山本由伸の彼女と熱愛情報!出身高校は?年俸推移とドラフト同期について!

この記事ではオリックスバファローズに所属している、山本由伸選手について取り上げたいと思います。

山本選手は高卒3年目ながら、抜群の安定感で最優秀防御率のタイトルを獲得したオリックス期待の投手です。

そんな山本選手は高額の年俸も貰っていますが、まだ結婚はされていないようです。そこで山本選手に彼女はいるのか、いるのならばどんな女性なのか、噂を含め熱愛に関する情報をお届けします。

もちろん山本選手の出身高校など経歴やこれまでの野球歴なんかもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移やドラフト同期などについても調べてみましたのでお楽しみに!

山本由伸の出身高校など経歴

プロフィール
名前: 山本由伸(やまもと・よしのぶ)
生年月日:1998年8月17日
年齢:
出身地:岡山県備前市
血液型:AB型
身長/体重:178cm/80kg
出身高校:都城高校
趣味・特技:変化球の開発
ポジション:投手
背番号:43
所属チーム:オリックスバファローズ

小学生の頃に野球を始めた山本選手。中学生の時は投手兼二塁手、その後進学した宮崎・都城高校では三塁手として試合に出場していました。

一年秋から本格的に投手へ転向すると、2年春には147キロ、夏には151キロをマークします。公式戦でノーヒットノーランを達成するなど球速とともにプロの注目を浴びる存在となっていきます。しかしながら、甲子園には出場できませんでした。

2016年のドラフト会議でオリックスから4巡目指名を受け入団した山本選手は、プロ1年目の2017年シーズン、ウエスタンリーグで33回2/3を投げ、与四球がわずか2つという抜群のコントロールを武器に、防御率0.27という驚異の数字を残し一軍へ昇格します。
8月、対千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初勝利を挙げます。結局はこの1勝だけに終わりましたが、それでもオリックスの高卒ルーキーが1年目に勝利投手になるのは23年振りということで、山本選手が注目された1年目でした。

プロ2年目の2018年はセットアッパーとして一軍に定着します。開幕から安定した成績を残し、監督推薦でオールスターに選出されます。オリックスの10代選手がオールスターに選ばれるのは、前身の阪急ブレーブス・米田哲也投手以来62年振りという快挙を成し遂げた山本投手は、この年54試合に登板、4勝1セーブ、32ホールドで防御率2.89という素晴らしい成績を残します。山本選手は新人王の権利を残していたのでその行方に関心が集まりましたが、新人王には東北楽天ゴールデンイーグルス・田中和基選手が選ばれ、山本選手は次点でした。

2019年、主戦投手だった金子千尋・西勇輝両投手が他球団に移籍したこともあり、先発投手として戦った山本投手。5月の対埼玉西武ライオンズ戦では、西武の強力打線相手に11奪三振でプロ初完封を飾るなど8勝をマーク、防御率は1.95という圧倒的な数字で最優秀防御率のタイトルを獲得しました。

この年3月には、野球日本代表にも召集され、対メキシコ代表戦で救援登板し、侍ジャパンデビューも果たしました。

山本選手は中学・高校時代に内野手を経験していたことからわかるように、フィールディングには定評があります。また、変化球の握りを見て「これはいけそうだ」と山本選手が感じたならば、あっという間にマスターしてしまうなど、野球センスの良さも兼ね備えています。

主な獲得タイトル
最優秀防御率1回:2019年

スポンサーリンク

山本由伸の彼女や熱愛情報

2019年現在、21歳の山本選手。結婚はまだとしても、イケメンの山本選手ですから、彼女がいても不思議ではありません。

そこで山本選手の彼女・熱愛について調べてみましたが、残念ながら情報はありませんでした。

タイトルも獲得し、オリックスファンだけではない人気を獲得しつつある山本選手。そう遠からず結婚というニュースが飛び込んできても驚きません。

スポンサーリンク

山本由伸の年俸推移とドラフト同期生

オリックスの期待を背負う山本投手。その年俸推移を見てみましょう。

2017年:500万円(契約金4000万円)
2018年:800万円
2019年:4000万円

2018年の大活躍で年俸が一気に5倍、400%アップした山本選手。オリックスでこれだけ昇給したのは、山本投手と同じく高卒1年目で初勝利を挙げ、翌年守護神としてオリックス初優勝に貢献した、平井正史選手以来のことでした。

タイトルを獲得したので年俸アップは確実ですが、どこまで上がるのか楽しみです。1億円は厳しいにしても、それに近い位置まで上り詰めることになるでしょう。

2016年、山本選手が指名を受けたドラフト会議は、オリックスにとって「大豊作」となりました。山本選手だけでなく、1位指名は2019年開幕投手・山岡泰輔投手、2位は昨年セットアッパーとして山本選手とともにブルペンを支えた黒木優太投手、8位には同じくセットアッパー・澤田佳祐投手、さらに育成では野手から投手に転向し、今シーズン一軍初勝利を挙げた張奕投手という充実ぶりです。

長年オリックスの主戦投手を務めてきた岸田護投手が2019年シーズンでの引退を発表しました。その引退スピーチで「オリックスは、これから強くなります」とおっしゃっていました。

このドラフトを見ていると、確かに強くなるであろう予感を感じずにはいられません。一回のドラフトで、エース候補を二人も獲得できたのですから。

投手だけでなく、野手は2015年のドラフト1位・吉田正尚選手がすっかり4番に定着しましたし、左のエース候補には2017年のドラフト1位・田嶋大樹選手がいます。さらにはK-鈴木、榊原翼両投手にディクソン投手まで。これでオリックスが強くならないはずがありません。

今は山岡投手がエース格となっていますが、山本投手がその座に就いても何の不思議はありません。あるいは両投手が切磋琢磨し、Wエースとして君臨するのかも知れません。

この記事では山本由伸選手の経歴や彼女・熱愛情報、年俸など紹介して参りました。

21世紀に入り、日本シリーズ未出場チームはオリックスだけになってしまいました。
そんな不名誉な記録に待ったをかけるだけの布陣がそろった2020年のオリックスは、ひょっとすれば、ひょっとするのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク