岡田幸文の嫁と子供!出身大学や高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事では千葉ロッテマリーンズに所属する岡田幸文選手について取り上げたいと思います。華麗な外野守備で人気を博した選手です。 そんな岡田選手ですがどうやら結婚しているということが分かりました。

そこでお嫁さんや子供について知り得た情報をお伝えしたいと思います。もちろん岡田選手の出身高校や大学など経歴やこれまでの 野球歴なんかもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調べてみましたのでお楽しみに。

岡田幸文の出身大学や高校など経歴

プロフィール
名前:岡田幸文
生年月日:1984年7月6日
年齢:
出身地:栃木県塩谷郡高根沢町
血液型:O型
身長/体重:177㎝/70㎏
出身高校:作新学院高等学校
出身大学:日本大学(中退)
出身チーム:全足利クラブ
趣味・特技:読書
ポジション:外野手
背番号:66
所属チーム:千葉ロッテマリーンズ

岡田選手の実家の家族に関しては残念ながらよく分かりませんでした。ただ父親も日本通運で野球をしていたほか岡田選手の兄も野球をしていたなど、野球一家だったことは窺えます。

そんな岡田選手が野球を始めたのは5歳のころ。 兄の見よう見まねで始めた野球にどっぷりとのめり込み、風邪を引いて学校を休んだ日にも夕方には「治った」と練習に参加して監督に止められたこともあるそうです。

作新学院に進学後は中学時代から痛めていた左肘が悪化し、岡田選手は投手から外野手へ転向します。2年夏から1番センターに定着しますが、甲子園出場はありませんでした。

その後岡田選手は日本大学へ進学します。しかし自分が絶対の武器としていた走力で後に読売ジャイアンツへ入団する長野久義選手に後れを取ってしまったこと、更に持病だった左肘が悪化し全治1年以上の手術を受けたことで、わずか数か月で中退してしまいます。

中退後岡田選手は引きこもり状態となり、夏の間自宅から出ることなく過ごします。そして左肘が完治した2004年に先輩の勧めでクラブチームである全足利クラブへ所属しました。

岡田選手は1番センターとして定着し、2004年には全日本クラブ野球選手権で優勝します。2006年には故障で治療に集中することもありましたが、2008年からは主将も任されるほどになりました。

そして千葉ロッテマリーンズの入団テストを受験し、無事に合格。岡田選手は2008年の育成ドラフト6位で指名されました。背番号は132に決まります。

入団後、3月30日に岡田選手は支配下選手登録を受け背番号を66に変更します。しかしこの年は一軍昇格には至りませんでした。翌2010年にはロッテの育成出身としては初めて一軍に昇格します。

この年は72試合に出場し、シーズン打率は.176と振るいませんでした。ですがロッテは3位から日本シリーズへ出場を果たします。岡田選手は日本シリーズ第2戦からスタメン起用されると第7戦の延長12回、浅尾拓也選手から決勝点となるタイムリースリーベースヒットを放ちました。

日本シリーズの活躍がきっかけとなり翌2011年には、岡田選手はセンターのスタメンに抜擢されます。育成出身者としては初となる全試合出場、規定打席到達を達成し、チームトップとなる41盗塁を記録します。

守備でも両リーグトップ、パリーグ記録にあと2と迫る351刺殺を記録し、シーズン359連続守備機会無失策というリーグ記録を更新し特別表彰を受けました。この年はゴールデングラブ賞も受賞しています。

2012年、岡田選手はシーズン前に東日本大震災復興支援ベースボールマッチの日本代表にロッテから唯一選出されます。シーズンは打撃不振に苦しみ、連続無失策記録も602で途絶えてしまいました。

2013年は2012年より出場試合数を増やしますが、守備固めでの起用が中心となり規定打席に到達できませんでした。2014年にはプロ入りからの連続打席無本塁打記録を更新します。2015年は更に打率が低下しますが、2016年にはセンターのレギュラーへ返り咲きます。

しかし2017年は打撃不振が続き、33打席連続無安打のままシーズンが終了、翌2018年も守備固めの傍ら打席に立っても安打が出ず、ついに57打席連続無安打という野手のプロ野球記録に並んでしまいます。

2018年9月25日には引退が発表され、岡田選手は引退試合に1番センターで出場します。1打席目で連続無安打記録を更新してしまいますが、2打席目3打席目4打席目で安打を放ち、引退試合を猛打賞で飾りました。

引退後の10月に、岡田選手はロッテから派遣される形で、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスのコーチへ就任することが決まりました。

主な獲得タイトル
・ゴールデングラブ賞:2回(外野手部門:2011年、2012年)

スポンサーリンク

岡田幸文の嫁や子供について

岡田選手は全足利クラブの斡旋で足利ガスに勤務していたころに由美子さんという11歳年上の人と結婚しています。由美子さんは足利市役所に務める公務員です。

おふたりの間には女の子のお子さんが3人いて、それぞれ名前を真優(まゆ)、凛乃(りの)、紗奈(さな)と言います。岡田選手はプロ入りした時点で既に2人の子供がいたため、家族を栃木の自宅へ残し単身赴任をしていたそうです。

岡田選手のストレス発散は栃木の自宅へ戻っての家族サービスと発言しており、家族思いの優しい父親であることが伺えます。

また由美子さんはかなりのしっかり者だそうで、岡田選手が育成6位で指名されたときには「私はお菓子じゃだまされないぞ」、「(年俸240万では)暮らしていけない」と発言しています。足利ガスで働いていれば生活はできたので、当たり前の反応とも言えるかもしれません。

ただ2年だけ挑戦させてほしいと言う岡田選手に対し、子供もいるのに共働きで家庭を支えた由美子さんは、厳しいだけでなく夫の夢も理解した素晴らしい人だと思います。

スポンサーリンク

岡田幸文の年俸推移と愛車遍歴

ここでは一芸でプロの道を切り開いた岡田幸文選手の年俸推移をご紹介します。

2009年・・・240万円(※支度金1000万円)
2010年・・・440万円
2011年・・・1000万円
2012年・・・3200万円
2013年・・・4000万円
2014年・・・4000万円
2015年・・・4000万円
2016年・・・3800万円
2017年・・・4180万円
2018年・・・3135万円

最後にこちらも気になる人が多いかと思われる、岡田選手の愛車遍歴についてご紹介します。

岡田選手の愛車はトヨタのランドクルーザー200です。非常にゆったりと乗れる4WDで家族での移動にも使えます。プロ野球選手というと何千万もする外国車へ乗るイメージがありますが、苦労人の岡田選手は堅実に国産車を選んでいたようです。価格はおよそ800万円からです。


【出典元:http://newcar-news.com/?p=16285

この記事では俊足堅守の外野手として千葉ロッテマリーンズを支えた岡田幸文選手のこれまでの経歴や野球歴、妻や子供、年俸推移や愛車遍歴を紹介しました。

岡田選手は引退後、自宅のある栃木でコーチ修行を始めます。挫折やクラブチームなど、決してエリートコースとは呼べない道のりを歩んできた岡田選手だからこそ、素晴らしいコーチになれるのではないかと思います。今後第二の岡田幸文選手が出てくるか非常に楽しみです。

スポンサーリンク