寺原隼人の嫁と子供!出身高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事では東京ヤクルトスワローズに所属し、2019年シーズン限りで現役を引退する寺原隼人選手について取り上げたいと思います。

寺原選手は最速157km/hのストレートを誇る本格派右腕で、度重なる怪我を乗り越えてセパ両リーグのチームで先発や中継ぎをこなした万能型のベテラン投手です。

そんな寺原選手は結婚をされているということが分かりました。そこでお嫁さんやお子さんについて知り得た情報をお伝えします。

もちろん寺原選手の出身高校などの経歴や、これまでの野球歴などについてもご紹介します。
さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調査しましたので、お楽しみに。

寺原隼人の出身高校など経歴

プロフィール
名前:寺原隼人(てらはらはやと)
生年月日:1983年10月9日
年齢:
出身地:宮崎県宮崎市
血液型:A型
身長/体重:179cm/86kg
出身高校:日南学園高等学校
趣味・特技:釣り
ポジション:投手
背番号:35
所属チーム:東京ヤクルトスワローズ

宮崎県で生まれた寺原選手。

兄や父が野球をやっていた影響で幼いころから寺原選手も野球をするようになり、地元のチームではエースとして活躍しました。

進学した中学校では野球部のエースとして母校を全国大会に導くなど速球派右腕として活躍し、中学生離れした速球で注目を集めました。

宮崎の名門校である日南学園に進学すると1年生からベンチ入りし、3年生では当時の高校生最速となる155km/hを記録しエースとして甲子園出場も果たしました。

安定感や制球面では課題があったものの高校生日本代表にも選ばれるなどプロからも注目を集め、2001年のドラフト会議では当時のダイエー、中日、巨人、横浜の4球団競合となる1位指名を受け、抽選の末に王貞治氏が交渉権を引き当てたダイエー(現:福岡ソフトバンクホークス)へと入団しました。

プロ入り後は地元九州の大物として期待され、1年目から一軍で先発を任せられると初勝利をマークするなど上々のデビューを果たします。

しかしその後は肩の怪我などもあってフォームを固定できずに制球に苦しむシーズンもあり、3年目と4年目は一軍の出場機会を大きく減らすことに。

また左足首の靱帯断裂という大怪我での離脱もあり、2005年オフに多村仁とのトレードで横浜ベイスターズへと移籍しました。

移籍後は初年度には先発として自身初の2桁となる12勝を記録したものの、12敗と安定感を欠いたことやチーム事情で翌年はリリーフに転向。

その後は先発とリリーフと交互に任される起用となり低迷するチームを支えましたが、2010年オフに自身2度目のトレードでオリックス・バファローズへ移籍することとなりました。

オリックスでは先発として12勝、6勝とコンスタントな活躍を見せ、翌年オフにはFA権を行使して古巣であるソフトバンクへと復帰しました。

移籍後は度重なる怪我の影響もあって安定してプレーできる時期が少なくスクランブルな起用が続いたもののローテーションの谷間を埋める活躍やロングリリーフとしての役割をこなし、NPB13球団からの勝利も達成しました。

近年は右膝に水が溜まる症状にも悩まされていましたが粘り強く投球し、2018年オフには結果を残しながらもソフトバンクから戦力外通告を受け自身5球団目となるヤクルトへ移籍。

2019年シーズンはそのヤクルトで再び先発投手として勝ち星も記録しましたが、同年限りで現役を引退することとなりました。

寺原選手のプロでの主な記録をまとめました。

主な記録
オールスターゲーム出場:2回(2008年、2011年)
13球団勝利(2014年4月16日)※史上3人目

スポンサーリンク

寺原隼人の嫁や子供について

九州男児らしい男前でトレードマークのヒゲが印象的な寺原選手ですが、既に結婚されています。

お相手は高校時代の後輩である由記さんという女性で、高校時代に交際が始まり遠距離恋愛を経て2003年12月に結婚しました。

プロ入り2年目のオフというかなり早いタイミングでの結婚ですが、当時すでに結果を残し始めていた寺原選手なりの決意の結婚だったのではないでしょうか。

その後、おふたりの間には男の子と女の子がひとりずつ、2人の子供が産まれているようです。

結婚が早かったこともあり息子さんは寺原選手の職業についてもしっかり理解していて、時には「お父さんこの前ダメだったね」とダメ出しをされて寺原選手が奮起したというエピソードも知られています。

スポンサーリンク

寺原隼人の年俸推移と愛車遍歴

気になる寺原選手の年俸の推移は以下のようになっています。(金額は推定)

2002年 1500万円(※契約金1億円)
2003年 3000万円
2004年 3600万円
2005年 2800万円
2006年 2200万円
2007年 2500万円
2008年 6000万円
2009年 8000万円
2010年 6400万円
2011年 6400万円
2012年 8500万円
2013年 8500万円
2014年 8500万円
2015年 4500万円
2016年 6500万円
2017年 5200万円
2018年 4500万円
2019年 2200万円

そんな寺原選手の愛車はベンツのGLEクーペという情報がありました。


【出典元:https://autoc-one.jp/mercedes-benz/m-class/report-2262777/photo/

言わずと知れた高級車メーカー・ベンツの、新車価格にして1000万円以上とされるGLEクーペが寺原選手の愛車のようです。

まだダイエーに所属していた若いころからポルシェを愛車にしていたという情報もあり、寺原選手はプロ野球選手らしく外国産車を乗り付いているようです。

ちなみに寺原選手は他にも愛車があり、それはロードバイク。こちらも10万円以上するという自転車としては高級な一台で、ベテランになってからも自主トレなどで球場への移動に使用し、かなり頻繁に乗っていたようです。

そんな自主トレ期間の楽しみは釣りだったようで、釣り好きの先輩に連れられて船に乗って海釣りに繰り出すなど結構本格的にこちらも楽しんでいたそうです。

寺原選手は車も趣味も、やり始めたら本格的に深めたいタイプなのかもしれません。

この記事では寺原隼人選手の経歴や家族、年俸から愛車まで紹介して参りました。

超高校級の投手として注目されながら度重なる怪我に悩まされ、それでも2度のホークスを含むセパ5球団を渡り歩いていずれのチームでも結果を出してきた寺原選手。

2019年をもって現役引退となりますがその活躍は野球ファンの記憶に焼き付いていることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク