荒木雅博の嫁と子供!出身高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事では中日ドラゴンズに所属する荒木雅博選手について取り上げたいと思います。荒木選手は巧みなバッティングと堅実な守備が持ち味の内野手で、中日一筋を貫きチームを支え続けてきた大ベテラン選手。2000本安打を始め数々の大記録を達成しており、まさに球史に名を残す選手です。

そんな荒木選手、実は結婚されているということが分かりました。そこでお嫁さんや子供について知り得た情報をお伝えします。もちろん荒木選手の出身高校などの経歴や、これまでの野球歴などについてもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調査しましたので、お楽しみに。

荒木雅博の出身高校など経歴

プロフィール
名前:荒木雅博(あらきまさひろ)
生年月日:1977年9月13日
年齢:
出身地:熊本県菊池郡菊陽町
血液型:A型
身長/体重:180cm/77kg
出身高校:熊本県立熊本工業高等学校
趣味・特技:音楽鑑賞
ポジション:内野手(主に二塁手・遊撃手)
背番号:2
所属チーム:中日ドラゴンズ

熊本県の小さな町で生まれた荒木選手。地元でソフトボールを始めると大会で優勝するなど中心選手として活躍し、中学校では野球部でキャプテンも務めましたが当時はあまりプロへの意識はなかったそうです。進学した熊本工業高校で春のセンバツに2回出場するなど実績を重ねたことで次第にプロ入りを目標とするようになり、1995年のドラフト会議で中日から1位指名を受けました。当時の中日は競合指名の抽選を2回外しており、本来4位指名予定の荒木選手が繰り上がって指名されたそうです。

プロ入り後はなかなかポジションを掴めずに外野の守備固めなどで出場していましたが、3年目に内野手として固定され二軍に積極的に起用されるようになると守備と共に打撃も成長し、持ち前の俊足を活かして「一番セカンド」の定位置を獲得しました。以降は打撃には波があるものの守備の安定感でチームに貢献し、ショートを守る井端弘和選手との二遊間は「アライバコンビ」と呼ばれリーグ優勝の原動力となりました。
当時の落合博満監督は荒木選手の守備をメジャーリーグでも通用すると高く評価しており、井端選手のコンバートにあわせてショートも守るなど守備負担の大きい二遊間を務めながらも毎年コンスタントに成績を残し続けファンや首脳陣から厚い信頼を勝ち取りました。

ベテランの域に突入してからは徐々に出場機会を減らしながらも変わらぬ活躍を続け2017年には節目となる通算2000本安打の偉業を達成し自身のキャリアに華を添えると、2018年には同シーズン限りでの引退が報道されています。

荒木選手のプロでの獲得タイトル・受賞歴をまとめました。

獲得タイトル・受賞歴
盗塁王 1回 (2007年)
ベストナイン 3回 (2004年~2006年)
ゴールデングラブ賞 6回 (2004年~2009年)
オールスターゲームMVP 1回 (2008年)
<主な記録>
350盗塁 (2014年9月16日) ※史上17人目
2000安打 (2017年6月3日) ※史上48人目
シーズン623打数 (2005年) ※セ・リーグ記録

6回のゴールデングラブ賞や盗塁記録など、荒木選手が長年「1番セカンド」としてチームを牽引したことが分かる受賞歴になっています。

スポンサーリンク

荒木雅博の嫁や子供について

そんな荒木選手、実はすでに結婚されています。結婚はプロ8年目となる2003年のオフ。お相手は一般女性の瑞恵(みずえ)さんという方で、プロ野球選手の中には結婚相手の顔写真などを公表しない選手もいますが荒木選手は瑞恵さんとの写真を公開しています。

お二人の間には優奈花(ゆなは)ちゃんという女の子も産まれていて、時折球場に親子で荒木選手の活躍を観に来ている姿も目撃されているようです。

結婚当時は美人な奥さんということで話題にもなったようですが、荒木選手がこれだけ長く現役を続けられたのには家族のサポートの力があったのも間違いないと思われますので、綺麗なだけではなく献身的な奥さんなのではないでしょうか。

荒木選手は家族を大切にする選手として知られていて、両親の住む地元熊本にも何度も帰っては社会貢献活動や寄付を行っています。そんな荒木選手ですので、夫婦仲も円満なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

荒木雅博の年俸推移と愛車遍歴

球界を代表する守備の名手であり、中日の生え抜きスター選手である荒木選手。気になる年俸の推移は以下のようになっています。(金額は推定)

1996年 600万円 (契約金6000万円)
1997年 620万円
1998年 1200万円
1999年 1200万円
2000年 1100万円
2001年 1200万円
2002年 3000万円
2003年 3600万円
2004年 4500万円
2005年 9000万円
2006年 1億3000万円
2007年 1億4000万円
2008年 1億3500円
2009年 1億5000万円
2010年 1億7500万円
2011年 2億円
2012年 2億円
2013年 1億7000万円
2014年 1億200万円
2015年 1億1000万円
2016年 8800万円
2017年 7040万円
2018年 7000万円

レギュラー定着後は常にチームの中心として活躍していたことが分かる数字になっています。

そんな荒木選手の愛車はBMWのようです。


【出典元:https://response.jp/article/2018/06/20/311066.html

ドイツの高級車、BMWが荒木選手の愛車として選手名鑑にも紹介されています。車種についての詳細は分かりませんがタイプによっては新車価格にして1000万円以上の高級車であり、その前は同じくドイツ車であるメルセデスベンツを愛用していたという情報もあります。流石一流選手だけあって車は高級車ですが、荒木選手は非常に真面目で優しい人柄で知られています。

時には真面目が過ぎて悩み過ぎてしまう事もあったそうですが、そんな時でもファンへのサービスは欠かさないという姿勢で非常に人気があります。同僚や首脳陣からも信頼が厚く、2018年限りでの引退が取り沙汰されていますが、引退後にはコーチや監督などの指導者からテレビの解説者まで引く手数多であることが予想されます。

荒木選手の経歴や家族、年俸から愛車まで紹介して参りました。長年中日を引っ張ってきた荒木選手のプロ野球選手としてのキャリアは終盤に差し掛かっていますが、これからも球界へ携わってくれることを期待せずにはいられませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク