斎藤佑樹の彼女と熱愛情報!出身大学や高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事では北海道日本ハムファイターズに所属する斎藤佑樹選手について取り上げたいと思います。斎藤選手はかつて「ハンカチ王子」の愛称で甲子園を沸かせ、アマチュア時代から注目を集めていた投手です。現在は日本ハムに所属、右肩の怪我で投球スタイルの変更を迫られながらも、復活を目指して日々練習を重ねています。
そんな斎藤選手はまだ結婚されていないようです。そこで斎藤選手の彼女について噂も含めてこれまでの熱愛情報をお伝えします。もちろん斎藤選手の出身高校などの経歴や、これまでの野球歴などについてもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調査しましたので、お楽しみに。

斎藤佑樹の出身大学や高校など経歴

プロフィール
名前:斎藤佑樹(さいとうゆうき)
生年月日:1988年6月6日
年齢:
出身地:群馬県太田市
血液型:A型
身長/体重:176cm/76kg
出身高校:早稲田実業学校高等部
出身大学:早稲田大学
趣味・特技:釣り
ポジション:投手
背番号:1
所属チーム:北海道日本ハムファイターズ

斎藤選手の父親はかつて社会人野球でプレーしていた経験があり、幼少期から兄弟ともに野球について厳しく指導されながら育ったようです。地元の中学校を経て、文武両道を目指して名門・早稲田実業に進学すると3年生で甲子園に春夏連続出場。夏の決勝戦では田中将大選手擁する駒大苫小牧高校と引き分け再試合の大熱戦を演じたこと、そしてマウンド上でハンカチを取り出して汗をぬぐう姿から「ハンカチ王子」の愛称で人気を集めたことはご存知の方も多いでしょう。プロからの注目も集まりましたが早稲田大学への進学を選択し、1年生の開幕戦で勝利投手の鮮烈デビューを飾るとその後4年間で大学日本代表も含めてフル回転。4年生の最後には大学日本一に輝き、2010年のドラフトでは4球団が1位指名で競合する中、抽選権を獲得した日本ハムへ入団しました。

ルーキーイヤーは4月に早々と初先発初勝利を挙げるとトータル6勝をマークし、翌年には開幕投手に抜擢。その大舞台でプロ初の完投勝利を挙げ、アマチュア時代から変わらぬ勝負強さを見せつけたものの、夏場以降に調子を崩し二軍落ち。そしてシーズン終盤には右肩の関節唇損傷と診断されました。これまで手術を行ってから満足に復帰した選手がいない程の大怪我であり、高校時代から投げ続けてきた勤続疲労と球速を求めてフォームを乱したことによって斎藤選手もこの怪我を負うことになったと言われています。それでも斎藤選手は負担の少ないフォームへの改造と懸命なリハビリによって2014年には一軍で758日ぶりの勝利を挙げ、2016年には背番号をアマチュア時代の「1」に戻し、復活に向けて努力を続けています。

斎藤選手のプロでの受賞歴と記録をまとめました。

受賞歴・主な記録
《受賞歴》
オールスターゲーム SKYACTIV TECHNOLOGY賞(2011年)
《主な記録》
初登板・初先発登板・初勝利・初先発勝利 (2011年4月17日)

スポンサーリンク

斎藤佑樹の彼女や熱愛情報!

高校時代には「ハンカチ王子」として全国区の知名度を誇りフィーバーを巻き起こした斎藤選手。未だに独身ではあるものの、やはりモテるのでは?と想像してしまいます。実はこれまでにも様々な有名人との熱愛疑惑が浮上したことがあります。

学生時代には女優の北川景子さんや深田恭子の名前が挙がる事もあり、後に斎藤選手自身が交際関係は否定していますが、面識があった事は間違いないようです。プロ入り後にはアナウンサーの小林麻耶さんとの関係が報道されたこともありましたが、これも双方が知人であると発表しており、その後の発展も無かったことを考えると交際関係が本当にあったかどうかは分かりませんね。

こうした著名人との噂は斎藤選手のネームバリューによるところが大きいようで、スクープを狙う週刊誌からすると面識があるというだけでもネタとして扱われてしまい、過去には全く根も葉もないことを書かれて困っていたこともあるそうです。

しかし中には真実味のある噂もあるようで、2017年には一般女性と買い物をしている写真が出回ったかと思えば、2018年6月には30歳を迎える斎藤選手がある女性を知人に彼女として紹介していたという記事も。その二人の女性が同一人物かどうかは分かりませんが、どうやら斎藤選手の交際相手は一般の方という見方が強まっています。

スポンサーリンク

斎藤選手の年俸推移と愛車遍歴

グラウンド内外で話題を集める斎藤選手ですが、気になる年俸の推移は以下のようになっています。(金額は推定)

2011年 1500万円 (※契約金 1億円)
2012年 3000万円
2013年 3500万円
2014年 2800万円
2015年 2500万円
2016年 2300万円
2017年 2000万円
2018年 1830万円

開幕投手として活躍した2012年を最後に年俸は微減を続けており、年齢的に見ても斎藤選手にとっての正念場のシーズンが続いていると言えるでしょう。

そんな斎藤選手の愛車については様々な噂がありますが、フォレスターに乗っていたという情報があります。


【出典元:http://kakaku.com/item/K0000438291/images/

以前テレビ番組に出演した際にポルシェへの憧れを語ったり、出版社社長からマカンを贈られたという報道があったりと、外国車のイメージが持たれがちな斎藤選手ですが、実は地元のスバル車を愛用しているそうです。フォレスターの前にもBRZに乗っていたという情報もありますが、元々父親が社会人野球で所属していたチームが富士重校だったということもあり、、スバルの広告や北海道スバルのCMに起用された経験があるほどスバルは斎藤選手にとって馴染み深いメーカーのようですね。今はもう次のスバル車に乗り換えているかもしれません。もちろん外国車への憧れは本当でしょうが、中には成績を残していないのに高級車に乗るなんて、という批判の声も挙がるほど注目を浴びる存在です。結局噂になったマカンも売却してしまったようで、地元のメーカーが実は落ち着くのかもしれません。

斎藤選手の経歴や彼女、年俸から愛車まで紹介して参りました。高校、大学からプロまで全て日本一を経験しており「持ってる」と称される斎藤選手。現在は怪我を乗り越え苦難の日々が続いていますが、このまま終わってしまうのか。それとも再び脚光を浴びるときが来るのか。注目せずにはいられません。


スポンサーリンク