井川慶の嫁と子供!出身高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事では現在無所属の井川慶選手について取り上げたいと思います。NPBへの復帰を目指して挑戦を続けるベテラン左腕です。そんな井川選手ですがどうやら結婚しているということが分かりました。

そこでお嫁さんや子供について知り得た情報をお伝えしたいと思います。もちろん 井川選手の出身高校や大学など経歴やこれまでの 野球歴なんかもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調べてみましたのでお楽しみに。

井川慶の出身高校など経歴

プロフィール
名前:井川慶
生年月日:1979年7月13日
年齢:
出身地:茨城県東茨城郡大洗町
血液型:O型
身長/体重:186㎝/93㎏
出身高校:茨城県立水戸商業高等学校
趣味・特技:ラジコン、ゲーム
ポジション:投手
背番号:なし
所属チーム:なし

井川選手の実家はどうやら両親と姉がいるようですが、細かなことは分かりませんでした。井川選手の実家は、埼玉西武ライオンズのコーチや東北楽天ゴールデンイーグルスの監督を務めた大久保博元さんの実家と近く、井川選手は小中高と大久保さんと同じ学校に通っていたそうです。

そんな井川選手が野球を始めたのは小学生のとき。なんと小学生のころは右投げだったそうです。水戸商業高校へ進学後は7回参考記録ながら完全試合を達成するなど、甲子園に出場することはありませんでしたが、川口知哉選手、能見篤史選手らと「高校生左腕三羽烏」と呼ばれました。

1997年のドラフト会議で、井川選手は阪神タイガースにドラフト2位で指名され、入団します。

井川選手はルーキーイヤーを2軍で過ごし、2年目に中継ぎとして1軍でプロ初勝利を達成します。翌々年の2001年には先発ローテーションの一角を担い、9勝13敗と負け越しながらもリーグ2位となる防御率2.67を記録しました。この年はオールスターゲームへの初出場もしています。

2002年には開幕投手を務めて14勝を記録。206奪三振で初のタイトルとなる最多奪三振を獲得します。井川選手は翌2003年も開幕投手を務め、セでは1999年の上原浩治選手以来となる20勝をあげました。

2004年は自身初のノーヒットノーランを達成しますが、不調から防御率が悪化。11敗を喫してしまいます。この年のオフから井川選手は毎年ポスティングシステムを行使してのメジャー移籍を球団へ希望するようになりました。

2005年、井川選手は1000投球回を達成。13勝を挙げ優勝へ貢献します。2006年には5年連続となる二桁勝利を記録し、球団もポスティングシステムの行使を容認し、井川選手はニューヨーク・ヤンキースへ移籍しました。

移籍1年目となる2007年、井川選手先発として勝利も挙げますが、中継ぎとしてメジャーとマイナーを行き来する起用から脱せず不本意な成績を残します。翌2008年も開幕からつまずき、40人枠から外れ、3Aスクラントンでプレーします。スクラントンでは14勝を記録し、ベストナインに当たる「オールスターチーム」の左腕投手部門に選ばれました。

2009年、井川選手はメジャーで登板することはありませんでした。2010年からもメジャーで登板することはなく帰国し、2011年オフ、阪神時代の監督である岡田彰布さんが監督を務めるオリックスバファローズへ移籍します。

2012年はシーズン途中から先発登板しますが故障の影響で2勝に終わり、シーズンオフに左肘のの手術を受けます。翌年は術後のリハビリと腰の違和感で出遅れ3勝止まりでしたが、防御率自体は2.59と改善されます。

しかし翌年は初登板で打ち込まれ、若手の台頭もあって井川選手は5月以後登板機会に恵まれませんでした。2015年オフに自由契約となります。

井川選手はオリックス退団後も現役続行の意思を見せ、合同トライアウトには参加せずトレーニングを続けました。2016年2月からはBASEBALL FIRST LEAGUE(BFL)に加盟する兵庫ブルーサンダーズの練習へ参加し、2016年シーズン終了後の12月に正式に選手契約を結びました。

2017年は兵庫で11勝を記録し、最多勝、最優秀防御率、最多奪三振のタイトルを獲得します。井川選手は2017年限りで兵庫を退団し、現在は兵庫の選手とトレーニングし、どこにも所属しない形で現役を続行する「休養」状態であると自身のブログで発表しています。

主な獲得タイトル
・最優秀防御率:1回(2003年)
・最多勝利:1回(2003年)
・最多奪三振:3回(2002年、2004年、2006年)
・最高勝率:1回(2003年)
・MVP:1回(2003年)
・沢村賞:1回(2003年)
・ベストナイン:1回(2003年)
・月間MVP:3回(2002年4月、2003年6月、2003年7月)
・最優秀バッテリー賞:1回(2003年、捕手:矢野輝弘)

スポンサーリンク

井川慶の嫁や子供について

井川選手は2007年のオフに自身のブログで結婚を発表しています。奥さんについての情報はまったくないのですが、ブログでも居住先のタンパで食事をサポートしてもらっていると書いているのでかなり献身的な人だと考えられます。

現在も現役続行のためにトレーニングを続ける井川選手をサポートしているようで、井川選手も奥さんのために頑張っていると発言しています。

そんなおふたりの間に子どもがいるかどうかは情報がないため不明です。しかし2018年現在、井川選手は無給でトレーニングに励んでいるらしく、おそらく子育てをする費用などは捻出できないのではないでしょうか。

そのため、渡米した際に子宝に恵まれていなければ、現在も子どもがいない可能性が大きいのではないかと考えられます。

スポンサーリンク

井川慶の年俸推移と愛車遍歴

ここでは阪神の元左のエースであり、現在もトレーニングを続ける井川慶選手の年俸推移を紹介します。

1998年・・・600万円(※契約金8000万円)
1999年・・・600万円
2000年・・・680万円
2001年・・・900万円
2002年・・・3800万円
2003年・・・1億円
2004年・・・2億1000万円
2005年・・・2億2000万円
2006年・・・2億3000万円
2007年・・・約4億円(約400万ドル)
2008年・・・約4億円(約400万ドル)
2009年・・・約4億円(約400万ドル)
2010年・・・約4億円(約400万ドル)
2011年・・・約4億円(約400万ドル)
2012年・・・1億円
2013年・・・1億円
2014年・・・6000万円
2015年・・・4800万円
2016年・・・0円
2017年・・・0円
2018年・・・0円

最後にこちらも気になる方が多いと思われる、井川慶選手の愛車遍歴についてご紹介します。井川選手は大の倹約家として知られており、球団から支給された新幹線のチケットを自由席に変えて差額を儲けた、沖縄キャンプに現金数万円しか持たずバスで移動したなどの伝説が残っています。

しかしそんな井川選手でも渡米前には車が必要だと感じたのか、時期は未詳ですがレクサスLSを購入したようです。トヨタの展開する高級セダンであり、価格は1000万円もします。倹約家らしからぬ高いお買い物ですが、2018年現在もレクサスに乗っているらしく物持ちのよさは流石だと思います。


【出典元:https://bestcarweb.jp/news/business/2956

この記事では現役を諦めない井川慶選手のこれまでの経歴や野球歴、嫁や子供、年俸推移や愛車遍歴についてご紹介しました。
井川選手はもう39歳。同年代の選手も引退が相次ぎ、NPBへの復帰はなかなか厳しいのではないでしょうか。いずれ身を退いて指導者として野球界へ携わるのか、それとも現役を貫くのか、予想もできないのが井川選手らしさだと思います。これからも注目して見ていきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク