森唯斗の嫁と子供!出身高校は?年俸推移や家族の情報も紹介!

この記事では福岡ソフトバンクホークスに所属する森唯斗選手について取り上げたいと思います。

森選手は最速150km/hを超える速球と鋭い変化球、何より身長170cm台前半という決して大きくない体格でもボールを力強く投げ込む豪快さを武器にリリーフエースとしてホークスのブルペンを支える右腕です。

そんな森選手は実は結婚されているということが分かりました。そこでお嫁さんや子供について知り得た情報をお伝えします。

もちろん森選手の出身高校などの経歴や、これまでの野球歴などについてもご紹介します。
さらに気になる方も多い年俸推移や家族の情報などについても調査しましたので、お楽しみに。

森唯斗の出身高校など経歴

プロフィール
名前:森唯斗(もりゆいと)
生年月日:1992年1月8日
年齢:
出身地:徳島県海部郡
血液型:A型
身長/体重:176cm/95kg
出身高校:徳島県立海部高等学校
趣味・特技:釣り
ポジション:投手
背番号:38
所属チーム:福岡ソフトバンクホークス

森選手は徳島県の海部郡という小さな町の出身で、森選手が生まれた当時は海南町と言う名前でした。

地元で小学校1年生という早い時期に野球を始めた森選手は次第に投手を任せられるようになりました。

プロの中には中学校から硬式野球のリーグに参加し名門校へ進む選手も多いですが、森選手は地元の中学校の軟式野球部を経て徳島県立海部高等学校に進学しました。

高校でも森選手はエースとして活躍しましたが地方大会のチームは3回戦止まりで森選手もあまり注目される存在ではなく、卒業後は社会人野球の三菱自動車倉敷オーシャンズへと入部しました。

プロ選手も輩出しているチームで実力を磨いた森選手は徐々に頭角を現し、4年目にはエースとして他チームの補強選手と言う形で都市対抗野球にも出場。
その年のドラフト会議でホークスから2位指名を受けて入団しました。

高校卒業後に4年間の社会人野球を経て大卒選手と同年齢での入団となった森選手。

即戦力として期待され1年目の後半戦から一軍で勝ちパターンの一角として58試合に登板するフル回転ぶりでチームの日本一に貢献しました。

翌年以降も一軍で活躍を続け、2年目にはオールスターにも選出されるなど早くも球界を代表する救援右腕となりました。

2018年にはチームの守護神だったサファテ選手が離脱したために急遽抑えの役割を任せられることになりましたが、66試合に登板して37セーブを挙げる見事な活躍でタイトルを獲得しています。

入団から5年連続で50試合以上に登板する抜群のタフネスと、うち4シーズンで防御率が2点台におさまっているという安定感で今ではホークスのリリーフ陣に欠かせない存在となっています。

森選手のプロでの獲得タイトル・受賞歴をまとめました。

獲得タイトル・受賞歴
最多セーブ投手 1回(2018年)
日本シリーズ優秀選手賞 (2018年)
<主な記録>
オールスターゲーム出場 2回(2015年、2018年)
連続試合セーブ 7試合(2018年9月18日~25日)※プロ野球記録


スポンサーリンク

森唯斗の嫁や子供について

男らしいアゴひげと豪快なピッチングで女性ファンからも人気の高い森選手ですが、既に結婚されています。

結婚はルーキーイヤーとなる2014年のオフシーズンとなる12月で、お相手は元会社員の女性と発表されています。

奥さんが一般の方なので名前や顔写真については公表されていませんが、なんと中学校と高校で同級生だった女性だそうです。

社会人野球を経ているとは言え入団1年目のオフシーズンに結婚を決意するというケースは非常に珍しく、おそらくアマチュア時代から長い交際期間があったのではないでしょうか。

2017年には第二子となる男児の誕生が球団から発表されており、素敵な家庭を築かれているようです。

スポンサーリンク

森唯斗の年俸推移と家族想いのエピソード

ホークスの中心選手として活躍する森選手。気になる年俸の推移は以下のようになっています。(金額は推定)

2014年 1200万円 (※契約金 7000万円)
2015年 4800万円
2016年 7000万円
2017年 8700万円
2018年 1億3000万円
2019年 2億8000万円

そんな森選手ですが、非常に家族想いの選手として知られています。

森選手は徳島県の海沿いの小さな町の出身で、漁師をしている父親のためにプロ入りの契約金の一部を使って3トン規模の大きな新しい漁船をプレゼントしました。

森選手は高校の部活を引退してから卒業まで毎日のように漁も手伝っていたそうで、両親も森選手に感謝してプレゼントされた船は「唯斗丸」と名付けられました。

そうした森選手の優しさは言語の壁を超えて伝わるようで、ホークスの守護神として長く活躍したデニス・サファテ選手と非常に仲が良いことでも知られています。

森選手には同じく三菱自動車倉敷オーシャンズでプレイしていた弟がいますが、サファテ選手からも「ブラザー」と呼ばれ、サファテ選手が怪我で離脱した代役の守護神として森選手が選ばれた時も応援するコメントをTwitterで発表するなど兄弟のような関係を築いています。

森選手の経歴や家族、年俸から愛車まで紹介して参りました。
プロ野球選手としては決して恵まれているとは言えない体格でも全力投球を信条に活躍を続ける森選手はまだまだこれからが働き盛りと言える年齢で、これからも長きに渡ってホークスの柱としての活躍が期待されます。


スポンサーリンク