴

プロフィール
名前:宮崎敏郎
生年月日:1988年12月12月
年齢:
出身地:佐賀県唐津市
血液型:B型
身長/体重:172㎝/85㎏
出身高校:佐賀県立厳木高等学校
出身大学:日本文理大学
趣味・特技:買い物
ポジション:三塁手、二塁手、一塁手
背番号:51
所属チーム:横浜DeNAベイスターズ

宮崎選手の家族は両親のみだと思われます。調べましたが兄弟がいるかは定かではありません。同じ佐賀県唐津市出身で、同じセガサミーから入団した選手に、オリックスバファローズの宮崎祐樹選手がいますが2人は血縁関係にはありません。佐賀県唐津市には宮崎という名字が多いためにこのような偶然が発生したようです。

宮崎選手が野球を始めたのは小学校6年生のときです。地元のボーイズリーグで硬式野球を始め、投手兼野手としてチームを二度全国大会へ導きます。

厳木高校進学後は2年生の夏から4番・投手としてレギュラーとなり、高校通産24本塁打を放ちますが全国大会に出場することはできませんでした。

宮崎選手は高校卒業後、日本文理大学へ進みます。大学では1年生の秋から三塁のレギュラーに定着。九州大学野球のリーグで首位打者に通産2度、MVP、ベストナインに通産3度輝きました。また2年生から2度続けて全日本大学野球選手権へ出場し、3年生のときにはベスト8にまで進んでいます。

大学卒業後、宮崎選手は10社以上の入社試験に落ちた後にセガサミーへ入社します。セガサミー野球部では二塁を守り、2012年の都市対抗野球では初戦の日本通運戦で8回裏に逆転満塁本塁打を放ち、チームに3年ぶりの勝利をもたらしました。2012年のドラフト会議で宮崎選手は横浜DeNAベイスターズから6位指名を受けて入団します。

ルーキーイヤーはキャンプ中の故障の影響もあり、宮崎選手は開幕を二軍で迎えます。しかし5月に1軍へ昇格するとプロ初安打と初打点、初本塁打も記録します。二年目はアーロム・バルディリス選手、ユリエスキ・グリエル選手がスタメンを担ったため出場試合数が大きく減少します。その上中畑監督が「野球の世界にない」と評するほどのボーンヘッドをしたことにより、この年の出場試合数はわずか5試合に留まってしまいました。

2015年はシーズン中盤から二塁手として出場する機会が増えました。宮崎選手はこの年二塁、一塁、三塁で58試合に出場し、打率.289を記録します。翌2016年は更に出場試合数を増やし101試合に出場、自己最高の成績を収めました。

2017年には脇腹を痛めて一時一軍を離れますが、シーズンを通して高打率を維持します。8月22日には3番筒香嘉智選手、4番ホセ・ロペス選手に続いて3者連続本塁打となるサヨナラ本塁打を放ち、自身2年連続となる二桁本塁打を達成します。この年は初となる首位打者に輝き、チームは3位でしたがチーム19年ぶりとなる日本シリーズへ出場しています。

主な獲得タイトル
・首位打者:1回(2017年)
・ベストナイン:1回(2017年)

スポンサーリンク

宮崎敏郎の彼女や熱愛情報!

宮崎選手は社会人のセガサミーからベイスターズに入団して現在は29歳。12月には30歳になります。同じ年の選手でも結婚している人が多く、宮崎選手の女性関係を心配する人も多いのではないでしょうか。

宮崎選手の彼女として、一時期「智美」さんという女性が噂になりました。ただ画像なども出てこないため、単なるガセネタかと思われます。

プロ野球選手は女子アナや芸能人の方と結婚するイメージがありますが、宮崎選手にはあまりそう言った華やかな方と結婚するイメージは湧かないです。社会人時代の恋人などと、いずれ電撃結婚などをするのでしょうか。楽しみに待ちたいですね。

スポンサーリンク

宮崎敏郎の年俸推移と独特のフォームの秘密

ここでは独特のスタイルから安打を量産する宮崎敏郎選手の年俸推移についてご紹介します。

2013年・・・850万円(※3500万円)
2014年・・・950万円
2015年・・・850万円
2016年・・・1200万円
2017年・・・3000万円
2018年・・・8000万円

最後に宮崎敏郎選手の独特のフォームの秘密をご紹介します。宮崎選手の足を閉じて揺れるようなフォームは他の選手に例を見ないもので、このフォームで三振の少ない巧打を披露しています。

宮崎選手の現在のフォームは、なんと野球を始めた小学校6年生のときからほぼ変わっていないものなのだそうです。当時から身体の小さかった宮崎選手がどうすればボールが飛ぶのかを試行錯誤した結果、今のフォームにたどり着いたんだとか。

努力家で練習の虫とも言われる練習量をこなしていることで知られる宮崎選手、やはり小さな頃から努力していたんですね。

この記事では五番打者で活躍する「ハマのプーさん」こと宮崎敏郎選手のこれまでの経歴や野球歴、熱愛情報や年俸推移、そして独特のフォームの秘密についてご紹介しました。

小柄で足も速いわけではないですが、卓越した打撃で首位打者に輝いた宮崎選手。筒香選手や梶谷選手など、チームには素晴らしい左打者が多いだけにその存在は大きいです。今後はどのような打撃成績を積み上げていくのでしょうか。楽しみにしたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク