田中将大の嫁と子供!出身高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事ではニューヨーク・ヤンキースに所属する田中将大選手について取り上げたいと思います。東北楽天ゴールデンイーグルスのエースからニューヨーク・ヤンキースのエースを目指す投手です。

そんな田中選手ですがどうやら結婚しているということが分かりました。そこでお嫁さんや子供について知り得た情報をお伝えしたいと思います。もちろん田中選手の出身高校など経歴やこれまでの 野球歴なんかもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調べてみましたのでお楽しみに。

田中将大の出身高校など経歴

プロフィール
名前: 田中将大
生年月日:1988年11月1日
年齢:
出身地:兵庫県伊丹市
血液型:A型
身長/体重:188㎝/93㎏
出身高校:駒澤大学附属苫小牧高等学校
趣味・特技:アイドル
ポジション:投手
背番号:19
所属チーム:ニューヨーク・ヤンキース

田中将大選手の実家の家族構成は両親と2人の弟です。田中選手の父親は一流の電気機器メーカーであるコノカミノルタに勤め、ベストファーザー賞にも選ばれています。また田中選手の弟は田中選手と同じく野球をしており、盛岡中央高校で投手としてプレーし青森大学へ進んだそうです。

田中選手の実家は兵庫県伊丹市ですが田中選手が生まれたのは徳島県の病院です。田中選手が東北楽天ゴールデンイーグルスに入団後は、楽天が本拠地を置く宮城県仙台市に実家の住所を移しているようです。

そんな田中選手が野球を始めたのは小学校1年生のころ。伊丹市の軟式野球チームに入団しました。当時は捕手をしており、後に読売ジャイアンツに入団する坂本勇人選手とバッテリーを組んでいました。

田中選手が投手に転向したのは中学生のころ。当時在籍していたボーイズリーグで肩の強さを買われ、投手と捕手を兼任するようになります。駒大苫小牧に入学した後も田中選手は1年生のころは捕手兼投手として神宮大会に出場しています。

田中選手は2年秋からエース兼主将としてチームを牽引します。史上2校目となる夏の甲子園3連覇のかかった高校3年生の夏、第88回大会では決勝まで進み決勝戦の早稲田実業戦では3回からリリーフで登板。15回までゼロに抑えて引き分け再試合、翌日先発して敗れ、偉業の達成はなりませんでした。

2006年のドラフト会議では北海道日本ハムファイターズ、オリックスバファローズ、横浜ベイスターズ、東北楽天ゴールデンイーグルスから1位指名を受け、楽天が交渉権を獲得し入団へ至りました。背番号は18に決まります。

田中選手はルーキーイヤーから先発を務め、球団史上初となる二桁勝利を記録。最終的に186回1/3を投げて11勝、リーグ4位となる196奪三振をマークし、新人王に選ばれました。この年は高卒新人としては松坂大輔選手以来となるオールスターにも出場しています。

2年目は北京五輪の代表に選ばれたこともあり9勝に留まりますが2年連続となる150奪三振を記録します。2009年には野村克也監督の1500勝となる勝利をあげるなど勝ち星を積み上げ15勝をマークし、田中選手はチーム初のAクラス入り、CS進出へ貢献します。

2010年は故障の影響で投球回や奪三振は自己最低に終わります。2011年には自身初となる投球回200回超えを果たす226と1/3回を投げて19勝を記録しましたが翌2012年には腰痛から投球回を減らします。オフにはWBC代表に選ばれ、中継ぎとして登板しました。

田中選手は2013年には再び復調し、シーズンでは24勝0敗1セーブという圧倒的な成績を記録します。数々のタイトルと記録をマークし、楽天史上初となるリーグ優勝と日本一へ大きく貢献しました。

2013年オフに、田中選手はポスティングシステムを行使しニューヨーク・ヤンキースへ移籍します。1年目から初登板で勝利し、後半戦は肘の故障で登板機会を大きく減らしますが13勝をマークします。

2015年はメジャー初となる開幕投手を務めて12勝、2016年は初の規定投球回に達し14勝を記録しました。2017年は13勝をマークするなど、渡米後は毎年二桁勝利を挙げています。

主な獲得タイトル
・最多勝利:2回(2011年、2013年)
・最優秀防御率:2回(2011年、2013年)
・最多奪三振:1回(2012年)
・最高勝率:2回(2011年、2013年 2011年は最優秀投手として表彰)
・新人王(2007年)
・沢村賞:2回(2011年、2013年)
・月間MVP:13回(NPB・投手部門:2009年4月・8月、2010年5月、2011年6月・7月・10月、2012年6月、2013年5月・6月・7月・8月・9月、MLB・投手部門:2014年5月)
・最優秀バッテリー賞:2回(2011年:嶋基宏、2013年:嶋基宏)
・ベストナイン:2回(投手部門:2011年、2013年)
・ゴールデングラブ賞:3回(投手部門:2011年~2013年)

スポンサーリンク

田中将大の嫁や子供について

田中選手は2012年1月26日にタレント、歌手の里田まいさんと結婚しています。2人のなれそめは2009年12月に行われた『プロ野球オールスタースポーツフェスティバル』の収録時でした。意気投合した2人は2010年の初めには交際を開始しています。

そんなおふたりの間にはお子さまが1人います。2015年9月6日に里田さんがアメブロで妊娠を報告。翌2016年2月15日に男の子を出産しています。名前は公表されていませんが、大柄な田中選手に似て大きなお子さまのようです。

里田さんと言えば『クイズ!ヘキサゴン!!』でブレイクしたおバカタレント。結婚当時は本当に田中選手をサポートできるか不安視されましたが、料理がうまく、自身も運動神経抜群で、子どもが生まれた際にはジュニア・フード・マイスターの資格も取得するなど、今やアスリートとして理想の夫婦とまで呼ばれています。

スポンサーリンク

田中将大の年俸推移と愛車遍歴

ここではアメリカンドリームを掴みつつある田中将大選手の年俸推移についてご紹介します。

2007年・・・1500万円(※契約金1億円)
2008年・・・6000万円
2009年・・・9500万円
2010年・・・1億8000万円
2011年・・・2億円
2012年・・・3億2000万円
2013年・・・4億円
2014年・・・約22億円(約2200万ドル)
2015年・・・約22億円(約2200万ドル)
2016年・・・約22億円(約2200万ドル)
2017年・・・約22億円(約2200万ドル)
2018年・・・約22億円(約2200万ドル)

最後にこちらも気になる方が多いと思われる、田中将大選手の愛車遍歴についてご紹介します。

田中選手が最初に所有したのはメルセデスベンツGクラスG500ロング“ゲレンデヴァーゲン”です。メルセデスベンツが提供する高級SUVで、価格は1500万円ほどです。田中選手が所有したのは白のゲレンデヴァーゲンでカスタムを施したためもっと高価ではないかと思われます。

田中選手がゲレンデヴァーゲンを購入したのは2008年のことです。2011年にはこの車で人身事故を起こし、球団から3か月の運転禁止処分を受けています。


【出典元:http://car-moby.jp/188399

また田中選手は2013年にポルシェカイエンへ乗っていたところを写真に撮られたことがあります。ポルシェカイエンはポルシェ社の提供するクロスオーバーSUVです。価格も1000万円は下りません。


【出典元:http://car-moby.jp/161740

この記事ではニューヨーク・ヤンキースの中心選手となった田中将大選手のこれまでの経歴や野球歴、妻や子ども、年俸推移や愛車遍歴についてご紹介しました。
日本で華々しいキャリアを築いても、アメリカでは誰もなかなか成功しないなか、田中選手は毎年二桁勝利を記録し、ヤンキースの中心選手として活躍しています。今後は肘の故障も乗り越え、タイトルに絡む活躍を期待したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク