増井浩俊の嫁と子供!出身大学や高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事ではオリックス・バファローズに所属する増井浩俊選手について取り上げたいと思います。増井選手はオリックスの守護神として活躍する投手。150キロを超えるストレートと、鋭く落ちるフォークボールを武器に三振の取れるリリーバーとして日本代表への選出経験もあります。
そんな増井選手ですがどうやら結婚しているということが分かりました。そこでお嫁さんや子供について知り得た情報をお伝えします。もちろん増井選手の出身高校や大学などの経歴や、これまでの野球歴などについてもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調査しましたので、お楽しみに。

増井浩俊の出身大学や高校など経歴

プロフィール
名前:増井浩俊(ますいひろとし)
生年月日:1984年6月26日
年齢:
出身地:静岡県焼津市
血液型:A型
身長/体重:181m/74kg
出身高校:静岡県立静岡高等学校
出身大学:駒沢大学
趣味・特技:釣り
ポジション:投手
背番号:17
所属チーム:オリックス・バファローズ

地元の焼津市で兄弟と共に野球を始めた増井選手。当時の焼津市では同学年で後にプロ野球選手となる牧田和久選手や川端崇義選手とも対戦しており、同じ市から一学年で3人のプロ野球選手が輩出されたということになりますね。中学校の野球部ではノーヒットノーランを記録するなど頭角をあらわし、そのまま地元の静岡高校へ進学した増井選手は甲子園出場こそならなかったもののプロを目指して駒澤大学へ入学。大学のリーグ戦で経験を積み卒業後は社会人野球の東芝に入部すると、アマチュア日本代表にも選出される活躍を見せ2009年のドラフト会議で日本ハムファイターズから5位指名を受けて入団しました。

プロ1年目は先発投手として早々に初勝利を挙げましたが、怪我と不振によって後半戦は二軍調整に。2年目からはリリーフとして抑え投手に繋ぐ役割を任せられると防御率1点台の活躍を見せレギュラーに定着。以降はチームのリリーフエースとして中継ぎや抑えを任されタイトルも獲得しました。チーム事情もあって2016年には先発投手として10勝をマークするなど万能さも持ち合わせていて、プロ入り僅か8年で獲得したFA権を行使して2018年シーズンからはオリックスの守護神としてプレーしています。

増井選手のプロでの獲得タイトル・受賞歴をまとめました。

獲得タイトル・受賞歴
最優秀中継ぎ投手 1回 (2012年)
月間MVP 1回 (2016年9月)
パリーグ連盟特別表彰 (2012年)
<主な記録>
シーズン45ホールド 50ホールドポイント (2012年) ※共にパリーグ記録
100ホールド100セーブ (2017年8月16日)
全球団からセーブ (2018年6月29日) ※史上4人目

2012年にはリーグ記録をマークし連盟表彰を受けるなど、リーグを代表するリリーフ投手であることが分る受賞歴になっています。

スポンサーリンク

増井浩俊の嫁や子供について

そんな増井投手、実は既に結婚されています。プロ1年目の2009年オフに社会人野球の東芝時代に知り合ったという一般女性・佳奈さんと結婚されました。野球選手と結婚する一般女性は顔写真が公開されないことも多いですが、増井選手は結婚した際に奥さんとのツーショットを公開しており美人だと話題にもなったようです。

その後子供も授かり、2人の男の子と2016年に生まれた女の子で3人きょうだいになりました。実は北海道を本拠地とする日本ハムに所属していた頃から佳奈さんと家族は東京に住んでいて、増井選手はずっと単身赴任状態のようです。
一人暮らしの増井選手も大変ですし、関東圏で試合のある日やオフ以外は奥さんが子供3人の面倒を見ているということで負担も大きそうですが、毎日スマホやテレビ電話を使ってコミュニケーションを取りながら良い関係を築いているみたいですね。

スポンサーリンク

増井浩俊の年俸推移と愛車遍歴

日本を代表する右腕である増井選手。ルーキーイヤーから活躍を続けており、年俸の推移は以下のようになっています。
(金額は推定)

2010年 900万円 (契約金5000万円)
2011年 1600万円
2012年 4000万円
2013年 9000万円
2014年 9000万円
2015年 1億2000万円
2016年 2億2000万円
2017年 2億2000万円
2018年 3億円

社会人野球出身なので20代後半からプロ入りした増井選手ですが、その活躍であっというまに大台に到達するスピード出世ですね。

そんな増井選手の愛車はBMW i8のようです。


【出典元:http://bmw-i.jp/BMW-i8/

ドイツの自動車メーカーBMWが製造販売するハイブリッド方式のスポーツカーで、新車価格にして2000万円とも言われる超高級車が増井選手の愛車のようです。スポーツ選手は身を守るために頑丈な高級スポーツカーに乗ることが多く、増井選手もそうした車を選んでいるようですね。高級車に乗っていると豪快なイメージを持たれがちですが、増井選手はブルペン捕手からのあだ名がプリンになるくらいのプリン好きという可愛らしい一面も持っています。

また、地元の焼津市がマグロで有名なため練習で使うグローブにはマグロ柄の刺繍が施されており、今年から入団したオリックスの本拠地では自身がプロデュースしたマグロ丼が販売されるなど地元愛の強さも増井選手の魅力と言えるかも知れません。

増井選手の経歴や家族、年俸から愛車まで紹介して参りました。力のあるストレートと落差の大きいフォークを武器にオリックスの守護神を務める増井選手の今後の活躍から目が離せません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク