中村剛也の嫁と子供!出身高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事では埼玉西武ライオンズに所属する中村剛也選手について取り上げたいと思います。中村選手はこれまで6回も本塁打王に輝いている日本を代表するホームランバッターで、「おかわり君」の愛称でライオンズファンだけでなく多くのプロ野球ファンから人気を集めている選手です。

そんな中村選手、実は結婚されているということが分かりました。そこでお嫁さんや子供について知り得た情報をお伝えします。もちろん中村選手の出身高校などの経歴や、これまでの野球歴などについてもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調査しましたので、お楽しみに。

中村剛也の出身高校など経歴

プロフィール
名前:中村剛也(なかむらたけや)
生年月日:1983年8月15日
年齢:
出身地:大阪府大東市
血液型:O型
身長/体重:175cm/102kg
出身高校:大阪桐蔭高等学校
趣味・特技:音楽鑑賞
ポジション:三塁手、一塁手
背番号:60
所属チーム:埼玉西武ライオンズ

産まれた時から体が大きかったという中村選手は5歳で野球を始め、体格を生かして子供の頃から4番を打っていたそうです。その後、地元大阪の名門である大阪桐蔭高校へ進学しましたが、当時は今ほど強豪校として知られていなかった大阪桐蔭を選んだ理由は実家から徒歩5分という立地条件だったようです。そこでも持ち前の長打力を発揮し、高校通算83本塁打を放つ活躍。甲子園出場こそならなかったものの、2001年のドラフト会議で打撃力を買った西武から2位指名を受け入団しました。

プロ入り後はすぐに頭角を現し、2年目にファームで本塁打王を獲得すると3年目からは一軍のレギュラーに定着。守備の不安定さを抱えながらも起用され続けると、遂に6年目のシーズンで長打力が開花し46本塁打で本塁打王を獲得。その後も怪我で離脱を繰り返す時期はありましたが、通算ホームラン王6回という記録は歴代3位の数字であり、西武の中心打者としてチームを牽引しています。豪快なスイングが持ち味で三振も少なくないものの、中村選手の打つホームランは弾道が高く滞空時間の長い綺麗な放物線で知られており、球界を代表するホームランバッターの地位を確かなものとしています。

中村選手のプロでの獲得タイトル・受賞歴をまとめました。

獲得タイトル・受賞歴
本塁打王 6回 (2008年、2009年、2011年、2012年、2014年、2015年)
打点王 3回 (2009年、2011年、2015年)
ベストナイン 6回 (三塁手:2008年、2009年、2011年、2012年、2015年、指名打者:2014年)
月間MVP 1回 (2015年7月)
<主な記録>
シーズン長打 86本 (2009年) ※歴代2位
通算満塁本塁打 16本 ※歴代1位
オールスターゲーム選出 7回 (2008年~2012年、2014年、2015年)

この他にも「2位に最も差をつけて本塁打王を獲得」など、数々の打撃に関する記録をも辞しており、まさに現役最高のホームランバッターであると言えるでしょう。

スポンサーリンク

中村剛也の嫁や子供について

そんな中村選手、実はすでに結婚されています。
お相手は元モデルの村上麻里恵さんで、結婚はプロ6年目24歳の時。その年の中村選手は初の本塁打王を獲得しており、レースクイーンの経験もある美女として知られる麻里恵さんとのカップルは話題を呼びました。
結婚披露宴では3メートルもあるウェディングケーキを用意するなど中村選手も奥さんにはぞっこんで、過去には何年も連続して奥さんの誕生日にホームランを打つなど力の源となっているのかも知れませんね。

さらに、お二人の間には2009年の第一子を始めとして2011年、2014年にも男の子が生まれ、中村選手は男の子3人兄弟のパパとなっているようです。
中村選手本人も父親の指導で野球が上達したという情報もあり、もしかしたら中村選手の遺伝子を受け継いで未来のホームランバッターに成長するかも知れませんね。

スポンサーリンク

中村剛也の年俸推移と愛車遍歴

球界を代表するスター選手であり、西武一筋を貫く中村選手。気になる年俸の推移は以下のようになっています。(金額は推定)

2002年 600万円 (※契約金 6500万円)
2003年 600万円
2004年 700万円
2005年 700万円
2006年 2000万円
2007年 2700万円
2008年 2800万円
2009年 7000万円
2010年 1億5000万円
2011年 1億2500万円
2012年 2億5000万円
2013年 3億円
2014年 3億5000万円
2015年 3億8000万円
2016年 4億1000万円
2017年 4億1000万円
2018年 2億8000万円

初めての本塁打王獲得から右肩上がりの中村選手の年俸、長い間大台をキープしており貢献度の高さが伺えますね。

そんな中村選手の愛車はレンジローバーのようです。


【出典元:https://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20171006-20103399-carview/

ランドローバー・レンジローバーはイギリスの高級車で、新車価格にして2000万円前後にもなるという高級SUV車です。体が資本のプロ野球選手は頑丈な高級車に乗ることが多いですが、やはり中村選手くらいの年俸になるとレンジローバーくらいは普通なのかもしれませんね。

ちなみに中村選手自身は非常に優しくも天然な性格で知られており、「おかわり君」という愛称も好きな言葉を聞かれておかわりと答えた事から来ているそうです。

他にも自分のバッティングのコツを聞かれて独特の擬音で表現した逸話や、テレビアニメに本人役で声優として出演した際に棒読み振りを指摘されるなど、見た目通りの愛されエピソードが満載です。
それでいて凡退した時にはベンチでかなり悔しがっている姿が見られるなど野球には非常に真面目で、若い選手の多い西武でチームリーダー的な役割にもなっているのかもしれません。

今回は本塁打王を6回も獲得しているホームランアーチスト、中村剛也選手の野球歴や成績から、家族や愛車まで紹介しました。大台である通算400号ホームランの偉業達成も近づいており、ますます今後の中村選手に注目したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク