大谷翔平の彼女と熱愛情報!出身高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事ではロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手について取り上げたいと思います。アメリカでも二刀流を貫く選手です。 そんな大谷選手はまだ結婚されていないようです。

そこで彼女はいるのか、いるのならばどんな女性なのか、噂を含め熱愛に関する情報をお届けします。もちろん大谷選手の出身高校やなど経歴やこれまでの野球歴なんかもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調べてみましたのでお楽しみに。

大谷翔平の出身高校など経歴

プロフィール
名前:大谷翔平
生年月日:1994年7月5日
年齢:
出身地:岩手県奥州市
血液型:B型
身長/体重:193㎝/92㎏
出身高校:花巻東高等学校
趣味・特技:スイーツ
ポジション:投手、外野手
背番号:17
所属チーム:ロサンゼルス・エンゼルス

大谷翔平選手は両親と兄と姉の、計五人家族。大谷選手は190㎝を超える長身アスリートですが、父親は身長182㎝で三菱重工業横浜でプレーした外野手でした。母親もバドミントンで国体に出場したことがあり、身長も170㎝と高いです。この両親にこの子どもありなんですね。

また大谷選手の兄と姉もアスリートとして活躍しています。兄の龍太さんは現在30歳で、トヨタ自動車東日本の野球部で選手兼コーチとしてプレーしています。姉の結香さんはバレーボールをしています。大谷家はアスリート一家なんですね。

そんな大谷選手は小学校3年生のときに地元のリトルリーグで野球を始めました。当時から球が速く、小学生のときと中学生のときに全国大会へ出場しています。

大谷選手は同郷の菊池雄星選手に憧れ、菊池選手と同じ花巻東高校へ進学します。まだ成長途中と言うことで1年の春は外野手に専念、秋からエースとなります。2年次の夏の甲子園では、駒大苫小牧の田中将大選手と並ぶ2年生最速記録である150キロを記録します。

3年次には選抜甲子園初戦で大阪桐蔭高校に大敗。夏の大会では地方大会でアマチュア野球史上最速となる160キロをマークするも、甲子園出場は叶いませんでした。

2012年、大谷選手はドラフト会議で指名されるためのプロ志望届を出しますが、当時からメジャー志望のあったため各球団の回避する中、北海道日本ハムファイターズが1位指名をしました。度重なる入団交渉の末、大谷選手は日ハムへ入団します。日ハムは大谷選手を野手と投手の両方で起用する「二刀流」プランを提示したことで話題となりました。

大谷選手はルーキーイヤーから野手と投手両方の練習メニューをこなします。投手登録で開幕一軍を果たし、野手として出場を続ける一方二軍で投手としての出場もします。この年はプロ入り初安打初打点初本塁打に加え、初勝利も記録しています。オールスターに外野手として選ばれ、二塁打を放ちました。

2014年はプロ入り初の猛打賞、シーズン中に160キロを出すなど投打に好調で投手として10勝、野手として二桁本塁打を放ち、チームのCS出場へ貢献します。オールスターゲームで自己最速である162キロを記録し、シーズン中にも10月に同じ162キロを出してNPB公式記録を更新しました。CSでも勝利投手となります。20歳3か月でのCS勝利は、20歳11か月で勝利した田中将大選手の記録を塗り替える最年少記録となりました。

2015年は投手としては好調で15勝をマークし、初となるタイトルを獲得します。しかし打撃は不振に陥り、指名打者のポジションを奪われてしまいます。しかし2016年には打撃面も復調し、大谷選手はNPB初となる「10勝、100安打、20本塁打」を達成。自己最速となる163キロもマークしています。この年日ハムは日本一に輝きました。

2017年は故障が相次ぎますが、史上4人目となる通産40勝・40本塁打を記録します。この年のオフ、大谷選手はポスティングシステムでロサンゼルス・エンゼルスへ移籍します。アメリカでも二刀流で起用され、先発としても勝利し野手としても本塁打を量産しています。しかし右肘じん帯に損傷が見つかるなど必ずしも順調に推移するわけではないようです。

主な獲得タイトル
・最多勝:1回(2015年)
・最優秀防御率:1回(2015年)
・最高勝率:1回(2015年)
・最優秀選手:1回(2016年)
・ベストナイン:3回(投手部門:2015年、2016年/指名打者部門:2016年)
・月間MVP:2回(投手部門:2015年4月、2016年6月)
・最優秀バッテリー賞:1回(2015年、捕手:大野奨太)

スポンサーリンク

大谷翔平の彼女や熱愛情報!

大谷選手は2018年現在、独身です。高校時代も彼女はいなかったようで、熱心に野球へ打ち込んでいたようです。しかしプロ入り後、彼女の噂は何人も流れました。一人一人紹介していきます。

・久慈暁子さん
2017年にモデルからフジテレビの女子アナウンサーへ転身し、その美人さから大人気の「クジパン」こと久慈暁子さん。

実は久慈さんは大谷選手と同じ岩手県奥州市出身で、モデル時代はたびたびイベントなどで大谷選手と共演することが多かったそう。奥州市市長からもお似合いだと言われたことがあるようです、

ただそれ以上の情報は出てきません。久慈さんは英語も堪能で、オーストラリアへのホームステイの経験もあるので海外で活躍する大谷選手にはお似合いのような気もしますね。

・三田友梨佳さん
久慈さんと同じフジテレビのアナウンサーで、通称「ミタパン」こと三田友梨佳さんも大谷選手を狙っていると報道されたことがあります。

三田さんは2014年ごろから埼玉西武ライオンズの金子侑司選手と交際していましたが、2017年末には破局が報じられています。これは三田さんが大谷選手狙いへ切り替えたからと囁かれていますが真相は定かではありません。

・加藤綾子さん
フリーアナウンサーの加藤綾子さんも大谷翔平選手を狙っているのではと噂になったことがありました。インタビューなどで距離が近すぎることから憶測を呼びましたが、大谷翔平選手が渡米した今では諦めたのではないかとも言われています。

・朝比奈彩さん
モデルやタレントで活躍している朝比奈彩さんは、日ハムの二軍がある鎌ヶ谷で大谷選手と共演をしたり、始球式をする機会があったことから交際を噂されたことがありました。

ただし朝比奈さんは『踊るさんま御殿』で交際をはっきりと否定しています。

・中条あやみさん
ハーフでモデルの中条あやみさんとの交際も囁かれたことがありますが、中条さんと大谷選手との間に明確な接点は見られません。

SNSで「中条あやみと大谷翔平が一緒にいる」という書き込みがされたことから広まった話ですが、肝心の画像は見られなくなっています。

・人気美人モデル
名前は明らかになっていませんが、2016年ごろに大谷選手が球団黙認で美人モデルと交際しているという記事が出ました。

時期的には久慈さんか朝比奈さん、中条さんかと思われますが続報はありません。

・31歳の女子アナ
こちらも具体名は明らかにされていませんが、2016、2017年ごろに高島彩さん似の9歳年上の清楚系女子アナウンサーと交際しているという目撃談が出ました。

この情報から大谷選手と交際しているのは中京テレビの市野瀬瞳さんではないかと言われています。インタビューなどで仕事を一緒にしたことはあるようですがそれ以上の関係にはないと思われます。

大谷選手はスケールの大きなスター選手だけに熱愛情報も噂程度のものが盛んに飛び交っています。肝心の大谷選手の好みのタイプは「身長が高く、明るい性格で、スポーティで爽やかな感じの人」とのこと。ちゃらちゃらしたタイプは苦手で、女子アナもNGだと言われています。

大谷選手はしっかりと考えることができる人だと思うので、あまり焦らず、これと思う女性と誠実に交際して欲しいですね。

スポンサーリンク

大谷翔平の年俸推移と愛車遍歴

ここでは二刀流で日米を驚かせる大谷選手の年俸推移をご紹介します。

2013年・・・1500万円(※契約金1億円)
2014年・・・3000万円
2015年・・・1億円
2016年・・・2億円
2017年・・・2億7000万円
2018年・・・約6630万円(約55万ドル)

最後にこちらも気になる方が多いと思われる、大谷翔平選手の愛車遍歴についてご紹介します。

大谷翔平は2014年のオールスターゲームでマツダのアテンザを贈られています。そのためアテンザを愛車にしていると言われています。アテンザはマツダのフラッグシップモデルであるセダン車で、価格はおよそ300万円からです。ただチームメートと車で乗り合いをする際には別の車に乗っているとも言われています。


【出典元:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/

また大谷選手はエンゼルスに移籍後は球団から与えられたレンタカーで通勤をしているそうです。車種は選手の希望で決まるそうですが、大谷選手が使っているのはなんとヒュンダイ社のセダン。具体的な車種は不明ですが価格は200万円ほどです。一流のスター選手とは思えないほどの質素さです。


【出典元:https://response.jp/article/2016/10/02/282834.html

この記事では投打の両方で新たな歴史を作り続ける大谷翔平選手のこれまでの経歴や野球歴、熱愛情報、年俸推移、愛車遍歴についてご紹介しました。

大谷選手はアメリカでもベーブルースの再来として日々注目されています。肘の故障などもありますが、困難を乗り越えた末にどのような成果を残すのか、わくわくしながら見ていきたい選手です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク