松坂大輔の嫁と子供!出身高校はどこ?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事では中日ドラゴンズに所属する松坂大輔選手について取り上げたいと思います。アメリカから帰国し、ようやく復活勝利をあげたかつての日本のエースです。
そんな松坂選手ですがどうやら結婚しているということが分かりました。そこでお嫁さんや子供について知り得た情報をお伝えしたいと思います。もちろん松坂選手の出身高校など経歴やこれまでの野球歴なんかもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調べてみましたのでお楽しみに。

松坂大輔の出身高校など経歴

プロフィール
名前:松坂大輔
生年月日:1980年9月13日
年齢:
出身地:東京都江東区
血液型:O型
身長/体重:183cm/93kg
出身高校:横浜高等学校
趣味・特技:ドライブ
ポジション:投手
背番号:99
所属チーム:中日ドラゴンズ

松坂選手は東京の下町、江東区の出身で両親は運送会社に勤めていました。3つ下の弟も愛媛マンダリンパイレーツでプレーしていたプロ野球選手です。野球の才能に恵まれた兄弟だったのですね。
松坂選手が野球を始めたのは小学4年生のとき。5歳から小学3年生までは剣道を習っていたそうです。中学ではリトルリーグに所属しています。

横浜高校に進学してからは、3年時にエースとして君臨。センバツ甲子園と夏の甲子園で連覇を果たします。夏の甲子園では準々決勝のPL学園高校戦で250球を投げて完投、決勝の京都成章高校戦ではノーヒットノーランを達成して勝利。「平成の怪物」と呼ばれるようになります。松坂選手はこの年のドラフト会議で西武ライオンズ、日本ハムファイターズ、横浜ベイスターズの3球団にドラフト1位で指名され、西武ライオンズへ入団しています。

ルーキーイヤーでは初登板で日本ハムの片岡篤史選手に155キロをマークするなど大型ルーキーとして話題をさらい、16勝をあげ最多勝、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得します。高卒の新人としては堀内恒夫選手以来33年ぶりとなる新人王を受賞します。またこの年松坂選手の発言した「リベンジ」が同じくセの新人王である上原浩治選手の「雑草魂」と共に新語・流行語大賞の大賞に選ばれます。

2年目からは10代で開幕投手を務め、新人から3年連続で最多勝を獲得するなど、西武の先発の柱として活躍します。2006年のオフにはポスティングシステムを行使し、ボストン・レッドソックスへ入団しました。

レッドソックス時代は1年目に15勝をあげて地区優勝へ貢献します。チームはワールドシリーズで優勝を果たし、松坂選手も日本人投手で初めてポストシーズンでの勝利投手となっています。翌年は開幕投手を務めて18勝をマーク。しかし3年目以後は故障や手術などもあり二桁勝利ができず、2012年オフにFAとなり、クリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結びます。

インディアンスではAAA級コロンバス・クリッパーズで過ごし、シーズン途中で自由契約となり、シーズン途中にニューヨーク・メッツとメジャー契約を結びました。メッツ一年目では先発で、2年目は先発と中継ぎで起用され、2014年オフにFAとなり、福岡ソフトバンクホークスと契約し、日本球界に復帰します。

ホークスには4年在籍しましたが故障が相次ぎ、一軍登板は2016年の一度のみに留まり、2017年オフに戦力外通告を受けて退団し、入団テストを受けて中日ドラゴンズへ入団しました。

主な獲得タイトル
・最多勝利:3回(1999年―2001年)
・最多奪三振:4回(2000年、2001年、2003年、2005年)
・最優秀防御率:2回(2003年、2004年)
・ベストナイン:3回(投手部門:1999年―2001年)
・ゴールデングラブ賞:7回(投手部門:1999年―2001年、2003年―2006年)
・新人王(1999年)
・沢村賞(2001年)

スポンサーリンク

松坂大輔の嫁や子供について

松坂選手の嫁は日本テレビでアナウンサーをしていた柴田倫世さんです。2人が出会ったのは松坂選手が2年目の2000年のことです。翌年2001年には松坂選手からプロポーズ、2004年には結婚しています。倫世さんは松坂選手よりも6歳年上です。松坂選手の活躍には倫世さんの内助の功があるのかもしれないですね。

松坂選手と倫世さんの間には一男二女で、子供が3人います。松坂選手は現在日本に暮らしていますが、倫世さんと子供達はボストンに住んでいるそうです。松坂選手が単身赴任をしている形です。野球選手は移動が多い一方で、子供達にはあまり度重なる引っ越しはよくないですよね。
子供のことを第一に考えての別居なのかもしれないですね。いずれ松坂選手が引退したら家族水入らずで過ごせるようになるかもしれません。

スポンサーリンク

松坂大輔の年俸推移と愛車遍歴

ここでは日米で投手の柱として活躍した松坂選手の年俸推移を紹介します。

1999年・・・1300万円(※契約金1億円)
2000年・・・7000万円
2001年・・・1億円
2002年・・・1億4000万円
2003年・・・1億1500万円
2004年・・・2億円
2005年・・・2億5000万円
2006年・・・3億3000万円
2007年・・・約630万ドル(約6億3000万円)
2008年・・・約830万ドル(約8億3000万円)
2009年・・・約830万ドル(約8億3000万円)
2010年・・・約830万ドル(約8億3000万円)
2011年・・・約1030万ドル(約10億3000万円)
2012年・・・約1030万ドル(約10億3000万円)
2013年・・・約10万ドル(約1000万円)
2014年・・・約150万ドル(約1億5000万円)
2015年・・・4億円
2016年・・・4億円
2017年・・・4億円
2018年・・・1500万円

最後にこちらも気になる方が多いと思われる松坂選手の愛車遍歴についてお伝えします。
松坂選手は車好きと知られており、かなりの数の自動車を持っています。最初に買ったのはトヨタのランドクルーザー。最初に助手席に乗せたのは西武の広報をしていた黒岩さんだそうです。お値段は500万円から。


【出典元:https://toyota.jp/landcruiser/gallery/

続いて同じくトヨタから高級セダンであるセルシオを購入しています。
こちらはおよそ550万円から。


【出典元:https://www.toyota.co.jp/Museum/collections/list/data/0109_ToyotaCelsiorModelUCF11.html

投手として活躍した松坂選手は外車にも手を出すようになります。ベンツが展開するSUVであるゲレンデヴァーゲンを購入します。価格もおよそ1500万円からとかなりの高級車です。


【出典元:http://kakaku.com/kuruma/used/item/16702285/

さらにキャデラック・エスクラード、フェラーリ599、ベントレー・コンチネンタルGT、ポルシェ911カレラ、ポルシェ・カイエン、ランボルギーニ・ガヤルドなどアメリカにいた頃はかなりの数の自動車を保有していたようです。

キャデラック・エスクラードはおよそ1200万円から。


【出典元:http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20150731/1065851/

フェラーリ599はなんと3500万円もするスポーツカーです。


【出典元:https://jp.autoblog.com/2011/04/14/report-ferraris-next-gen-599-to-pack-at-least-700-horsepower/

イギリスのベントレー社が出すベントレー・コンチネンタルGTはおよそ2500万円から。こちらもかなりの高級車です。


【出典元:https://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20170904-20103354-carview/

ポルシェ911カレラはおよそ1300万円から。ポルシェのフラグシップモデルとして知られるスポーツカーです。


【出典元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/911/911-carrera-models/

ポルシェ・カイエンもまたポルシェ社の販売しているSUVです。価格は約1000万円から。


【出典元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/cayenne/

ランボルギーニ・ガヤルドはランボルギーニの史上最も販売台数の多かった名車です。価格は約2700万円から。


【出典元:https://jp.autoblog.com/2010/09/29/lamborghini-gallardo-lp570/

ただ松坂選手の現在の愛車はトヨタのレクサスであると言われています。
拾ってくれた中日への感謝の気持ちとして、中日のお膝元・愛知に本社を置くトヨタ車を買おうと思ったのかもしれないですね。レクサスはトヨタの高級車で、価格はおよそ1000万円からです。


【出典元:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1113014.html

さてこの記事では大エースとしての復活を期する松坂選手のこれまでの経歴や野球歴のほか、嫁や家族のこと、年俸推移や愛車について紹介してきました。

松坂選手の同年代、いわゆる松坂世代は今や大ベテランの域になりつつあります。チームの中心から外れたり、クビになっていたりする選手も少なくありません。松坂選手にも往年の実力は、残念ながらもうないかもしれません。ただ人気は健在で2018年のオールスターで、松坂選手はセ・リーグ先発部門の第一位に選ばれました。世代のリーダーとして松坂選手がこれからどのような復活劇を歩むのか、これからも目が離せません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク