大城滉二の彼女と熱愛情報!出身大学や高校は?年俸推移や応援歌の歌詞の意味も!

この記事ではオリックス・バファローズに所属する大城滉二選手について取り上げたいと思います。

大城選手は俊足を活かした広い内野守備範囲とコンパクトで確実性の打撃が持ち味の内野手で、若返りを図るオリックスの中でも期待の若手選手です。

そんな大城選手はまだ結婚されていない様です。そこで彼女はいるのか、いるのならどんな女性なのか、噂も含めて熱愛に関する情報をお届けします。

もちろん大城選手の出身大学や高校などの経歴や、これまでの野球歴などについてもご紹介します。
さらに気になる方も多い年俸推移のほか応援歌の歌詞の意味についてもお伝えしますのでお楽しみに。

大城滉二の出身大学や高校など経歴

プロフィール
名前:大城滉二(おおしろこうじ)
生年月日:1993年6月14日
年齢:
出身地:沖縄県島尻郡(現:豊見城市)
血液型:B型
身長/体重:175cm/78kg
出身高校:興南高等学校
出身大学:立教大学
趣味・特技:テレビ鑑賞
ポジション:内野手(主に二塁手、遊撃手)
背番号:10
所属チーム:オリックス・バファローズ

沖縄県に生まれ、地元の小学校で1年生の頃に野球を始めた大城選手。

小学校の頃には九州沖縄地方の大会で優勝するなど既に実力を発揮し、中学校ではシニアチームではなく学校の軟式野球部に所属しました。

高校は沖縄県の名門校である興南高校へと進学し、入学後は持ち前の守備力で1年生から遊撃手として起用されると、2年生ではレギュラーとして甲子園春夏連覇という偉業を達成したチームを支えました。

高校卒業後は立教大学に進学し、こちらでも1年生から遊撃手の定位置を任されます。2年時には大学日米野球の日本代表にも選出されるなどプロからも注目される逸材に成長し、その後も4年間コンスタントに活躍し続けたことでリーグの通算記録にも名を連ね、立教大学の選手としては歴代最多の安打を放ちました。

2015年のドラフト会議でオリックスから3位指名を受け入団しました。

プロ入り直後は即戦力を期待されて新人で唯一の一軍キャンプ入りしたものの、アマチュア球界とのスピード差への対応に苦しみ得意の守備でもミスが目立ちました。

ある試合では短い間に4回もミスをしてしまい、試合中にも関わらず二軍に落とされるという経験もしましたが、その悔しさをバネに次第に対応し始めると内野手が不足しているチーム事情もあり早期に一軍デビュー。

すぐに初安打を記録し、地元沖縄で54年ぶりに開催されたプロ野球公式戦にも出場しました。

その後もチームの状況に合わせて本職の遊撃以外にも二塁や三塁、時には外野でも起用されましたがその全てのポジションを高いレベルでこなせる守備力でチームに貢献し、2年目にはプロ初本塁打を放つなど打撃面でも成長を見せています。

スポンサーリンク

大城滉二の彼女と熱愛情報

チームの主力として活躍しておりファンからの人気も高い大城選手ですが、まだ結婚はされていません。

男らしいキリッとした顔立ちで女性人気も高そうな大城選手ですが、キャリアが浅いこともあってかまだ女性関係の目立った噂や報道はありません。

選手名鑑でのインタビューには好きなタイプについて「北乃きい」と回答しており、王道の可愛い系の女性が好みなのかもしれません。

ちなみに大城選手の周囲の女性では妹さんがいるそうですが、遠縁を含めると沖縄県内には100人以上の親戚がいるそうです。

沖縄県人ならではのエピソードですね。

スポンサーリンク

大城滉二の年俸推移と応援歌の歌詞の意味

オリックス期待の若手である大城選手、気になる年俸の推移は以下のようになっています。
(金額は推定)

2016年 1200万円 (※契約金 6000万円)
2017年 1400万円
2018年 2800万円
2019年 3800万円

そんな大城選手ですが、活躍を期待して2019年シーズンからは専用の応援歌が作られ、打席に入っている時に応援団が演奏するようになりました。

オリックスの応援団は複雑な応援歌を作ることで野球ファンの間では有名ですが、大城選手の応援歌も前奏から始まる長い応援歌になっています。

中でも特徴的な部分として歌詞には「凛々しき強者」と書いて「ハバチューバー」と読ませている箇所があり、沖縄の方言を組み合わせた言葉なのだとか。

歌詞の中に使われているサンタンカというのも沖縄や九州地方に咲く花の一種で、これらは沖縄の文化をわざわざ応援団の方が調べて取り入れたそうです。

沖縄出身の選手の応援には「イーヤーサーサー」という言葉が使われることもありますが、大城選手の場合は「ハイヤーサーサー」という言葉になっているなど、随所にこだわりを感じるつくりとなっています。

また大城選手の地元沖縄での試合では沖縄民謡のような音階にアレンジした独自のチャンス応援が行われるなど、球団だけでなくファンからも熱い期待をかけられていることが伺えるエピソードではないでしょうか。

大城選手の経歴や好みのタイプ、年俸から応援歌の情報まで紹介して参りました。

まだ4年目と若手でありながら各ポジションを守れるユーティリティさと俊足好打で将来のオリックスを牽引する存在と期待される大城選手の活躍にこれからも期待しましょう。


スポンサーリンク