能見篤史の嫁と子供!出身高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事では阪神タイガースに所属する能見篤史選手について取り上げたいと思います。長く阪神の左のエースとして活躍してきた投手です。そんな能見選手ですがどうやら結婚しているということが分かりました。そこでお嫁さんや子供について知り得た情報をお伝えしたいと思います。
もちろん 能見選手の出身高校など経歴やこれまでの野球歴なんかもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調べてみましたのでお楽しみに。

能見篤史の出身高校など経歴

プロフィール
名前:能見篤史
生年月日:1979年5月28日
年齢:
出身地:兵庫県出石郡出石町(現・豊岡市)
血液型:AB型
身長/体重:180㎝/72㎏
出身高校:鳥取城北高等学校
趣味・特技:ゴルフ
ポジション:投手
背番号:14
所属チーム:阪神タイガース

能見選手の家族構成は、調べたところ残念ながらよく分かりませんでした。能見選手の父親・謙治さんは兵庫県豊岡市で少年野球チームの監督をしているそうです。能見選手が野球をいつ始めたのかは不明ですが、父親の影響があったのかもしれませんね。

能見選手は鳥取城北高校のエースとして活躍します。甲子園出場はありませんでしたが県大会でノーヒットノーランを達成するなど、後にオリックスブルーウェーブへ入団する川口知哉、阪神タイガースで同僚となる井川慶と共に高校生左腕三羽ガラスと呼ばれます。

高校卒業後は大阪ガスへ入社しますが故障が続き、5年目まで実戦登板はほとんどありませんでした。5年目からは主力投手として投げ、チームを日本選手権二年連続準優勝へ導きます。2004年のドラフト会議で、阪神タイガースに自由枠で入団します。

阪神入団後、能見選手は5年目まで一軍と二軍、先発ローテーションと中継ぎを行き来する生活が続き、好成績をあげることはできませんでした。2010年は5月に骨折で離脱しますが9月に復帰し、8勝無敗の成績を残して先発ローテーションへ定着します。

2011年には自身初の開幕投手を務め、12勝をマーク。WBCの影響で2013年は開幕投手を回避しますが、2012年、2014年と開幕投手を務めるなど先発ローテーションの柱として活躍します。しかし敗北数も多く、2016年からは中継ぎ転向も視野に入れ始め、2018年6月から正式に
中継ぎへ配置転換となりました。

主な獲得タイトル
・最多奪三振:1回(2012年)
・月間MVP賞:5回(2010年9月、2011年10月、2013年5月、2013年6月、2014年4月)

スポンサーリンク

能見篤史の嫁や子供について

能見選手はプロ1年目のオフに、一般女性である福島千江子さんと結婚しました。福島さんは能見選手が大阪ガスに在籍していたころからのお付き合いだそうです。社会人のころからのお付き合いということで、結婚を前提にしていたのでしょうね。

能見選手はかなりの愛妻家で、ビジター遠征の際は寝る前に必ず奥さんへ電話をするようにしているそうです。また能見選手は阪神へ入団した当時はまだ線が細く、体重を増やすために奥さん手作りのおにぎりをよく食べていたと、当時のチームメートは証言しています。とても仲睦まじい夫婦なんですね。

そんなおふたりの間には子供が3人います。公表はしていませんが、最低でもうち2人は男の子です。能見選手はかなりの子煩悩で、休日には家族で出かけているところを撮られることもありました。福島さんはそんな子どもたちへ、お父さんである能見選手がプロ野球選手だったと伝えるためにスポーツ新聞から能見選手が載った記事を切り取ってクリアファイルに残しているそうです。

スポンサーリンク

能見篤史の年俸推移と愛車遍歴

ここでは美しいフォームで人気のサウスポーである能見選手の年俸推移を紹介します。

2005年・・・1500万円(※1億円)
2006年・・・1800万円
2007年・・・1800万円
2008年・・・2000万円
2009年・・・1800万円
2010年・・・5000万円
2011年・・・5000万円
2012年・・・1億円
2013年・・・1億2000万円
2014年・・・1億5000万円
2015年・・・1億4000万円
2016年・・・1億4000万円
2017年・・・1億3000万円
2018年・・・1億2000万円

最後にこちらも気になる人が多いのではないかと思う、能見選手の愛車遍歴についてご紹介します。
能見選手が最初に所有していたのはトヨタのチェイサーです。新車価格はおよそ200万円から。ルーキーイヤーから乗っていたということで、社会人時代に買ったものと思われます。


【出典元:https://autoc-one.jp/catalog/toyota/chaser/grade/

大阪ガスへ在籍時に自動車を買っていた能見選手も、プロで年俸が増えると、車を買い替えます。先発の柱として活躍した2013年ごろに購入した自動車がトヨタクラウンマジェスタです。トヨタの発売する高級セダンで、価格はおよそ640万円からです。プロで活躍する選手は高級外車を買うイメージがありますが、能見選手は珍しいのではないでしょうか。


【出典元:http://www.webcg.net/articles/-/6985

この記事では阪神の左の柱として先発に中継ぎにとフル回転する能見篤史選手のこれまでの経歴や野球歴、妻や子ども、年俸推移や愛車遍歴について紹介しました。
能見選手はベテランとして阪神になくてはならない存在です。先発としては成績が落ちましたが、2018年も中継ぎで活躍しています。若い投手揃いの阪神で能見選手がどんな活躍をするかこれからも期待したいですね。


スポンサーリンク