大野雄大の嫁と子供!出身大学や高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事では中日ドラゴンズに所属する大野雄大選手について取り上げたいと思います。

大野選手は力強い速球と切れ味鋭い変化球を操る本格派の左腕投手で、長いイニングを投げ切るタフネスさを武器に中日投手陣の柱として活躍しています。

そんな大野選手ですが、実は結婚されているということが分かりました。そこで大野選手のお嫁さんや子供についての情報をお伝えします。

もちろん大野選手の出身高校などの経歴や、これまでの野球歴などについてもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調査しましたので、お楽しみに。

大野雄大の出身大学や高校など経歴

プロフィール
名前:大野雄大(おおのゆうだい)
生年月日:1988年9月26日
年齢:
出身地:京都府京都市伏見区
血液型:O型
身長/体重:183cm/83kg
出身高校:京都外大西高等学校
出身大学:佛教大学
趣味・特技:ドライブ
ポジション:投手(主に先発)
背番号:22
所属チーム:中日ドラゴンズ

京都府で生まれた大野選手は実は幼いころに両親が離婚しており、姉と共に母子家庭で育ちました。

祖父の影響で阪神ファンだったという大野少年は小学生の頃に野球を始めると中学校ではエースとして軟式野球部の市大会で優勝するほどになり、名門校である京都外大西高校に誘われて進学します。

高校では2年からベンチ入りし、登板機会も少なかったものの2度甲子園にも出場しました。

その後選手としても人間としても成長することを目的に京都の佛教大学へと進学し、4年間で球速もアップし課題のコントールも向上すると4年生では全日本選手権大会でも好投しプロからも大きな注目を浴びました。

そして2010年のドラフト会議で中日から1位指名を受け入団に至りました。

プロ入り後はアマチュア時代に痛めた左肩の治療からスタートしましたが、徐々に登板機会を増やすと1年目の終盤には一軍デビュー。

2年目の夏頃から早くも一軍のローテーション投手として定着すると3年目に規定投球回に到達し日本代表にも選出され順調にキャリアを重ねました。

その後も持ち味の力強い投球とスタミナを発揮し中日投手陣の柱として安定した活躍を見せ、特に2015年には大きな区切りとされるシーズン200投球回も達成しています。

2016年に痛めた左肘の影響もあり2018年シーズンは一軍での勝利がありませんでしたが、今なお中日ドラゴンズを代表する選手の一人としてチームを牽引しています。

大野選手のプロでの獲得タイトル・受賞歴をまとめました。

獲得タイトル・受賞歴
月間MVP 1回(2015年5月)
最多投球回 (2015年)
<主な記録>
オールスターゲーム出場 2回(2014年、2015年)

大野雄大の嫁や子供について

そんな大野選手ですが、実は既にご結婚されています。

結婚はプロ入り2年目のオフとなる2012年の11月で、お相手は大学時代の同級生である美優奈(みゅうな)さんという当時塾講師をされていた女性です。

一般の方なので写真以外のプロフィールはあまり明らかになっていませんが、大学ではチアリーダーをしていてその姿に大野選手が一目惚れして猛アタックしたそうです。

大学3年時から交際が始まっており、怪我を抱えてプロ入りした大野選手にとって不安な時期を支えてもらったことも結婚の決め手となったようで、名古屋市内のホテルでサプライズプロポーズしたというエピソードも明らかになっています。

2017年には第一子が、そして2018年には第二子が誕生しており、家族の存在が大野選手にとって支えになっていることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

大野雄大の年俸推移と愛車遍歴

名実ともに中日の中心選手である大野選手。気になる年俸の推移は以下のようになっています。(金額は推定)

2011年 1500万円 (※契約金 1億円)
2012年 1350万円
2013年 1750万円
2014年 2800万円
2015年 4500万円
2016年 1億800万円
2017年 8640万円
2018年 8000万円
2019年 6000万円

そんな大野選手ですが、ベンツのゲレンデヴァーゲンに乗っていたという情報があります。


【出典元:https://car.biglobe.ne.jp/used_car/detail-pub-700973000930150625001/

高級車の代名詞とも言えるベンツのゲレンデヴァーゲンが以前大野選手の愛車だったそうです。

というのも、実はこの1000万円以上する車は同じく中日で活躍するベテラン投手の山井選手から格安で譲り受けたもので、それ以前はBMWのX5を愛車としていたそうです。

山井選手が好成績を残したシーズンのオフに新しく限定車のゲレンデヴァーゲンを購入するにあたり大野選手が譲り受けましたが、その次のシーズンには大野投手がかなりの好成績を残しました。

そうした経緯もありこのゲレンデヴァーゲンは「縁起が良い車」として中日投手陣の間で話題になり、大野選手も後輩に譲ることを決意したそうですので、今は異なる車種を愛用しているのかも知れません。

そんな大野選手ですが実は「口から生まれたサウスポー」というあだ名がつくほど明るく社交的な性格で、チームでは率先して笑いを取ろうとしてみたりファンサービスに勤しんだりすることで知られています。

過去には怪我や挫折を経験しており決して順風満帆とは言い切れないキャリアを歩んでいますが、女手ひとつで育ててくれた母への感謝を常に胸に秘めており、今では多くのファンに愛されています。

大野選手の経歴や家族、年俸から愛車まで紹介して参りました。シーズン2桁勝利を3回も達成しており既に中日を代表する投手である大野選手ですが、本人はさらなる活躍を志しており、今後の飛躍に期待がかかります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク