本多雄一の嫁と子供!出身高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事では福岡ソフトバンクホークスで活躍し2018年シーズン限りで現役を引退する本多雄一選手について取り上げたいと思います。
本多選手は俊足巧打の内野手として長きにわたりホークスのリードオフマンとして活躍し、盗塁王のタイトルを獲得するなど輝かしい成績を残してきた選手です。そんな本多選手、実は結婚されているということが分かりました。

そこでお嫁さんや子供について知り得た情報をお伝えします。もちろん本多選手の出身高校などの経歴や、これまでの野球歴などについてもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調査しましたので、お楽しみに。

本多雄一の出身高校など経歴

プロフィール
名前:本多雄一(ほんだゆういち)
生年月日:1984年11月19日
年齢:
出身地:福岡県大野城市
血液型:O型
身長/体重:174cm/72kg
出身高校:鹿児島実業高等学校
趣味・特技:買い物
ポジション:内野手(主に二塁手)
背番号:46
所属チーム:福岡ソフトバンクホークス

ソフトボールの国体選手で実業団でもプレーしていたという母の元に生まれた本多選手。幼い頃からグラウンドに連れて行かれては身近にあったソフトボールを投げて遊んでいたそうで、小学校1年生から少年野球チームに入りました。中学校から硬式野球に転向すると、高校は鹿児島県の名門・鹿児島実業へと進学しました。
高校ではショートとして活躍したものの甲子園出場は果たせませんでしたが、進路は社会人野球の三菱重工名古屋へ入部となり野球を続けることになりました。すると3年目となる2005年には最優秀新人賞を受賞し盗塁成功率100%を記録するなど一気に注目選手に成長。同年の大学社会人ドラフトでホークスから5位指名を受け入団しました。

入団直後は怪我で出遅れたものの、一年目の後半から一軍に定着すると翌年にはセカンドのレギュラーに定着し俊足を生かして34盗塁もマークしました。以降は打撃面でも成長を見せ2011年には打率3割を記録するなど攻守にわたってホークスのリーグ連覇に貢献すると、2年連続で盗塁王も獲得しリーグを代表するセカンドとまで呼ばれるようになりました。
それからもコンスタントに成績を残していた本多選手ですが、死球による骨折から度重なる怪我に悩まされるようになり徐々に出場機会が減少。年齢もベテランの域に差し掛かかったこともあってサブ的な役割で起用されることが多くなり、全力プレーによって痛めた首の状態が思わしくないことを理由に2018年シーズン限りでの33歳の若さで現役を引退しました。

本多選手のプロでの獲得タイトル・受賞歴をまとめました。

獲得タイトル・受賞歴
盗塁王 2回 (2010年、2011年)
ベストナイン 1回 (2011年)
ゴールデングラブ賞 2回 (2011年、2012年)
<主な記録>
オールスターゲーム出場 (2011年)
通算300盗塁 (2014年5月20日) ※史上28人目
6試合連続盗塁 (2011年7月10日~16日)

スポンサーリンク

本多雄一の嫁と子供について

小柄ながらも全力のプレースタイルで人気が高く、ファンからはポンちゃんの愛称で親しまれている本多選手。実は2011年に一般女性と結婚しています。2009年に知人の紹介から交際がスタートしたそうで、2010年には結婚を決意し「来年もっといい成績を残してプロポーズする」と宣言し、見事予告通りのキャリアハイ成績をマークしてゴールインを果たしたのだとか。

お相手は一般女性という事で奥さんのいとこのイラストレーターが描いたという似顔絵のみ公開されていますが、以前に好みのタイプは女優の松下奈緒とコメントしており、奥さんもそうなのではないかと言われています。

2013年と2014年に共に女の子が誕生しており、本多選手も引退試合のスピーチでは家族のサポートに感謝の言葉を述べていましたので夫婦仲は円満のようです。

スポンサーリンク

本多雄一の年俸推移と愛車遍歴

ホークスの中心選手として活躍した本多選手。気になる年俸の推移は以下のようになっています。(金額は推定)

2006年 720万円(※契約金 5000万円)
2007年 1000万円
2008年 4000万円
2009年 5600万円
2010年 5200万円
2011年 1億1000万円 
2012年 2億円
2013年 1億8000万円
2014年1億8000万円
2015年 1億8000万円
2016年 1億8000万円
2017年 1億8000万円
2018年 1億8000万円

そんな本多選手の愛車はポルシェカイエンという情報があります。


【出典元:http://kakaku.com/item/70101510390/

詳細な車種までは分かりませんでしたが、新車価格にして1000万から2000万弱という高級車で他のプロ野球にも人気の高いポルシェのカイエンが本多選手の愛車のようで自分で運転して球場へと通っています。最高年俸は2億円と間違いなく一流プレーヤーの本多選手は愛車もやはり高級車ですが、性格はかなり気配りの出来るタイプで知られており内野手なので試合中にはチームメートに積極的に声をかけている姿がよく見られます。

若い頃には海外志向も明らかにしていましたが怪我もあってそれは叶わず、それでも出場機会が少なくなっても引退までホークス一筋を貫きました。
引退試合には多くの選手から惜別のコメントが寄せられ、盗塁や三塁打と言った持ち味の俊足を最後に披露する活躍で自ら華を添えました。

本多選手の経歴、年俸から愛車まで紹介して参りました。巧みなバッティングと鮮やかな走塁技術でホークス打線を牽引した本多選手。怪我が原因で33歳という若さでの現役引退となりましたが、その活躍は間違いなくホークスの歴史に刻まれました。


スポンサーリンク