近本光司の嫁と子供!出身大学や高校は?年俸推移とドラフト経緯も紹介!

この記事では阪神タイガーズに所属する、近本光司選手について取り上げたいと思います。
近本選手はルーキーながら盗塁王を獲得した、阪神待望のリードオフマンです。

そんな近本選手はプロ入り前の2018年に結婚されました。そこでお嫁さんやお子さんについて知り得た情報をお伝えしたいと思います。

もちろん近本選手の出身大学・高校など経歴やこれまでの野球歴なんかもご紹介します。
さらに気になる方も多い年俸や近本選手がドラフトで阪神に1位指名されるに至った経緯についてもまとめていきますのでお楽しみに!

近本光司の出身大学や高校など経歴

プロフィール
名前:近本光司(ちかもと・こうじ)
生年月日:1994年11月9日
年齢:
出身地:兵庫県淡路市
血液型:B型
身長/体重:170cm/73kg
出身高校:杜高校
出身大学:関西学院大学
趣味・特技:トレーニング
ポジション:外野手
背番号:5
所属チーム:阪神タイガース

淡路島北部・淡路市出身の近本選手。

小学校2年生から野球を始め、高校は加東市にある兵庫県立社高校へと進学します。

入学当初のポジションは投手でしたが、外野手として試合に出場することが多くなりました。

3年生になると打順は3番を務め、外野を守るかたわら2番手投手も任されます。しかし、甲子園出場はなりませんでした。

社高校の2学年下には辰巳涼介選手がおり、偶然にも同じ年のドラフト会議で、両人とも1位指名を受けました。

関西学院大学進学後も投手としてプレーを続けますが、肩のケガをキッカケに2年生の秋、正式に打者へ転向します。

元々、自チームはもとより対戦したチームの監督からも「絶対打者で使うべきだ」とまで言われていた近本選手。

才能はもとより、人一倍の練習を積み重ね、転向からわずか半年後の3年春のリーグ戦でベストナインに選出されます。

大学卒業後は社会人の強豪・大阪ガスに入社します。

1年目から都市対抗野球に出場し、2年目には大阪ガスを初の都市対抗野球優勝へと導き、近本選手は最優秀選手に贈られる橋戸賞を受賞しました。

2018年のドラフト会議では藤原恭大・辰巳両選手の抽選を外した阪神タイガースから1位指名を受け、入団しました。

キャンプからオープン戦にかけ、自慢の俊足と守備をアピールし、見事ルーキーながら開幕スタメンを果たした近本選手。

オールスターにファン投票で選出される活躍ぶりでしっかりとレギュラーの座を確保しました。

そのオールスターでは史上初となる新人先頭打者本塁打を含む5打数5安打、史上2人目のオールスターでのサイクル安打達成という大活躍で、見事MVPに選ばれます。

シーズン後半もその勢いは止まらず、長嶋茂雄氏が保持していたセ・リーグ新人最多安打記録を51年ぶりに更新。

チームの先輩である赤星憲広氏以来となるルーキーでの盗塁王にも輝くなど打率.271 9本塁打 42打点 36盗塁という素晴らしい成績を残しました。

主な獲得タイトルと受賞歴一覧
盗塁王:1回(2019年)
オールスターMVP:1回(2019年第2戦)
セ・リーグ新人最多安打記録(159安打。従来の記録は長嶋茂雄氏の154安打)

スポンサーリンク

近本光司の嫁と子供について

プロ入り前の2018年3月、近本選手は結婚しました。

気になるお相手ですが、お名前は未夢(みゆ)さんという方で、中学校の同級生ということでした。交際期間は何と10年にも及んだそうです。

阪神への入団が決まった2018年12月に晴れて挙式されました。

お子さんの情報はありませんでしたので、今のところはお子さんはいらっしゃらないようです。

阪神入団後1年間は独身寮で暮らさなければならないルールですので、新婚でいきなり別居というのはお嫁さんもさぞ辛かったことでしょうが、近本選手の大活躍で晴れてめでたく卒寮となるでしょうから、再び一緒に暮らせることになりそうです。

スポンサーリンク

近本光司の年俸推移とドラフト1位指名の経緯

即戦力との期待を背負い入団し、見事期待に応えた近本選手。

近本選手の年俸と契約金は次の通りです。

2019年:1500万円(契約金1億円プラス出来高払い5000万円)

ルーキーながらレギュラーに定着、盗塁王も獲得した近本選手ですから来年の年俸は大幅アップが確実です。

2018年のドラフト会議で阪神の1位指名を受けた近本選手。しかしファンからは「1位でなくても取れたのでは・・・」という声が上がりました。

前年、大山悠輔選手の1位指名にもどよめきがあっただけに、2年続けてかよ・・・という辛辣な意見もありました。

近本選手の1位指名には、ドラフト会議ならではの情報戦があったのです。

ドラフト前、読売ジャイアンツが近本選手を2位指名候補としている、という記事がある夕刊紙に掲載されましたが、この記事こそ近本選手を阪神が1位指名した理由なのです。

根尾昴・辰巳両選手の抽選に敗れた巨人が2位指名候補の近本選手を1位に繰り上げて指名してくる、と読んだ阪神は競合覚悟で近本選手を1位指名したのです。

1位指名だけは競合しても抽選ですから、何とか近本選手を獲得したい、という阪神の強い意志が近本選手を指名し、結果として単独指名成功に繋がったのです。

近本選手はもちろん、大山選手も阪神の4番打者として奮闘しています。

また、数球団が重複した末に入団した選手でも期待に沿えない選手もいるのも事実です。ドラフト会議の結果だけで一喜一憂せず、じっくりと選手を応援したいものです。

この記事では近本光司選手の経歴や家族、年俸など紹介して参りました。

例年ですと近本選手ほどの成績を残した選手であれば文句なしの新人王なのですが、今年は東京ヤクルトスワローズ・村上宗隆選手という強烈なライバルがいます。

19歳ながら一時は4番を務め打率.232 36本塁打 96打点という素晴らしい成績をマークしました。

どちらが選ばれるかファンも二分されていますが、それだけハイレベルな新人王争いということで、注目を集めている証拠です。

世論は村上選手やや有利のようですが、近本選手がいたから阪神は大逆転でAクラス入りしたのでは?という観点から見るとどうでしょうか。

赤星選手が入団してから、阪神は二度優勝しました。「赤星二世」と呼ばれる近本選手が切り開く未来に期待を込めて、新人王を贈っても、決して間違いではありません。

「ピノ」近本選手の一本足打法には、それだけの魅力があるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク