西岡剛の嫁と子供!出身高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事ではBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに所属する西岡剛選手について取り上げたいと思います。
西岡選手は俊足巧打の内野手として日本球界で活躍し、過去にはメジャーリーグにも挑戦した経歴の持ち主です。2019年シーズンからはプロ野球への復帰を目指して独立リーグの栃木でプレーすることが決まっています。

そんな西岡選手は既に結婚されているということが分かりました。そこでお嫁さんや子供について知り得た情報をお伝えします。
もちろん西岡選手の出身高校などの経歴や、これまでの野球歴などについてもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調査しましたので、お楽しみに。

西岡剛の出身高校など経歴

プロフィール
名前:西岡剛(にしおかつよし)
生年月日:1984年7月27日
年齢:
出身地:大阪府大東市
血液型:A型
身長/体重:182cm/81kg
出身高校:大阪桐蔭高等学校
趣味・特技:ドライブ
ポジション:内野手(主に遊撃手、二塁手)
背番号:1
所属チーム:栃木ゴールデンブレーブス

奈良県の郡山シニアに所属していた西岡選手。当時から実力のある選手であり、本人も大阪の名門校であったPL学園高校への入学を希望していましたがセレクションで落選したことで大阪桐蔭高校へ進学。
しかしこれを機に奮起した西岡選手は打倒PL学園を目標にぐんぐん力を伸ばし、高校生活で一度もPLに負けることはありませんでした。

今では大阪桐蔭が全国屈指の名門校となっていますが、その黄金期の始まりを築いたとも言われています。3年生では4番として甲子園にも出場するなど高校通算42本塁打の実績を評価され、2002年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから1位指名を受けました。

プロ入り後から高卒ながら即戦力級の期待をかけられ、1年目から一軍に出場し初安打を記録。

2年目には両打ちに転向して6本塁打をマークすると、3年目には一気にスタメンに定着し41盗塁で盗塁王も獲得するなどブレイクを果たしました。

以降はロッテの正遊撃手として高い出塁率と俊足を活かして中軸として活躍し、数々のタイトルを獲得するだけでなく日本代表にも選出されるなど日本を代表する内野手に成長しました。

2010年にはチームのキャプテンに就任すると開幕から成績を残し続けて首位打者にも輝き、同年オフには幼いころからの夢であったというメジャーリーグへの挑戦を発表しました。

2011年からはMLBのツインズでプレーする事となりましたが接触プレーで負傷してしまうと、以降も様々な怪我に悩まされて万全の状態でプレーが出来ないままメジャーリーグへの挑戦は2年で終えることとなりました。

しかし翌年からは日本球界の阪神タイガースに復帰すると再び内野手としてコンスタントに活躍し、ベストナインなどのタイトルも受賞。

抱えていた故障の影響もあり常に試合に出続けるシーズンこそ少なかったもののベテランに差し掛かるキャリアの中でチームを牽引しました。

その後もプレーを続けていましたが度重なる故障と不振によって年々成績が振るわなくなり、2018年に阪神を自由契約に。
しかし日本球界への復帰を諦めず、2019年からは独立リーグにあたるBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーすることが決まっています。

西岡選手のプロでの獲得タイトル・受賞歴をまとめました。

獲得タイトル・受賞歴
首位打者 1回 (2010年)
最多安打 1回 (2010年)
盗塁王 2回 (2005年、2006年)
ベストナイン 4回(遊撃手:2005年、2007年、2010年 二塁手:2013年)
ゴールデングラブ賞 3回(二塁手: 2005年 遊撃手:2007年、2010年)
<記録>
通算1000本安打 (2013年7月16日) ※史上273人目
シーズン猛打賞27回(2010年) ※日本記録
オールスターゲーム出場6回(2005年~2008年、2010年、2013年)

スポンサーリンク

西岡剛の嫁や子供について

野球選手には珍しい長髪と甘いマスクで特にロッテ時代は絶大な女性人気を誇った西岡選手。

そんな西岡選手は既に結婚されており、実は今の奥さんは2度目の結婚相手となります。

一度目の結婚は2010年で、お相手はファッションモデルの徳澤直子さん。
西岡選手の誕生日に入籍し、翌年にはメジャーリーグに挑戦する西岡選手と共に渡米してミネソタで第一子となる女の子も産まれましたが、次第に夫婦関係が悪化し離婚協議を経て2014年に離婚が成立。
子供の親権は直子さんが持っており、離婚の原因については西岡選手の浮気などが噂されていますが公表されている訳ではないので詳細は定かではありません。

以降は独身でしたが2018年オフに放送されたテレビ番組内で一般女性の嘉奈子さんという方と結婚していることが判明しました。
お子さんなどについては公表されていませんが、2019年より新たなチャレンジをする西岡選手にとっては家族の存在は大きいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

西岡剛の年俸推移と愛車遍歴

気になる年俸の推移は以下のようになっています。(金額は推定)

2003年 700万円 (契約金8000万円)
2004年 700万円
2005年 1700万円
2006年 5100万円
2007年 7000万円
2008年 1億4000万円
2009年 1億6000万円
2010年 1億7000万円
2011年 3億円
2012年 3億円
2013年 2億円
2014年 2億円
2015年 1億8000万円
2016年 1億800万円
2017年 9000万円
2018年 7500万円

2011年と2012年はMLBに在籍していたためおおよその金額となります。また2019年より所属するBCリーグでは推定年俸が発表されませんがリーグ規定により最大で250万と言われており、西岡選手にとっては大変厳しい環境と言えるでしょう。

そんな西岡選手の愛車はランボルギーニのガヤルドのようです。


【出典元:https://www.webcg.net/articles/-/3462

イタリア産の高級車であり、モデルによっては新車価格にして2000万円以上するというランボルギーニのガヤルドが西岡選手の愛車のようです。

西岡選手はスター性のある華やかなものを好む性格で、阪神に在籍していた頃にはチーム全員で行うパフォーマンスを開発するなどムードメーカーとして知られています。

長い髪を染めていた頃は軽い性格と見られることもありましたが、辛辣な横断幕を掲げるファンに対して下げてくれるよう選手自らコメントするなどチーム想いのアツい性格の持ち主です。

過去にはアキレス腱断裂という大怪我を負い歩くことすら困難な状況に引退も考えたそうですが周囲の支えもあって現役続行を決断しており、その時の決意を守るべく自由契約となっても体が動く限りは挑戦しようと過酷な環境であるBCリーグでプレーしてNPBからのオファーを待つという選択をしています。

西岡選手の経歴や家族、年俸から愛車まで紹介して参りました。2019年からは独立リーグと言う新たな舞台でNPB復帰を目指してチャレンジする西岡選手。実績と実力は誰もが認める所であり、万全の状態になり再び第一線で活躍する日を期待しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク