田中和基の彼女と熱愛情報!出身大学や高校は?年俸推移と師匠と慕う人物について!

この記事では東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する田中和基選手について取り上げたいと思います。2018年パ・リーグの新人王に輝いた選手です。そんな田中選手はまだ結婚されていないようです。

そこで彼女はいるのか、いるのならばどんな女性なのか、噂を含め熱愛に関する情報をお届けします。もちろん田中選手の出身高校や大学など経歴やこれ までの野球歴なんかもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移やプロ入り後に慕う師匠などについても調べてみましたのでお楽しみに。

田中和基の出身大学や高校など経歴

プロフィール
名前:田中和基
生年月日:1994年8月8日
年齢:
出身地:福岡県福岡市
血液型:A型
身長/体重:181㎝/75㎏
出身高校:西南学院高等学校
出身大学:立教大学
趣味・特技:ゲーム
ポジション:外野手
背番号:25
所属チーム:東北楽天ゴールデンイーグルス

田中和基選手の家族構成は両親と兄がひとりです。田中選手の兄・雄基さんは医学部に進んで医師になったそうです。田中和基選手の母校である西南学院高校も偏差値70を超える進学校であり、兄弟揃って頭脳明晰なんですね。

田中選手は小学校3年生から野球を始めます。中学では一度硬式野球チームに所属しますが勉強に専念するために退部し、中学校の軟式野球部に所属します。

西南学院に進学した後は野球部に捕手がいなかったために両打ちの捕手として1年秋からレギュラーの座を掴みます。田中選手は右打席で10本、左打席で8本、計18本塁打を高校時代に記録し、西南学院野球部を27年ぶりに3回戦へ導いています。

立教大学へ進学後、田中選手は4軍扱いの「D班」から野球部生活を始めます。しかし2年夏にはリーグ戦へのベンチ入りが許される「A班」へ昇格。2年秋には左翼手のレギュラーを掴み、左打ちに専念して打率.302 2本塁打を記録します。

4年生の春からは両打ちに戻し、7月にはハーレムベースボールリーグの代表にも選ばれました。田中選手は大学通産で59試合に出場し、打率.270 9本塁打 28打点 16盗塁を記録しました。

俊足強打の外野手としてプロに注目された田中選手は2016年のドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスに3位指名を受けて入団します。背番号は25に決まりました。

ルーキーイヤーとなる2017年、田中選手は開幕を2軍で迎え、5月16日に昇格すると翌17日に初出場を果たします。51試合に出場し、打率.111に留まりますが田中選手はプロ初盗塁や初本塁打を記録しています。クライマックスシリーズでも埼玉西武ライオンズ戦と福岡ソフトバンクホークス戦で合計4試合に出場しました。

二軍では好成績を収め、フレッシュオールスターに選ばれ、シーズンオフには台湾のウインターリーグにも出場しています。

2年目、田中選手は開幕を一軍で迎えますが打撃不振で4月5日に二軍へ降格します。二軍でも打撃不振が続く中、当時の池山二軍監督の発案で大谷翔平選手を参考にノーステップ打法に挑戦します。

5月23日にオコエ瑠偉選手の故障によって一軍昇格した田中選手は一気にブレークします。5月26日から6月8日にかけて11試合連続安打を、8月1日には島内宏明選手、茂木栄五郎選手に続く生え抜きの二桁本塁打を記録しました。

6月半ばには梨田昌孝監督に代わって指揮を執る平石洋介監督代行のもと田中選手は1番・中堅で起用され、生え抜き最多となる18本塁打をマークし21盗塁を決めました。田中選手はシーズンオフに日米野球に選ばれ、楽天初となる新人王に選出されました。

主な獲得タイトル
・新人王(2018年)

スポンサーリンク

田中和基の彼女や熱愛情報!

田中和基選手はスタイルもよく顔も爽やかなため女性ファンが非常に多いのではないでしょうか。そのため田中選手の恋愛事情を気にされる方もいるでしょう。

調べたところ、田中選手に彼女らしい噂はありませんでした。まだ2年目のシーズンが終わったばかりで彼女や結婚にまで気が回らないかもしれません。

田中選手は好きなタレントにモーニング娘の元メンバーでハロー!プロジェクトのリーダーも務めた高橋愛さんを挙げています。高橋さんはご結婚されていますが、いずれ仙台市で高橋さんに似た彼女と歩く田中選手の姿が報道される日もくるかもしれないですね。

スポンサーリンク

田中和基の年俸推移とプロで慕う師匠について

ここでは3拍子揃ったスイッチヒッターである田中和基選手の年俸推移についてご紹介します。

2017年・・・1200万円(※契約金1200万円)
2018年・・・1300万円
2019年・・・4000万円

最後に田中和基選手がプロの世界で「師匠」と慕う2人の選手について紹介します。

抜群の身体能力を持つ田中選手ですが、プロの世界は身体能力だけでは成功できません。田中選手にプロの流儀を伝えた「師匠」とも呼ぶべき選手が2人います。

ひとりは2017年まで東北楽天ゴールデンイーグルスにいた松井稼頭央選手です。同じスイッチヒッターとして田中選手は松井選手を「一番尊敬している」と発言しており、2017年オフ、共に自主トレを行っています。

そしてもうひとりが同じ楽天の外野手としてプレーする島内宏明選手です。島内選手は左の好打者としてチームの中心で活躍しています。田中選手はルーキーイヤーから島内選手のマネージャーを自称するほど慕っており、逆に島内選手も田中選手から精神面で見習うことがあるなどいい関係を築いています。

松井選手は埼玉西武ライオンズの二軍監督に就任して疎遠になるかもしれませんが、2人の薫陶を受けてより飛躍する姿を見たいですね。

この記事では走攻守にスケール感を見せ、東北楽天ゴールデンイーグルス初の新人王に輝いた田中和基選手についてその経歴や野球歴、彼女や熱愛情報、年俸推移やプロ入り後の師匠について紹介しました。

残念ながら2018年シーズン最下位に終わった楽天は、2019年シーズンへの巻き返しに向け浅村栄斗選手を始め積極的な補強を推し進めています。中でも田中選手には2018年以上の活躍が求められてきます。

プレーすべてでレベルアップして楽天を牽引していく田中和基選手の活躍に期待したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク