多和田真三郎の嫁と子供!出身大学や高校は?年俸推移と意外な口癖も紹介!

この記事では埼玉西武ライオンズに所属する多和田真三郎選手について取り上げたいと思います。西武のエースナンバーを背負う投手です。そんな多和田選手ですがどうやら結婚しているということが分かりました。

そこでお嫁さんや子供について知り得た情報をお伝えしたいと思います。もちろん多和田選手の出身高校や大学など経歴やこれまでの 野球歴なんかもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や意外な口癖などについても調べてみましたのでお楽しみに。

多和田真三郎の出身大学や高校など経歴

プロフィール
名前:多和田真三郎
生年月日:1993年4月13日
年齢:
出身地:沖縄県中頭郡中城村
血液型:B型
身長/体重:182㎝/82㎏
出身高校:沖縄県立中部商業高等学校
出身大学:富士大学
趣味・特技: ダーツ
ポジション:投手
背番号:18
所属チーム:埼玉西武ライオンズ

多和田選手の家族構成は両親と2人の兄です。多和田選手は真三郎という名前で、一番上の兄は真一郎という名前です。ですが次男は真太郎という名前です。真二郎なら見た目がすっきりするのに不思議ですね。父親の名前が真次というので、子どもの名前はお父さんの名前から来ているんですね。

多和田選手が小学校1年生のときに野球を始め、4年生のときに投手へ転向しました。中学では軟式野球部に属していました。中部商業高校では2年生の秋からエースになりましたが最高成績は3年生の夏の沖縄県大会準優勝でした。

多和田選手は高校卒業後、富士大学へ進学します。1年生の春からリーグ戦で登板し、第43回明治神宮野球大会の2回戦・国際武道大学戦で大会史上4人目、1年生としては2人目となるノーヒットノーランを達成しました。3年生の際にはノースアジア大学戦で1試合奪三振のリーグ記録を上回る18奪三振を記録しています。

4年生の春の終わりには肩を痛め、多和田選手は秋の登板を回避しましたが、大学通算では46試合登板、316回1/3を投げ32勝8敗、防御率1.03をマークします。北東北大学野球リーグでは1年生の秋に最優秀防御率賞と最優秀選手賞、2年生の春に最優秀選手賞、2年生の秋に優秀選手賞、3年生の秋と明治神宮野球大会第6回東北地区代表決定戦では最優秀選手賞を受賞しています。そして投手部門のベストナインに2年生の春、3年生の秋、4年生の春に選ばれました。

2015年のドラフト会議で、多和田選手は埼玉西武ライオンズに1位指名を受けて入団します。ドラフト会議の前から西武は多和田選手の1位指名を明言しており、2014年の高橋光成選手に続いての明言となりました。

多和田選手のルーキーイヤーは、肩を痛めて以来の登板となりました。5月14日に一軍へ昇格し、プロ初登板・初先発を果たしますが2回までに4失点し敗戦投手になっています。2回に3者連続押し出しを記録しますが新人投手が初登板で3者連続押し出しを記録したのは1940年の小野寺洋選手以来2人目となりました。

多和田選手は初登板以後も先発ローテーションを守り、8月11日の日本ハム戦では新人投手1番乗りとなる完封勝利を挙げました。しかし翌2017年には再び右肩の違和感に悩み、5勝と伸び悩みます。2018年は肩の不調も脱し、ローテーションを守って二桁勝利を挙げ、西武の躍進へと貢献しています。

主な獲得タイトル
・月間MVP:1回(投手部門:2018年3月、4月、9・10月)

スポンサーリンク

多和田真三郎の嫁や子供について

多和田選手は2017年の10月に結婚しています。お相手は北海道出身の一般女性で名前や顔は公開されていません。

多和田選手の話によるとタレントの山口もえさん似の1歳年上の方だそうで、多和田選手が富士大学に在籍していたころからお付き合いされていたそうです。最低でも3年越しの交際ということになりますね。

多和田選手の奥さんはプロ野球選手の嫁らしく、フードマイスターの資格も持っているようで、作るご飯はみんな美味しいとのこと。家庭からサポートされて多和田選手がどのような活躍をするか楽しみですね。

そんな多和田選手と奥さんの間には2018年8月30日に第一子となる男の子が生まれました。名前は公表されていませんが、父親としての自覚は多和田選手にとってきっといい刺激になると思います。

スポンサーリンク

多和田真三郎の年俸推移と意外な口癖

ここではエースとして成長中の多和田真三郎選手の年俸推移をご紹介します。

2016年・・・1500万円(※契約金1億円)
2017年・・・2300万円
2018年・・・2600万円

最後に、2018年の多和田選手の躍進を支えたある口癖を紹介します。

と言ってもそれを言ったから活躍をしたわけではありません。むしろ逆に言わなくなったために活躍をするようになりました。

その口癖は「にぃーりぃー」というものです。これは沖縄の方言で「ダルい」という意味の若者言葉で、多和田選手は不調なとき、打たれてしまったときに呟いていたそうです。

打たれた自分へのふがいなさや腹立ちから漏れたマイナスの言葉ですが、そんな言葉が多和田選手のポテンシャルに蓋をしていた部分があったのかもしれません。

2018年は調整法を変えて好調なほか、牧田選手やシュリッター選手、野上選手と言った主力選手が退団したことで責任感が芽生えたため「にぃーりぃー」を封印したそうです。

口癖ひとつで好調になるわけではないと思いますが、気弱な言葉を封印することが活躍のきっかけになった部分はあるでしょう。

この記事では西武の右のエースとして開花した多和田真三郎選手のこれまでの経歴や野球歴、嫁や子ども、年俸推移や躍進を支える意外な口癖について紹介しました。

2018年の西武の躍進は多和田投手の好投がその一因を担っていることは間違いありません。より防御率を良くして安定感を増せば、背番号18の似合う投手になっていくでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク