岡本和真の嫁と子供!出身高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事では読売ジャイアンツに所属する岡本和真選手について取り上げたいと思います。巨人の次世代の四番打者として大ブレイクしようとしている選手です。そんな岡本選手ですがどうやら結婚しているということが分かりました。
そこでお嫁さんや子供について知り得た情報をお伝えしたいと思います。もちろん岡本選手の出身高校やなど経歴やこれまでの野球歴なんかもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調べてみましたのでお楽しみに。

岡本和真の出身高校など経歴

プロフィール
名前:岡本和真
生年月日:1996年6月30日
年齢:
出身地:奈良県五條市
血液型:A型
身長/体重:185cm/96kg
出身高校:智弁学園高等学校
趣味・特技:釣り
ポジション:内野手(一塁手、三塁手)、外野手
背番号:25
所属チーム:読売ジャイアンツ

岡本選手が生まれたのは人口約3万人の小さな街である奈良県五條市。吉野山地への入口に位置するのどかな街です・両親と8歳上と兄と共に岡本選手はのびのびと育ちました。

岡本選手が野球を始めたのは小学校1年生のときです。地元の軟式野球チームで投手兼内野手としてプレイしました。小学校3年生のときから最速100キロのストレートを投げ、クリーンナップを打っていた岡本選手はこのころから智弁学園への入団を目標にしていたそうです。中学でも「橿原磯城リトルシニア」に所属し、2年生のときには全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップでベスト4へ進出します。

智弁学園へ進学すると、1年の春からベンチ入りし秋から4番を打ちます。3年のセンバツ甲子園の1回戦三重高校戦で1試合2本塁打を記録するなど、高校通産で73本塁打を記録しました。18Uアジア選手権大会でも4番打者としてチームを準優勝へ導きます。2014年のドラフト会議では読売ジャイアンツから1位指名を受けて入団します。背番号は「38」でした。

ルーキーイヤーは二軍で始まり、故障で出遅れますが、8月27日に一軍へ昇格すると9月5日にはプロ初安打をホームランで飾ります。シーズンオフにはウインターリーグへ参加し、打点王のタイトルを獲得します。

翌年は1年を二軍で過ごし、二軍の打点王のタイトルを獲得します。2017年には巨人が三塁手のケーシー・マギー選手を獲得したことから、岡本選手は外野手へ挑戦し、初の開幕一軍の座を掴みます。4月には打点やマルチヒットを記録しますがすぐに二軍へ降格、そのまま二軍でシーズンを終了します。シーズンオフには背番号を、退団した村田修一選手のつけていた「25」へ変更します。

スポンサーリンク

岡本和真の嫁や子供について

高校から入団してまだ4年目、22歳と若い岡本選手ですが、2016年12月25日、クリスマスに婚姻届を提出したというニュースがありました。お相手は神奈川県出身の、化粧品会社に勤める一般女性です。2歳年上で結婚当時22歳、現在は24歳です。一般女性なので顔出しはしていませんが、似顔絵を見る限りはかわいらしい女性のようですね。

おふたりのなれそめは2014年、岡本選手が智弁学園にいたころです。夏の甲子園の智弁学園の1回戦を観戦していたお嫁さんと岡本選手が、試合後に顔を合わせたことがきっかけのようです。どういうタイミングで顔を合わせたかは不明ですが、そこでお互いに好印象を抱いたのでしょう。翌年都内の化粧品店で再開した後、1年の交際期間を経て婚約へ至ります。

プロ野球選手には食事などで家族のサポートが必要不可欠ですので、早く結婚できたのはよかったのではないでしょうか。2018年シーズンに好調を維持できているのも、お嫁さんの存在があるのかもしれないですね。

またまだおふたりの間に子供はいないようです。ジャイアンツ寮を退寮して、岡本選手にとっては日々が勝負でしょうからなかなか子供を作る機会はないかもしれないですね。レギュラーを獲得し、年俸がもっと上がる頃には、おめでたいニュースが入るかもしれませんね。

スポンサーリンク

岡本和真の年俸推移と愛車遍歴

ここでは未来の巨人の四番としてバットでアピールする岡本選手の年俸推移をご紹介します。

2015年・・・1000万円(※契約金8000万円)
2016年・・・1200万円
2017年・・・1400万円
2018年・・・1200万円

最後にこちらも気になる方の多いと思われる岡本選手の愛車情報についてお伝えします。調べたところ、岡本選手がどのような車種に乗っているかは分かりませんでした。ただ岡本選手は2018年1月13日に川崎市多摩区の交差点でバイクを運転していた10代の男性相手に人身事故を起こしており、自動車を所有しているのは確かなようです。

相手の男性は右腕のはく離骨折などの怪我をされたようですが、お互いに命に関わるようなことにはならなかったようです。その後の報道はないので、岡本選手や球団が誠意を持って相手の男性と対応したのではないでしょうか。プロ野球選手は身体が資本ですから、自動車の運転にも気をつけてもらいたいですね。

この記事では持ち前のバッティングを開花させつつある岡本選手のこれまでの経歴や野球歴のほか、嫁や家族のこと、年俸推移や愛車について紹介してきました。

読売ジャイアンツは現在の監督の高橋由伸選手や、前監督の原辰徳選手など名だたるスラッガーが在籍した球団です。岡本選手はこの系譜に名を連ねることができるでしょうか。球団の大きな期待に応える活躍を見たいですね。

スポンサーリンク