石川雅規の嫁や子供!出身大学や高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事では東京ヤクルトスワローズに所属する石川雅規選手について取り上げたいと思います。石川選手は身長167cmとプロ野球の投手としては非常に小柄ですが、多彩な変化球と精密なコントロールで長年活躍しており「小さな大投手」とも呼ばれるベテラン左腕です。

そんな石川選手、実は結婚されているということが分かりました。そこでお嫁さんや子供について知り得た情報をお伝えします。もちろん石川選手の出身高校や大学などの経歴や、これまでの野球歴などについてもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調査しましたので、お楽しみに。

石川雅規の出身大学や高校など経歴

プロフィール
名前:石川雅規(いしかわまさのり)
生年月日:1980年1月22日
年齢:
出身地:秋田県秋田市
血液型:A型
身長/体重:167cm/73kg
出身高校:秋田市立秋田商業高等学校
出身大学:青山学院大学
趣味・特技:テレビゲーム
ポジション:投手
背番号:19
所属チーム:東京ヤクルトスワローズ

秋田県の秋田市に生まれた石川選手。子供の頃から体が小さく食が細かったそうですが、その分よく眠る子で野球の練習にも一生懸命取り組んでいたようです。そのまま地元秋田で野球を続け、高校も秋田市立秋田商業高校へ進学するとエースとして活躍。3年生の時には夏の甲子園に出場して完投勝利を挙げるなどプロからも注目されましたが、青山学院大学へ進学しました。
青山学院大では後に石川選手の代名詞となるシンカーを習得するなど経験を積み、東都大学リーグで数々のタイトルを受賞。2001年ドラフト会議の自由獲得枠でヤクルトへと入団しました。

プロ入り後は1年目からいきなり初登板初勝利を含む12勝を挙げ、新人王を受賞するなど先発ローテーションの一角として活躍。翌年には地元秋田での公式戦で凱旋登板を果たすなど順調にキャリアを重ね、安定感抜群のピッチングを続けます。
特に球団史上初であるプロ入りから5年連続10勝以上という記録だけでなく、ほぼ全てのシーズンで20試合以上に先発しているという数字は怪我無く投げ続けている証拠であり、体こそプロとしては小さい方に入る石川投手が「小さな大投手」と呼ばれている理由でもあります。

2015年にはチームの14年ぶりの優勝に貢献するなど長期にわたってヤクルトの左のエースとして活躍し、その巧みな投球術はヤクルトファン以外からも多大な人気を集めている選手です。

石川選手のプロでの主な獲得タイトル・受賞歴をまとめました。

主な獲得タイトル・受賞歴
新人王 (2002年)
最優秀防御率 (2008年)
ゴールデングラブ賞 (2008年)
月間MVP 3回 (2008年3・4月、2010年7月、2015年9月)
<主な記録>
入団から5年連続2桁勝利 ※球団史上初
開幕投手 7回 (2005年、2006年、2008年~2012年)
オールスターゲーム出場 2回 (2006年、2008年)

入団した2002年から自身初のリーグ優勝となった2015年まで、継続して成績を残していることが分かる受賞歴になっていますね。

スポンサーリンク

石川雅規の嫁や子供について

そんな石川選手、童顔でかわいいと女性人気も高い選手ですが、実はすでに結婚されています。結婚はプロ2年目の2003年で、お相手は大学時代の同級生だったという女性です。一般の方なので顔写真などは公表されていないのですが、お仕事は航空会社で客室乗務員をされていたということで美人なのではないかと予想する声が多いようです。

そんなお二人の間には二人の男の子も誕生しており、それぞれ名前が「だいや」君と「えいす」君というそうです。なかなか珍しい名前ですが、その縁でなんとTVアニメの『ダイヤのA』に親子そろって声の出演をしたことがあります。
プロ野球選手が野球作品に登場することもありますが、親子での登場と言うのは石川選手ならではのエピソードかも知れません。

スポンサーリンク

石川雅規の年俸推移と愛車遍歴

球界を代表する投手であり、ヤクルト生え抜きのベテランとしてファンからの人気も高い石川選手。気になる年俸の推移は以下のようになっています。(金額は推定)

2002年 1300万円 (契約金1億円)
2003年 3900万円
2004年 7000万円
2005年 8700万円
2006年 1億円
2007年 1億1500万円
2008年 9500万円
2009年 1億5500万円
2010年 1億8000万円
2011年 1億8000万円
2012年 2億円
2013年 2億円
2014年 1億8000万円
2015年 1億8000万円
2016年 2億円
2017年 1億8000万円
2018年 1億2000万円

ヤクルト生え抜きの大投手である石川選手、安定感ある成績で年俸も大台をキープし続けています。

そんな石川選手の愛車はメルセデスベンツGL550のようです。


【出典元:https://autoc-one.jp/mercedes-benz/gl-class/report-1454066/

新車価格で1300万円以上とされる高級車メルセデスベンツのGL550が石川選手の愛車の様で、ディーラーのサイトでカスタムについても紹介されています。その前はAMGのゲレンデヴァーゲンが愛車だった模様で、こちらもカスタムなどについてディーラーから紹介されているので、どうやら石川選手は車好きでなかなか拘りがあるタイプなのではないでしょうか。

そんな高級車を愛用している石川選手ですが、豪快と言うよりは見た目通りの優しい性格らしく、後輩である青木宣親から『サザエさん』のキャラクターに似ているとしてつけられたアダ名の「カツオ」を気に入って、自分の持ち物に鰹のマークを入れるなど茶目っ気のあるエピソードも知られています。
地元秋田にも愛着が強く、雪が降る中で長靴を履いて行った走り込みが頑丈な体のもとになっているのではないでしょうか。

石川選手の経歴や家族、年俸から愛車まで紹介して参りました。既にベテランの域に入っている石川選手ですが、持ち前の精密なコントロールと多彩な変化球はまだまだ健在であり今後の活躍にも期待したいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク