山口鉄也の嫁と子供!出身高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事では読売ジャイアンツに所属する山口鉄也選手について取り上げたいと思います。2018年シーズンで引退を発表した、「風神」と呼ばれて親しまれた中継ぎ投手です。そんな山口選手ですがどうやら結婚しているということが分かりました。

そこでお嫁さんや子供について知り得た情報をお伝えしたいと思います。もちろん山口選手の出身高校や大学など経歴やこれまでの 野球歴なんかもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調べてみましたのでお楽しみに。

山口鉄也の出身高校など経歴

プロフィール
名前:山口鉄也
生年月日:1983年11月11日
年齢:
出身地:神奈川県横浜市神奈川区
血液型:A型
身長/体重:184㎝/88㎏
出身高校:横浜市立横浜商業高等学校
趣味・特技:ボーリング
ポジション:投手
背番号:47
所属チーム:読売ジャイアンツ

山口鉄也選手の家族構成は父親の恒雄さん、母親の美津子さん、そして兄の大輔さんです。両親がどのようなお仕事をされているのかは残念ながら分かりませんでした。

山口選手は小学校1年生のときに、少年野球チームで野球を始めました。中学生のときにはエースとして全国大会のベスト4に進出したことがあります。

横浜商業高校に進学後、山口選手は3年夏にエースとしてチームを神奈川大会のベスト8に進出させます。甲子園へ出場することはありませんでした。

卒業後、山口選手はアリゾナ・ダイヤモンドバックスのスカウトに誘われ、マイナー契約を結び、マイナーリーグのミズーラ・オスプレイで3年間プレイします。しかしメジャー昇格はかなわず帰国します。

帰国後の2005年、山口選手は横浜ベイスターズと東北楽天ゴールデンイーグルスの入団テストを受けますが不合格となり、最後に受けた読売ジャイアンツの入団テストに合格。2005年の育成ドラフトで1位指名を受けて入団します。

ルーキーイヤーの2006年、山口選手は二軍で25試合に登板、防御率1.61という好成績を記録します。翌2007年4月に支配下登録され、巨人の育成選手として初めて一軍へ昇格します。

2008年には左のセットアッパーとして越智大祐選手、西村健太郎選手と共にブルペンを支え、67登板で11勝を記録し、新人王に輝きました。中継ぎ登板での二桁勝利は巨人初の記録となりました。この年、巨人は13ゲーム差をひっくり返す逆転優勝を果たし、山口選手はクライマックスシリーズ、日本シリーズもフル回転しました。

2009年はシーズン前にWBC日本代表へ選ばれます。シーズン中も中継ぎとして登板を重ね、育成出身としては初めてオールスターゲームに出場します。7月4日に敗戦投手となるまで前年から14連勝、83試合連続の不敗記録を作ります。

2010年、山口選手は先発へ転向しますが抑えのマーク・クルーン選手が不調のため中継ぎへ再転向します。2011年には抑え候補のジョナサン・アルバラデホ選手と越智選手の不調により、山口選手が抑えを担いますが救援に失敗し、セットアッパーに戻ることで復調しました。

2012年には史上初となる5年連続60試合登板をマーク。2013年シーズン前にはWBC日本代表に選ばれ、最多となる5試合へ登板します。シーズンも史上初となる200ホールドポイント、160ホールドを達成し、6年連続の60試合登板を果たします。

2014年には通産200ホールドを達成。2015年には8年連続、2016年には9年連続60試合登板を果たします。しかし2017年には不振や故障が相次ぎ、山口選手の60試合登板記録が途切れてしまいました。2018年は一軍登板がなく、山口選手は引退を表明しました。

主な獲得タイトル
・最優秀中継ぎ投手:3回(2009年、2012年、2013年)
・新人王(2008年)
・月間MVP:1回(2012年7月)

スポンサーリンク

山口鉄也の嫁や子供について

山口選手は2011年のオフに、会社員の青木亜希さんと結婚しています。亜希さんは山口選手の2歳下で、知人を通して知り合ったようです。

実は亜希さんは会社員になる前はファッションモデルとして働いており、なんとあの芸人の有吉弘行さんの彼女だったこともあると言われています。山口選手も「今の嫁と交際するのはちょっと気まずかった」と述べており、噂は本当だったと考えられます。

そのためというわけではないでしょうが、山口選手を検索するとなぜか「離婚」というワードが登場します。TOKIOの山口達也さんが離婚したことから、似た名前の山口選手で検索されてしまったのかもしれません。

亜希さんは料理がうまく、栄養に無頓着だった山口選手を料理でサポートするなどかなり献身的なようです。山口選手も亜希さんの好きなところを「考えがしっかりしていて、すごく大人なところ」と述べており、いい関係を築けているのではないでしょうか。

また山口選手と亜希さんの間には結婚翌年の2012年に長男が誕生しましたが、名前などは公表されていないようです。

スポンサーリンク

山口鉄也の年俸推移と愛車遍歴

ここでは左のセットアッパーとして巨人を支えた山口鉄也選手の年俸推移をご紹介します。

2006年・・・240万円(※支度金300万円)
2007年・・・240万円
2008年・・・1400万円
2009年・・・4500万円
2010年・・・1億円
2011年・・・1億1000万円
2012年・・・1億2000万円
2013年・・・2億4000万円
2014年・・・3億2000万円
2015年・・・3億2000万円
2016年・・・3億2000万円
2017年・・・3億2000万円
2018年・・・2億2400万円

またこちらも気になる方が多いと思われる、山口鉄也選手の愛車遍歴についてご紹介します。

山口選手は育成出身というだけあって経済面はかなり苦労していたようで、2009年までは巨人の先輩だった加藤健選手のキャデラックをもらって乗っていたらしいです。詳しい車種は不明ですが、安くても500万円は下りません。


【出典元:https://www.yanase.co.jp/cadillac/escalade/

また巨人にはその年最も優秀な成績を収めた選手にベンツを贈る「ヤナセ・ジャイアンツMVP賞」があり、2009年に山口選手が受賞しています。2009年は巨人が優勝したためメルセデスベンツのEクラスが贈られたと思われます。価格はおよそ700万円からです。


【出典元:https://response.jp/article/2016/10/04/282984.html

2017年のオフからは、巨人がジャガー・ランドローバー・ジャパンとオフィシャルカー契約を結び、計70台のジャガー車、ランドローバー車が提供されています。山口選手が使っているかは不明ですが、もしかしたら愛用しているかもしれませんね。


【出典元:http://caxury.com/3939

この記事では巨人のブルペンを支えた鉄腕である山口鉄也選手のこれまでの経歴や野球歴、妻子供、年俸推移や愛車遍歴を紹介しました。
山口選手は2018年シーズンでの引退を表明しました。2019シーズンは原監督の復帰が予想されているので、コーチとして恩師を支えることはあるのでしょうか。山口選手の第二の人生にも注目したいですね。


スポンサーリンク