則本昂大の嫁と子供!出身大学や高校は?年俸推移と愛車も紹介!

この記事では東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する則本昂大選手について取り上げたいと思います。則本選手は無尽蔵のスタミナと驚異的な奪三振能力を兼ね備えた本格派の投手で、楽天のエースとして活躍するだけでなく、日本代表・侍ジャパンにも選出されている日本球界を代表する右の先発ピッチャーです。

そんな則本選手ですがどうやら結婚しているということが分かりました。そこでお嫁さんや子供について知り得た情報をお伝えします。

もちろん則本選手の出身高校や大学などの経歴や、これまでの野球歴などについてもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車などについても調査しましたので、お楽しみに。

則本昂大の出身大学や高校など経歴

プロフィール
名前:則本昂大(のりもとたかひろ)
生年月日:1990年12月17日
年齢:27歳
出身地:滋賀県犬上郡多賀町
血液型:A型
身長/体重:178cm/82kg
出身高校:滋賀県立八幡商業高等学校
出身大学:三重中京大学
趣味・特技:バス釣り、模型作り
ポジション:投手
背番号:14
所属チーム:東北楽天ゴールデンイーグルス

則本選手は滋賀県の犬上郡多賀町という人口約7000人の小さな町の出身です。小学生の時に地元の多賀少年野球クラブで野球を始め、エースとして全日本大会にも出場するなど、既にこのころから好投手としての片鱗を見せ始めていたようです。

また、野球と並行して水泳教室にも通っていたようで、則本選手本人はその頃は毎日習い事で大変だったと振り返っていますが、水泳の練習で培われた柔軟さが現在の則本投手の持つ投球スタイルやタフさに繋がっていると言われています。

滋賀県立八幡商業高校でもエースとして活躍しますが甲子園出場はならず、それでも三重中京大学に進学すると1年生からリーグ戦に出場すると主力投手として投げ続け、三重県リーグ通算では33勝0敗、防御率0.56という圧倒的な成績を残しドラフト候補に。

2012年のドラフト会議で楽天から2位指名を受け、入団が決まりました。ちなみに則本選手には佳樹さんという弟がいるのですが2018年のドラフト会議で楽天から育成2位指名されました。

実は則本選手、大学3年生の時にナゴヤドームで行われたスピードガンコンテストに一般参加して143キロを記録したというエピソードの持ち主。ドラフトで指名されたのは楽天からでしたが、もしかすると中日のスカウトの目にも止まっていたかもしれませんね。

そして則本選手のプロ野球人生の始まりは、なんと開幕投手。当時の楽天のエース・田中将大選手がシーズン開幕前のWBCに出場したことによる疲労を考慮して則本選手が抜擢される形となりました。
リーグでは実に55年ぶりとなる新人での開幕投手は、則本選手への首脳陣の期待の表れと言えるでしょう。

開幕戦こそ敗れたものの、その後は期待に応える活躍で松坂大輔以来となる新人での15勝を挙げ新人王を獲得。充実のルーキーイヤーを過ごしました。

2年目以降も則本選手は活躍を続け2018年シーズンまで6年連続で2桁勝利を達成していましたが、2019年シーズンは開幕前の3月に右肘の手術をしたことによりシーズン途中からの復帰となり5勝5敗の成績で連続2桁勝利記録が途絶えました。

なお2019年シーズンオフ期間の10月28日、国内フリーエージェント権を保有していた則本選手でしたが権利を行使したうえで楽天に残留することを球団が発表しました。

則本選手のプロでの獲得タイトル・受賞歴をまとめました。

主な獲得タイトル
新人王 (2013年)
最多奪三振 5回(2014~2018年)
月間MVP 2回(2014年6月、2017年5月)
《主な記録》
シーズン完封勝利 7 ※球団記録
新人から4年連続開幕投手 ※2リーグ制移行後史上初
新人から5年連続二桁勝利
8試合連続二桁奪三振 ※ 日本記録世界記録タイ

ご覧のように連続記録と三振記録を数多くマークしている則本選手。入団から毎年活躍を続けていることが分りますね。

ではここで則本選手の最大の魅力である奪三振のシーンをご覧ください。

その活躍は楽天にとどまらず日本代表・侍ジャパンにも選出されて2017年のWBCに出場。さらにプロ野球選手による滋賀県人会の副会長を務めるなど、グラウンド外でも頼れる人柄を発揮しています。

スポンサーリンク

則本昂大の嫁や子供について

そんな則本選手、実は既婚者であり、既に一児のパパでもあります。

則本選手の結婚相手は、八幡商業高校時代の後輩である紋華(あやか)さん。

元会社員の一般女性のため顔写真は公開されていませんが柴崎コウさん似の美人と噂されており、高校時代に野球部のマネージャーとして入部してきた紋華さんを見た則本選手が「可愛い子が入って来たな」と思ったというエピソードもあるそうです。

野球部のエースと後輩の美女マネージャーカップルなんて漫画のようですが、実は交際が始まったのは高校卒業後だったようで、野球部のOB会で再会したことから交際に発展し、則本選手のプロ1年目・2013年のオフシーズンにゴールインしました。

プロ野球選手の奥さんの中には元芸能人であまり野球に興味のない方もいらっしゃいますが、紋華さんは流石元マネージャーということで実際に球場まで則本選手の登板試合を観戦に来たり、体を気遣った料理を作ったりと献身的なサポートを行っているようです。

更に2016年には第一子となる女の子を授かり、則本選手は愛する家族と支え合ってプロ野球選手生活を送っているようです。

スポンサーリンク

則本昂大の年俸推移と愛車

今や日本を代表する右腕である則本選手。ルーキーイヤーから活躍を続けており、その年俸も年々上昇しています。年俸の推移は以下のようになっています。

2013年 1200万円(※契約金7000万円)
2014年 6000万円
2015年 1億2000万円
2016年 1億5000万円
2017年 2億円
2018年 2億5000万円
2019年 2億5000万円
※2017年から3年契約

これは楽天の選手ではFAで獲得した岸孝之選手に次ぐ額で、チームの柱であることが伺えます。

続いては則本選手の愛車について。過去にテレビ番組に出演した際に愛車として紹介されたのはダッジ・チャレンジャー。


【出典元:https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/15/700020260130180330001.html

この車種はアメリカのクライスラーが販売しているモデル。価格は600万円前後とされています。

これは2016年時点での情報ですおので、既に新しい車に代わっている可能性もありますが、則本選手は自動車の模型を作るのが趣味という程の車好きですので今も大事にこの外国車に乗っていることも十分に考えられます。
年俸の使い道にゲームへの課金を挙げるなど、沢山の年俸を貰っていても庶民的な一面が見えるところも則本選手の魅力と言えるでしょう。

さてこの記事では則本選手の経歴や家族、年俸から愛車まで紹介して参りました。近い将来にはメジャー挑戦も噂される則本投手の活躍に今後も目が離せません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク