福田秀平の嫁と子供!出身高校は?年俸推移と保持していた日本記録も紹介!

この記事では福岡ソフトバンクホークスに所属する、福田秀平選手について取り上げたいと思います。

福田選手は度重なるケガや選手層の厚さにもめげず、ホークスのスーパーサブとしての地位を築きました。

そんな福田選手は2016年に結婚されました。そこでお嫁さんやお子さんについて知り得た情報をお伝えしたいと思います。

もちろん福田選手の出身高校など経歴やこれまでの野球歴なんかもご紹介します。
さらに気になる方も多い年俸推移や福田選手が今シーズンまで持っていた日本記録も紹介しますのでお楽しみに。

福田秀平の出身高校など経歴

プロフィール
名前:福田秀平(ふくだ・しゅうへい)
生年月日:1989年2月10日
年齢:
出身地:神奈川県横浜市緑区(現在は青葉区)
血液型:AB型
身長/体重:182cm/77kg
出身高校:多摩大聖ヶ丘高校
趣味・特技:トレーニング
ポジション:外野手
背番号:37
所属チーム:福岡ソフトバンクホークス

3歳から水泳を始め、ジュニアオリンピック代表候補になったり、同時期にサッカー部にも所属し、将来を嘱望されていた福田選手。
しかし、最終的には自身の父もプレーしていた野球を選びました。

小学校1年生で野球を始めたときは投手と遊撃手を兼任、のち遊撃手に専念します。

高校は進学校であり、甲子園出場経験のない多摩大聖ヶ丘高校に進学した福田選手は、1年秋から二塁手のレギュラーに定着し、3年春にはスイッチヒッターに挑戦。
しかし、甲子園出場はなりませんでした。

2006年のドラフト会議で沖縄の八重山商工・大嶺佑太選手の抽選を外したホークスから高校生ドラフト1巡目指名を受け入団します。

ちなみにこの年のドラフト会議で福田選手を含め4人の平成生まれ選手がドラフト指名を受けましたが、福田選手が一番早く仮契約を結んだので、平成生まれ初のプロ野球選手となりました。

プロ2年目の2007年と2008年に骨折を経験するなど一軍が遠かった福田選手ですが、2010年に守備・代走要員として一軍初出場を果たします。

2011年からは内野手から外野手へと登録変更し、出場機会が増えます。先発スタメンで出場するなど94試合に出場、キャリアハイの22盗塁を記録します。

2012年からは再びケガで出場機会が減り、2014年には一軍出場なしに終わります。

2015年、工藤公康新監督から抜擢を受け、出場機会が増えます。当時レギュラーだった長谷川勇也選手の離脱なども重なり、84試合に出場します。

2016年には初の開幕スタメン、2017・2018年には上林誠知選手ら若手選手の台頭にも負けず100試合以上に出場します。

主に代打・代走・守備固めがメインながら打撃力も向上、2018年には7本塁打、出場試合数が80試合まで減った2019年はさらに勝負強さに磨きがかかり、9本塁打をマークしました。

福田選手には「エースキラー」という称号が贈られたことがあります。

2016年、福田選手はシーズン2本塁打を記録しますが、打った相手は当時オリックス・バファローズのエース、金子千尋選手と北海道日本ハムファイターズに在籍していた大谷翔平選手でした。

その外にも各球団の主戦投手から対戦回数は少ないものの高打率を挙げ「エースキラー」に相応しい活躍ぶりでした。

2016年までは活躍はするもののシーズン通して一軍に居たことのなかった福田選手。

しかし2017年に初のフルシーズン一軍帯同を経験すると2018年以降は一軍に定着。勝負強さとパンチ力の増した打撃に元々定評のあった走塁と守備を備えたスパーサブとして、今やホークスになくてはならない存在となりました。

スポンサーリンク

福田秀平の嫁と子供について

2016年10月、福田選手は結婚を発表しました。

気になるお相手ですが、お名前は情報がありませんでしたが、福田選手と同い年で福岡県出身、小柄な女性ということでした。

福田選手と付き合うようになってから料理教室に通い、腕を磨くなど福田選手にとってはありがたい存在です。

結婚発表時に「妻のために勇気をもって変わっていきたい」と宣言していた福田選手。事実、結婚後の2017年シーズンに初の100試合以上出場を果たし、有言実行しました。

そんな福田選手夫妻には2017年シーズンオフ、第一子である長男が誕生しました。

スポンサーリンク

福田秀平の年俸推移と保持していた日本記録

選手層の厚いホークスでスーパーサブとして地位を築いた福田選手。その年俸推移を見てみましょう。

2007年:720万円(契約金7000万円)
2008年:720万円
2009年:700万円
2010年:700万円
2011年:950万円
2012年:2500万円
2013年:2100万円
2014年:1800万円
2015年:1400万円
2016年:2500万円
2017年:2300万円
2018年:2800万円
2019年:3600万円

結婚・長男誕生した2017年以降、成績が向上した福田選手。それに伴い年俸も上昇しています。

2019年シーズンはバッティングでの活躍が目立ちましたので、年俸アップは確実です。2020年シーズンは5000万プレイヤーとなれるでしょうか。

2019年、東京ヤクルトスワローズの山田哲人選手が「33回連続盗塁成功」という日本記録を達成しました。最終的に38回までこの記録は伸びました。

山田選手が更新するまで、つまり「32回連続盗塁成功」の日本記録を持っていた選手こそ、福田選手でした。ケガとの戦いが多かった福田選手らしく、この日本記録は足掛け5年で達成しました。

2011年に17回、2012年は13回、2013年は1回と連続で盗塁を決めていた福田選手。この時点でホークスの大先輩・広瀬叔功氏が持つプロ野球記録に並びました。

しかし、2013年の盗塁はこの1個に終わり、翌2014年はケガで一軍の試合に一切出場していない福田選手。2015年5月9日対楽天戦で一年半ぶりに決めた盗塁が、プロ野球新記録となりました。

山田選手のようにレギュラーとして試合に出続けながらの記録も素晴らしいですが、福田選手の場合は代走がメインです。より警戒される中でのこの快記録はもっと評価されても良いのではないでしょうか。

この記事では福田秀平選手の経歴や家族、年俸など紹介して参りました。

福田選手所属のホークスはクライマックスシリーズ・ファーストステージを勝ち上がりました。第一戦を楽天に取られて嫌なムードだったチームを救ったのは、福田選手の第二戦での決勝ホームランでした。

CSの最中、FA移籍が囁かれる福田選手。本人もおっしゃっていたように、全てはCS、日本シリーズが終わってからにして、今はスーパーサブ・福田選手の活躍に酔いしれていましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク