丸佳浩の嫁と子供!出身高校は?年俸推移と意外な趣味も紹介!

この記事では広島東洋カープに所属する丸佳浩選手について取り上げたいと思います。走攻守揃ったカープの中心選手です。そんな丸選手ですがどうやら結婚しているということが分かりました。そこでお嫁さんや子供について知り得た情報をお伝えしたいと思います。もちろん丸選手の出身高校など経歴やこれまでの野球歴なんかもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や意外な趣味などについても調べてみましたのでお楽しみに。

丸佳浩の出身高校など経歴

プロフィール
名前:丸佳浩
生年月日:1989年4月11日
年齢:
出身地:千葉県勝浦市
血液型:AB型
身長/体重:177㎝/90㎏
出身高校:千葉経済大学附属高等学校
趣味・特技:音楽鑑賞
ポジション:外野手(中堅手)
背番号:9
所属チーム:広島東洋カープ

丸選手の実家は千葉県勝浦市で「カットサロンまる」という理髪店を営んでいます。店内には丸選手の写真やグッズも数多く置いてあるらしく、カープファンや丸選手のファンがよく集まるそうです。
丸選手の家族は両親と妹が二人。丸選手の両親は丸選手をとても熱心に応援しているようで、丸選手が一軍で出始めたころには球場へ応援に駆けつけたこともあったそうです。今ではカープも人気が上がり、チケットを確保することが難しくなりましたが、テレビでの応援は欠かさず、母親は丸選手がヒットを打ったシーンを集めた「10割DVD」を作ってしまうほどだそうです。

さてそんな丸選手は小学校3年生からソフトボールを始め、中学生で野球に転向します。中学校時代のポジションは投手兼遊撃手でした。中学時代に練習試合を観に来た野球部の監督に誘われ、千葉経済大学附属高等学校へ進学します。高校では外野手で出場していました。1年次の夏には甲子園に出場し、1回戦で後に千葉ロッテマリーンズに入団する大嶺祐太投手を擁する沖縄県立八重山商工高等学校と対戦。大嶺投手から安打を放ちます。3年次に肩の強さを買われて投手へ転向、チームをセンバツ甲子園に導いています。高校通産本塁打は49本。2007年の高校生ドラフト会議で広島東洋カープから3位で指名されます。背番号は63でした。

プロ入り後は野手に専念します。ルーキーイヤーはノロウイルスや左ひじ痛などアクシデントも多かったですが、打撃力を買われて二軍のクリーンナップを担います。
4年目の2011年には一軍へ定着し131試合に出場。2013年には二番・中堅で開幕スタメンに名を連ねると打率.273、14本塁打という成績を残します。また29盗塁でセ・リーグ盗塁王のタイトルを獲得し、ゴールデングラブ賞にも選ばれるなどカープの中心選手へと飛躍します。背番号も緒方孝市選手の引退以来空き番となっていた9に変更しました。2015年には打率を大きく落としてしまいますが、それ以後は再び成績を盛り返し、安定して活躍を続けています。チームも2016年、2017年とセ・リーグを連覇。丸選手の貢献も非常に大きなものとなっています。

主な獲得タイトル
・盗塁王:1回(2013年)
・最多安打:1回(2017年)
・最優秀選手:1回(2017年)
・ベストナイン:3回(2014年、2016年~2017年)
・ゴールデングラブ賞:5回(外野手部門:2013年~2017年)

スポンサーリンク

丸佳浩の嫁や子供について

丸選手は2012年3月30日に結婚を発表しています。お相手は一般女性の岩政里佳さん。丸選手と岩政さんは実家が200メートルほどしか離れていない幼なじみで、長く家族ぐるみのお付き合いを続け、10年以上の交際の末にゴールインしたそうです。漫画みたいな関係で素敵ですよね。岩政さんは一般女性なので顔は明らかにされていませんが、丸選手いわく「笑顔のかわいい癒やし系の和風美人」とのことです。

また結婚を発表した際に第一子が岩政さんのお腹にいることも同時に発表しています。長男の名前は丸耀太くん。2012年9月出産予定だったので、丸選手が23歳のときに生まれたことになります。丸選手や岩政さんのご両親からしてみれば、こんなに早く初孫を見ることができるというのは非常に嬉しいことではないでしょうか。ただその後丸選手夫妻との間に第二子ができたかは確認できません。まだ第二子はいないという噂と、もう3人目までいるという噂と両方ありますがどちらが正しいかは不明のままです。

ところで丸選手は自分が父親になったため、あまり面白いことをせず、落ち着いた選手になりたいという発言をしていたそうです。丸選手はカープのムードメーカーとして率先して面白いことをする選手らしいので、もっと面白いことをして欲しいとは思いますが、テレビの中でお父さんが変なことをしていると話題になるかもしれないですからね。素晴らしい心がけだと思います。

スポンサーリンク

丸佳浩の年俸推移と意外な趣味

ここでは走攻守で高い安定感を誇る丸選手の年俸推移をご紹介します。

2008年・・・500万円(※契約金4000万円)
2009年・・・500万円
2010年・・・550万円
2011年・・・600万円
2012年・・・1700万円
2013年・・・2300万円
2014年・・・5100万円
2015年・・・9000万円
2016年・・・8500万円
2017年・・・1億4000万円
2018年・・・2億1000万円

最後に丸選手の意外な趣味についての情報をお届けします。丸選手の趣味は音楽鑑賞。その中でもよく聴くのはなんとクラシック音楽だそうです。ピアノの音が好きだということでハマったらしく、ベートーヴェンやラフマニノフの曲を入場曲にしていたことがあったようです。プロ野球選手とクラシックはかなり意外な取り合わせですよね。あの落ち着く音楽が丸選手の成績を支えているのかもしれません。

さてこの記事では安定感のある活躍でカープ不動の三番打者を務める丸佳浩選手のこれまでの経歴や野球歴のほか、家族のことや彼女など熱愛の噂、年俸推移や意外な趣味について紹介してきました。広島東洋カープはリーグ2連覇中。その打線の中心にいるのは丸選手に違いありません。カープの黄金時代がどれくらい続くのか、丸選手がどれくらい打つのか、まだまだ目が離せないですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク