赤松真人の嫁と子供!出身大学や高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事では広島東洋カープに所属し、2019年シーズン限りで現役を引退する赤松真人選手について取り上げたいと思います。

赤松選手は球界でもトップクラスの俊足と強肩を武器に守備や代走のスペシャリストとして活躍した外野手で、胃がんと言う大病を乗り越えて再びプレーに至ったというエピソードで知られています。

そんな赤松選手ですが、実は結婚されているということが分かりました。そこで赤松選手のお嫁さんやお子さんについての情報をお伝えします。

もちろん赤松選手の出身高校などの経歴や、これまでの野球歴などについてもご紹介します。

さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調査しましたので、お楽しみに。

赤松真人の出身大学や高校など経歴

プロフィール
名前:赤松真人(あかまつまさと)
生年月日:1982年9月6日
年齢:
出身地:京都府京都市伏見区
血液型:O型
身長/体重:182cm/70kg
出身高校:平安高等学校
出身大学:立命館大学
趣味・特技:カラオケ
ポジション:外野手
背番号:38
所属チーム:広島東洋カープ

兄の影響で幼稚園の頃から野球を始めた赤松選手。当時からセンス溢れる選手で、内外野を問わずさまざまなポジションを守っていたそうです。

進学した京都市内の中学校では歌手の倖田來未さんと同級生で、女性ながら野球部員だったという倖田さんと当時内野手だった赤松選手とで二遊間を組んでいたというエピソードも知られています。

高校は京都の名門校である平安高校へと進学すると、2年生では甲子園にも出場するなど投手兼外野手として活躍。

高校卒業時点でもプロからの誘いはあったそうですが立命館大学への進学。

ちなみに大学では倉木麻衣さんと同じクラスであり、不思議と女性歌手との縁があったようです。

大学では野手に専念し、リーグ戦でコンスタントに高い打率を記録し4年では主将としてリーグ優勝も達成。

プロ注目の選手に成長すると2004年のドラフト会議で阪神タイガースから6位指名を受けて入団しました。

プロ入り後は二軍スタートとなったもののそこで良い成績を残しプロでも通用することをアピールすると、1年目から一軍を経験。

2年目以降も徐々に出場機会を増やしていましたが、3年目オフにFA移籍の人的補償でカープへと移籍することになりました。

移籍後はすぐに一軍で起用されるとプロ初本塁打から3試合連続本塁打を記録するなど走攻守にわたってチームに貢献。

翌年からレギュラーとしてコンスタントに出場するようになると、2010年にはホームラン性の打球をフェンスによじ登って捕球する離れ業を披露し、海外の野球ファンにも一躍知られる存在になりました。

2011年からは控えの切り札としての出番も多く重宝されていましたが、2016年に人間ドックを受診した際に初期の胃癌であることが発覚。

その後切除手術を受けましたがリンパへの転移が見られたこともあり長期に渡って厳しい闘病生活を強いられる事となりました。

選手復帰は絶望的かと思われましたが2017年には懸命のリハビリの甲斐あって練習に復帰し、カープもそんな赤松選手を支配下登録の一員として契約し続けました。

その後もファームで少しずつ実戦復帰を目指して調整し、本塁打を放つなど回復を印象付けましたが、成績が上向かないことや体調と年齢もあり2019年シーズン限りでの現役引退を表明しました。

赤松真人選手のプロでの獲得タイトル・受賞歴をまとめました。

主な獲得タイトル・受賞歴
ゴールデングラブ賞 1回(2010年)
オールスターゲーム マツダアクセラ賞 (2009年)
<主な記録>
オールスターゲーム出場 1回(2009年)

スポンサーリンク

赤松真人の嫁と子供について

そんな赤松選手ですが、実は既にご結婚されています。

お相手は寛子さんという方で、2007年に赤松選手は自身のブログで同棲を発表し同年末に入籍しています。

ふたりの出会いは立命館大学時代で、結婚された時の寛子さんは歌唱指導のお仕事をされていたそうですが、ミスコンを獲得したり歌手としてドラマの主題歌も歌っていたりとプロ野球選手である赤松さんに負けず劣らずの立場をお持ちでした。

その後おふたりの間には第一子となる男の子も産まれ、大きくなってファン感謝祭に遊びに来た息子さんはファンの間で「赤松選手にそっくり!」と話題にもなりました。

赤松選手の胃がんが発覚してからは寛子さんにも大変な苦労があったそうで、テレビ番組で特集が組まれることもありました。

そこでも寛子さんは献身的に赤松選手を支えており、早期に選手復帰することが出来たのは家族の存在も大きかったのでしょう。

スポンサーリンク

赤松真人の年俸推移と愛車遍歴

気になる年俸の推移は以下のようになっています。(金額は推定)

2005年 800万円(※契約5000万円)
2006年 800万円
2007年 800万円
2008年 960万円
2009年 1800万円
2010年 2700万円
2011年 3100万円
2012年 2900万円
2013年 2800万円
2014年 2800万円
2015年 2800万円
2016年 3300万円
2017年 3600万円
2018年 2700万円
2019年 2025万円

そんな赤松選手の愛車はジャガーのFタイプ クーペのようです。


【出典元:https://kakaku.com/item/K0000624745/

新車価格にして1500万円以上とされるイギリスの高級スポーツカーであるジャガーのFタイプクーペに、前述のテレビ番組で密着取材をされた際に赤松選手が乗っている姿が放送されていました。

他にも自宅の駐車場内にはマツダのビアンテも確認されており、カープの筆頭株主でもあるマツダ車も同時に保有しているようです。

そんな赤松選手、やはり気になるのは体の状態ですが2016年シーズンのオフに人間ドックの際に初期の胃がんが発見され、そこから胃の半分を切除する手術を受けています。

その後転移が確認されたものの、赤松選手が早期復帰を希望したため効果と副作用の強い抗がん剤治療を受け、なんと半年後には実戦に復帰しました。

元スポーツ選手でも苦しむ人が多いという抗がん剤治療を乗り越える赤松選手の強い気持ちは、一軍復帰が出来なかった今でも讃えられるべき凄さです。

ここまで、赤松選手の経歴や家族、年俸から愛車まで紹介して参りました。

守備と走塁のスペシャリストとしてカープの低迷期から上昇までを支えた赤松選手。引退後は体をゆっくりと休めて欲しいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク