有原航平の彼女と熱愛情報!出身大学や高校は?年俸推移と人命救助エピソードも!

この記事では北海道日本ハムファイターズに所属する有原航平選手について紹介いたします。
有原選手は高身長から投げ下ろす150km/hを超すストレートと鋭い変化球を持ち味とする先発右腕で、過去には新人王も獲得するなど日本ハムの先発ローテを支える存在です。

そんな有原選手はまだ結婚されていないようです。そこで有原選手の彼女について噂も含めてこれまでの熱愛情報をお伝えします。

もちろん有原選手の出身高校や大学などの経歴や、これまでの野球歴などについてもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移などについても調査しましたので、お楽しみに。

有原航平の出身大学や高校など経歴

プロフィール
名前:有原航平(ありはらこうへい)
生年月日:1992年8月11日
年齢:
出身地:広島県広島市佐伯区
血液型:AB型
身長/体重:189cm/101kg
出身高校:広陵高等学校
出身大学:早稲田大学
趣味・特技:寝ること
ポジション:投手
背番号:16
所属チーム:北海道日本ハムファイターズ

小学校2年生の頃に地元の野球チームで投手として野球を始めた有原選手。中学校では軟式野球部のエースとして活躍すると高校は広島県の名門である広陵高校に進学しました。

高校では2年生からベンチ入りすると3年生では春夏連続で甲子園に出場し、特に春はチームをベスト4に導く活躍でエースとして力投しました。

その後は早稲田大学に進学するという名門校から名門校へのエリートコースを辿り、1年生から主力投手として活躍。
4年生までリーグ戦で投げ続け、数々の個人タイトルに輝くだけでなくチームの大学日本一にも貢献し日本代表候補にも選ばれました。

一方で右肘の怪我も持ち合わせており、プロでの活躍について不安視する声もありましたが、2014年のドラフト会議では広島、阪神、横浜DeNAと日本ハムからの4球団競合で1位指名を受け、抽選で交渉権を引き当てた日本ハムへと入団しました。

即戦力として期待されたプロ1年目は開幕こそ二軍で迎えたものの、二軍で結果を残したことですぐに一軍に合流しその年の新人で最速となる勝利を挙げると、その後もコンスタントに投げ続け新人王を獲得。

2年目には初の2桁勝利となる11勝をマークし、翌年も10勝とチームのエース格として結果を残しています。

月間MVPを2度獲得している反面、2017年は11勝13敗を記録するなど勝ち数に対して負け数も多いという好不調の波が激しい一面はありながらも、入団から3年連続で無四球完封勝利を記録するなど好調時には手が付けられないほどの怪投を見せる存在です。

入団当初に心配された右肘の状態も近年は良好で、これからますますの活躍が期待されています。

有原選手のプロでの受賞歴と記録をまとめました。

主な獲得タイトル
新人王 (2015年)
月間MVP 2回(2016年7月、2018年7月)
<主な記録>
オールスターゲーム出場 1回(2016年)

スポンサーリンク

有原航平の彼女や熱愛情報!好きなタイプは?

そんな有原選手ですが、まだ結婚はされていません。

中には結婚までは交際を一切オープンにしないという選手も珍しくありませんが、若くして一軍でバリバリ活躍しているプロ野球選手として人気も高い有原選手には今の所交際の噂なども持ち上がっておらず、フリーなのだと思われます。

過去には選手名鑑の「好きなタイプ」という質問に対して「明るくて優しい人」と回答していた有原選手ですが、実は北海道文化放送のアナウンサーであり日本ハムの選手にも取材を行っている中野涼子さんのファンなんだとか。

過去にはそうした経緯からアタックをしてアナウンサーと結婚したプロ野球選手も少なくないので、もしかすると有原選手にもそういった可能性があるかも知れません。

スポンサーリンク

有原航平の年俸推移と人命救助エピソード

新人王と言う限られた選手しか獲得出来ない賞を受賞している有原選手の気になる年俸の推移は以下のようになっています。(金額は推定)

2015年 1500万円(※契約金 1億円)
2016年 3000万円
2017年 6000万円
2018年 7000万円
2019年 7000万円

そんな有原選手ですが、過去にはチームメイトの斎藤佑樹選手と車で移動していた最中に対向車線の車がスリップして横転するという事故現場に遭遇し、その場で救助活動を行った事で運転していた男性が軽傷で済んだというエピソードがあります。

冬の北海道ということで事故が起きやすい状況と言うこともありましたが、斎藤選手と有原選手の速やかな行動によって大きな被害になる前に慌てず救助することが出来たというのはアスリート以前に人間として素晴らしい事ですね。

実は有原選手は試合中にはアドレナリンが出ているからか、納得のいかない判定や失点の際につい感情を表に出してしまうシーンが目立つという事で気性が荒いのではと言われることもありました。
しかし実際はトレーニング熱心で真面目な性格で、あまりにずっとトレーニングマシンのバイクを漕いでいることから“バイク王”“キング”というあだ名でチームメイトからいじられるなど後輩からも親しまれる存在の様です。

有原選手の経歴や彼女の噂、年俸からエピソードについて紹介して参りました。恵まれた体格から繰り出される150km/hオーバーの直球と多彩な変化球を操り、日本ハムのエースとして将来を有望視される有原選手。これからもっと確実性を高め、球界のエースと呼ばれる存在になっていくことが期待されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク