鳥谷敬の嫁と子供!出身大学や高校は?年俸推移と愛車遍歴も紹介!

この記事では阪神タイガースに所属する鳥谷敬選手について取り上げたいと思います。鳥谷選手は阪神生え抜きの内野手で、通算200本安打を達成した打撃と堅実な守備で長年にわたってチームの核として活躍する中心選手です。
そんな鳥谷選手、実は結婚されているということが分かりました。そこでお嫁さんや子供について知り得た情報をお伝えします。もちろん鳥谷選手の出身高校や大学などの経歴や、これまでの野球歴などについてもご紹介します。さらに気になる方も多い年俸推移や愛車遍歴などについても調査しましたので、お楽しみに。

鳥谷敬の出身大学や高校など経歴

プロフィール
名前:鳥谷敬(とりたにたかし)
生年月日:1981年6月26日
年齢:
出身地:東京都東村山市
血液型:B型
身長/体重:180cm/80kg
出身高校:聖望学園高等学校
出身大学:早稲田大学
趣味・特技:スポーツ観戦
ポジション:遊撃手・三塁手
背番号:1
所属チーム:阪神タイガース

鳥谷選手が野球を始めたのは小学生の頃。当時は柔道と掛け持ちで、その柔道でも都大会に出場するほどの腕前の持ち主だったようです。元々左利きだったという鳥谷選手ですが子供の頃に右利きに矯正され、後に左打ちに再転向したことで現在の右投左打のスタイルが完成しました。左投げの選手は守備位置が限られるのでこの時の経験が無ければ球界屈指の内野手は誕生していなかったかもしれませんね。進学した埼玉県の聖望高校では投手兼遊撃手としてチーム史上初の甲子園出場を果たしました。早稲田大学では鳥谷選手は1年生からレギュラーとして活躍しリーグ三冠王に輝くなど、早稲田大学の黄金期を支えました。土の球場でのプレーを希望していた鳥谷選手は甲子園を本拠地とする阪神と契約合意し、2003年ドラフト会議の自由獲得枠で入団しました。

プロ入り後はすぐに一軍に定着し、2年目には遊撃のレギュラーとして全試合に出場。チームの優勝に貢献しました。以降も阪神不動のレギュラーとして打線でも中軸に座り全試合出場を継続、特に守備の負担が大きいとされる遊撃を守りながら離脱することなく出場し続けるというのは数字以上にチームへの貢献度が高く、選手会長やキャプテンを務めるなど選手からもファンからも高い人気と信頼を集めました。オールスターや国際大会への出場経験も重ね、ベテランと呼ばれるようになったころからは守備負担の軽減を目的に二塁や三塁を守りながら勝負強い打撃で阪神を支えています。

鳥谷選手のプロでの獲得タイトル・受賞歴をまとめました。

獲得タイトル・受賞歴
最高出塁率 (2011年)
ベストナイン 6回 (2008年、2010年、2011年、2013年~2015年)
ゴールデングラブ賞 遊撃手4回(2011年、2013年~2015年) 三塁手1回(2017年)
月間MVP (2010年8月)
《主な記録》
オールスター出場 7回 (2005年、2006年、2012年~2015年、2017年)
連続試合出場 1939試合 ※歴代2位
連続試合フルイニング出場 ※歴代4位 遊撃手として最高

歴代2位となる連続試合出場の記録もさることながら、複数のポジションでゴールデングラブ賞を受賞している堅実な守備も過去にあまり例のない快挙です。ここであげた以外にも沢山の通算記録を保持している鳥谷選手はまさに現役最高の「鉄人」と言えるでしょう。

スポンサーリンク

鳥谷敬の嫁や子供について

そんな鳥谷選手、実はすでに結婚されています。
お相手は高校時代の1年先輩で、裕子さんという女性のようです。高校では野球部のマネージャーをしていたことで鳥谷選手と交友があり、その後交際に発展。プロ2年目のオフに結婚しています。
ストイックな姿勢で休みなく試合に出続ける鳥谷選手にとって支えてくれる家族の存在は大きいようで、子供も既に4人目まで産まれているそうです。一番上の子供は2006年に産まれているので、そろそろ中学生といった頃でしょうか。もしかすると既に野球を始めているのかもしれませんね。

実は鳥谷選手、過去に何度か週刊誌で結婚後に他の女性と一緒にいる姿が報道された経験があります。鳥谷選手のイメージからすると少し意外な感じもしますが、その後の続報もないことを考えるとすでに解決した問題か、あるいは誤報だったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

鳥谷敬の年俸推移と愛車遍歴

球界を代表するスター選手であり、年齢もベテランの域に達している鳥谷選手。気になる年俸の推移は以下のようになっています。(金額は推定)

2004年 1500万円 (契約金1億円)
2005年 2000万円
2006年 3800万円
2007年 7000万円
2008年 9100万円
2009年 1億3000万円
2010年 1億6000万円
2011年 2億6000万円
2012年 3億円
2013年 2億8000万円
2014年 3億円
2015年 4億円
2016年 4億円
2017年 4億円
2018年 4億円

長期にわたって活躍する鳥谷選手、球界でも数少ない高額な年俸を獲得している選手です。阪神にとっては貴重な生え抜き選手なので、これだけの年俸を出す価値があると判断しているのでしょうね。

そんな鳥谷選手の愛車はアストンマーチンのようです。


【出典元:https://www.autocar.jp/news/2017/06/28/226629/

新車価格で2000万円以上とされるイギリスの高級車アストンマーチンが鳥谷選手の愛車の様です。以前はランドローバースポーツを愛用していたという目撃情報もあり、早くから活躍していた鳥谷選手はプロ生活の序盤から外国車を愛用しているようですね。ですが鳥谷選手はホーム球場の甲子園で試合をする際には自転車で球場まで通っているという情報もあります。ファッションにも気を遣っていてオシャレで知られる鳥谷選手なので、海外者もオシャレさで選んでいるのかもしれませんね。

鳥谷選手の経歴や家族、年俸から愛車まで紹介して参りました。連続試合出場記録は途切れましたが、まだまだ阪神を引っ張る鳥谷選手の今後の活躍から目が離せません。


スポンサーリンク