大山悠輔の彼女と熱愛情報!出身大学や高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事では阪神タイガースに所属する大山悠輔選手について取り上げたいと思います。期待されて入団した強打の三塁手です。 そんな大山選手はまだ結婚されていないようです。

そこで彼女はいるのか、いるのならばどんな女性なのか、噂を含め熱愛に関する情報をお届けします。もちろん大山選手の出身高校や大学など経歴やこれまでの野球歴なんかもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調べてみましたのでお楽しみに。

大山悠輔の出身大学や高校など経歴

プロフィール
名前:大山悠輔(おおやま ゆうすけ)
生年月日:1994年12月19日
年齢:
出身地:茨城県下妻市
血液型:O型
身長/体重:181㎝/84㎏
出身高校:つくば秀英高等学校
出身大学:白鴎大学
趣味・特技:音楽鑑賞
ポジション:内野手(一塁手、二塁手、三塁手)、外野手
背番号:3
所属チーム:阪神タイガース

大山選手の家族構成は両親に2人の妹、1人の弟です。家族に関する情報は明らかにされていませんが、6人家族はなかなか大家族です。今後大山選手が活躍したら家族のこともニュースになるかもしれませんね。

大山選手が野球を始めたのは小学校1年生のときです。軟式野球チームで投手兼内野手を務めていました。中学時代にはKボールの「オール茨城」に選抜され、全国大会で3位に入賞したこともあります。

中学を卒業後、塚原頌平選手(現オリックスバファローズ)に憧れて、大山選手はつくば秀英高校へ入学します。2学年上には塚原選手、同学年には中塚駿太(現埼玉西武ライオンズ)選手と、後にプロ入りする選手もいましたが、大山選手は甲子園へ出場することはありませんでした。

大山選手は高校時代、投手兼遊撃手としてプレーしました。投手としては140キロを記録し、野手としては高校通産で30本塁打を放っています。

高校卒業後、大山選手は白鴎大学へ進学します。1年生の春から関甲新学生野球リーグに三塁手として出場し、1年の春、2年の秋にベストナインへ選ばれています。

4年生の春には打率.417、リーグ新記録となる8本塁打、同タイ記録となる20打点をマークし本塁打王、打点王のタイトル、そして三度目のベストナインを獲得しました。リーグ戦通産記録は98試合出場、119安打、16本塁打、93打点となりました。

更に大山選手は大学4年の夏には日米大学野球の代表に選ばれ、全5試合で4番を務めました。2016年のドラフト会議で阪神タイガースから1位指名を受け、入団しました。背番号は2015年に引退した関本賢太郎選手がつけて以来空き番となっていた「3」に決定します。

入団1年目、大山選手はオープン戦で打率3割を記録するなど好調でしたがチーム方針によって開幕を二軍で迎えます。6月に昇格し、7月1日の東京ヤクルトスワローズ戦に5番一塁でスタメン出場し、初安打を決勝本塁打で記録しました。

7月下旬以後、大山選手はクリーンナップでの出場が増え、9月1日には4番打者として起用されるようになり、翌日には4番打者として初本塁打も記録します。クライマックスシリーズでは5番一塁で出場し、第2戦にはあと三塁打を打てばサイクル安打という4安打を記録しました。

2018年、大山選手は侍ジャパンに選ばれオーストリア代表との強化試合に出場します。この年、大山選手は三塁へコンバートし、開幕戦で読売ジャイアンツの菅野智之選手から本塁打を放つなど好調なスタートを切ります。

しかしその後は打撃不振に陥り6月には二軍落ちを経験します。昇格後の9月には打撃好調で1試合2本塁打、2試合連続本塁打、1イニング2本塁打、6打数6安打などを記録、自身初となる二桁本塁打を放ちました。

スポンサーリンク

大山悠輔の彼女や熱愛情報!

大山選手は大卒2年目、まだ23歳と若い選手です。阪神ファンからの期待も大きく、彼女がいるかどうか心配な人もいるのではないでしょうか。

調べてみましたが、大山選手に彼女や熱愛に関する噂はまだないようです。若いと不安ですが、まだ2年目なので試合や練習に精一杯取り組んでいるところなのでしょう。

もちろん高校や大学時代から交際している相手がいるかもしれないので、今後大山選手が活躍したらそういう女性の噂も出てくるかもしれませんね。

ちなみに大山選手の好きな芸能人は女優の石原さとみさん。正統派の美人がタイプなのでしょうか。

スポンサーリンク

大山悠輔の年俸推移と愛車遍歴

ここでは未来の主砲候補である大山悠輔選手の年俸推移についてご紹介します。

2017年・・・1500万円(※契約金1億円)
2018年・・・2500万円

最後にこちらも気になる人が多いと思われる、大山選手の愛車遍歴についてご紹介します。

大山選手は、『熱血!!タイガース党』という番組で2017年オフに「外国の車」を購入したと発言しています。ただし大山選手は具体的にどこのどんな車種を購入したのかは明らかにしていません。阪神は熱狂的なファンも多く、あまり注目されることをよく思わなかったのかもしれませんね。

大山選手は番組の中で「(エンブレムは)四角とかいろいろあります。青だったり、黒だったり」と発言しています。四角など様々な形があり青や黒などのエンブレムがあるメーカーと言えば、キャデラックやロールスロイスなどが挙げられます。

しかしキャデラックもロールスロイスも年俸2500万円で購入するにはかなり高級です。あえて高い買い物をすることで気合を入れようと思ったのでしょうか。高級外車が似合うような選手に成長して欲しいですね。

この記事では好守と強打で阪神タイガースの未来を担う大山悠輔選手の経歴や野球歴、彼女や熱愛情報、年俸推移や愛車遍歴について紹介しました。

2018年9月に入り、大山選手は爆発的なペースで打ち始めました。中村紀洋元選手が動画でしているという打撃指導を見てから好調になったようです。今後好調を維持して、今度こそ定位置を掴めるか非常に楽しみな選手です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク